エッチ体験談 13,000話 突破!!

某ファーストフード店のバイトしてた頃①

ポリオワクチンさんから投稿頂いた「某ファーストフード店のバイトしてた頃①」。

K校生の時にバイトしていたファーストフード店の頃の話。
日曜日は必ず朝からINしてピークになる昼前に休憩が固定でした。

いつもは何人かと一緒になるのが昼ピーク後で順に休憩に入る事になりました。
事務所は店舗から離れた住宅地にあるので、自販機でドリンクだけ買って向かいました。
暫くしたら母親に子供預けているから必ず15時に帰るNさんが「待って~」と小走りで来ました。
学生から同じ店舗でバイトしている古参です。
時間的に休憩同じになる事無かったけど、店では関西のノリで仲は良いので、事務所まで朝に来た酔っぱらいの話しながら向かいました。
マネージャーが少ないから昼前後は、事務所に誰も居ない時間帯です。
事務所に入いるとNさんがテーブルとか掃除するので、手伝いました。
昼前に来たメンバーが持って来たのか、エロ本がありました。
「もう!何考えてんだか?」
Nさんが照れながら呟いたので、伝達ノートにエロ本は持って来ない様に書いてから昼にしました。
昼飯食わない派で、宛の無い話しながら時間潰していたけど、先程のエロ本の話になりました。
「こんなの良く見るの?」
Nさんが訪ねて答えていました。
素人投稿のハード系で、青姦やら掲載されています。
Nさんは、照れながらも見るのは止めなかった。
「こんな事した事ある?」
「まだK校生だから無いよね?」
そんな話振るなと思っていると、Nさんが不意に冗談なのか股間に手を置きました。
ちょっと勃起していたのに、Nさんがエロ本読みながら片手で股間をもぞもぞ弄るからフルに近い勃起してきました。
「もう!したいの?」
「良いわよ!ちょっとね?」
Nさんが不意に立上がり、ユニフォームのスカートからベージュのパンティ脱いで、テーブルずらして、俺のズボンから勃起チンポ出して、「もう!こんなにして!」
椅子に座っていた俺のチンポにNさんが股がると、股の密林の中にチンポを挿入していきました。
挿入しただけで気持ち良かった、すぐに射精しそうだった。
Nさんが座位で激しく腰を振るから、「逝くっ!」
Nさんが急にピクピク痙攣した。
「後ろからして」
座位からNさんが、テーブルに手を着いて、スカートを捲ってお尻を突き出して、おねだりしてきたので、立ちバックで、続きをしました。
そろそろ店に行く時間です。
「する事して逝ってから!」
Nさんがそう言うからガンガン、Nさんの膣穴をチンポで突いていると、「中で良いから!もっと激しく!」
「ああん!」
ガンガン突いていると膣穴が絞まって、Nさんの膣奥に射精していました。
Nさんがティッシュ箱取ってきて、垂れてきた精液をティッシュで拭いて、ティッシュ箱を渡して、
休憩時間が終わった。
服着てティッシュの塊を持って、ぎこちない走り方しながら、途中の空き缶入れに塊捨てて、Nさんと店に少しオーバーして戻りました。
休憩が休憩で無いまま昼ピークを耐えて、Nさんとoutすると、「次は暇な時にしよっか?」
もうしばらくは勘弁してと帰宅しました。

2 COMMENTS

匿名

女の子と二人切りで
オフィスの試着室?
カーテンの中で
制服から着替える時に
脱いだついでに
生ハメして感じ合った
モテタから
色々味見してたね

返信する

コメントを残す