エッチ体験談 13,000話 突破!!

バレるかバレないかのスリルがたまらない

変人さんから投稿頂いた「バレるかバレないかのスリルがたまらない」。

僕は今○7歳、お姉ちゃんは20歳。
初めて関係を持ったのは10年前。
最初は遊びで触りっこしてただけなんだけど、少しずつエスカレートしていって性行為にまで発展した。

そこから色々とプレイの幅を広げるべくお姉ちゃんと二人で勉強して、露出、スカトロ、SM、アナルと様々なプレイを試していった。
スカトロはオシッコをかけ合ったり飲んだり程度の軽いやつね。
ウンチは流石に抵抗あって無理。
SMも軽い拘束と目隠しとスパンキングくらい。
でも露出は外でしっかり全裸になるし、アナルも生で中出しする。

そうして色々なプレイを楽しんでるけど、慣れてくると刺激が欲しくなる。
で、家や公園でこっそり楽しむだけじゃなくて、学校やスーパーなんかの公共の場で性行為をするようになった。
先生や友達に見つかるかも?と思うと興奮してお姉ちゃんも僕も歯止めが効かなくなる。
放課後の教室、昼休みの保健室、校舎裏の木の陰、スーパーの通路やトイレ、駐車場、とにかく色んな所でやりまくった。
だんだん外でやるのも慣れてきて、次はどうしようか悩んだ。

そしたらお姉ちゃんが「どこまで親の近くでセックス出来るか試さない?」って言ってきた。
面白そうなので試す事にした。
両親がいる時は部屋でやっていたのを廊下でやってみたり、一つしかないトイレでやったり、徐々に親のいる場所に近付けていく。
うちは床暖房で炬燵が無かったので、よくある企画物の炬燵エッチは出来なかったけど、リビングのソファーに座る親の真後ろでのセックスは成功した。

あと、ダイニングテーブルに親が座ってる時にキッチンカウンターを挟んで目の前でのセックスも成功してる。
両親が出掛ける時にリビングの腰窓から見送りながら窓の下ではセックスしてたり、2回のベランダから見送る時は手すりの囲いの中で全裸になってセックスしながら顔だけ手すりの上に出してたりもした。
そして遂にこの間、出掛ける両親を玄関で見送る時にお姉ちゃんの後ろに立って立ちバックでセックスする事に成功。
お姉ちゃんのマンコにハメながら両親を見送ったけど、全然気付かれなかった。
「行ってらっしゃい」と手を振りながら中出ししてたのにね。
次は危険日に中出しして子供作ろうかって話をしてる。

コメントを残す