エッチ体験談 13,000話 突破!!

渋谷のレンタルルームで覗き

れんさんから投稿頂いた「渋谷のレンタルルームで覗き」。

これは、ある日僕がデリヘルを呼んだ日の話。

パチンコに負け金はないが、
風俗に行きたい気持ちは強かった。

僕は道玄坂あたりで携帯を開きデリヘル店を探す。

ロリ中心という文字に惹かれて電話をする。

無愛想なスタッフに、嬢の名前とオプションを伝える。
オプションはAFと、スク水だ。

近くのホテルに入ったら連絡ください

そう言われ僕は目の前にあったレンタルルームに入った。

やけにテンションの高い中年男性が受付をしていた。

僕は120分と伝え2500円を払う。

部屋の鍵を受け取り部屋へ向かう。

部屋に入り店に部屋番号を伝える。

5分くらいで来るそうだ。

しばらく部屋を見渡すとなかなか面白い作りになっていた。

そう、このレンタルルーム、
2つの部屋で1つのシャワールームをシェアするのだ。
イメージは二つの部屋の間に出口が二つあるシャワールームがある。

妙な話、両方のドアを開けておけば隣の部屋から丸見えである。

乱交とかねぇかな

そんな馬鹿なことを考えていると嬢がきた。

予想以上のロリ具合に興奮した。

プレイ料金を払い、シャワーへ向かう。
嬢もこのレンタルルームは初めてのようで、
なかなか見ぬ面白い作りに笑っていた。

シャワーを浴び終え体を拭き、ベッドでプレイを始めた頃、隣の部屋にも人が入ってきた。
なんと女友達1人に対し男2人である。

酔った勢いか、セックスをするのだろう。

その面々も、部屋の作りに驚いてる様子だ。

まぁそんなことはいいとして、キスから始まり、全身リップ、シルクロード、フェラ、69とありきたりなプレイを進め、
そろそろAF、、、というと
嬢は◯でいいよ、という。AFは表向きらしい。

まぁ、そうよな、
そう思い肉棒をアレに向ける。
19と言っている嬢のアレはキツさもしっかりあり気持ちいい。

ガチャ

そんな音で二人は固まる。

隣の部屋の女友達が、シャワー室を開けてこちらを見ている。

状況が掴めなかったが、僕たちもその子を見る。

声の割には地味な顔つきで、顔を赤らめてる。

すると、あろうことかそこでオナニーを始めた。

後ろから
もっとハッキリやれよ。喘げよ。

と聞こえる。
なるほど、m女にs男なのか。

なかなか面白い展開だ。僕と嬢も面白くなってベッドをきしませながら見ていた。

すると嬢は

見せちゃおっか、
といいその子の前に行き、僕に立ちバックを勧めてきた。

女友達は
キョドキョドしている。

そんな状況になり、男達も、興奮したのかその子を後ろから襲う。

らめぇ、はずかしい、、見られてる、、、あぁん

そんな声を漏らし、
aカップもない胸を反らせる。

なんという状況だ

僕は興奮が高まり、嬢の尻に射精した。

もう一戦も、同様に隣の男女に見せつけた。

向こうも良識があるようでこちらには手を出さなかった。

しばらく見せ合い、ドアを閉めた。

僕の中で最も興奮するプレイだったかもしれない

1 COMMENT

コメントを残す