エッチ体験談 13,000話 突破!!

新婚カップルの性奴隷になり下がった男

新婚カップルの性奴隷になり下がった男

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

邦彦さんから投稿頂いた「新婚カップルの性奴隷になり下がった男」。

おとなしく奥手の私が高1夏休みに女子大生から童貞を奪われ、その相手から誘われれるまま夏休み中に3回SEXをしました。その3回目の日、お嬢様(大学生)の部屋で全裸で絡んでいると、ふと・・・ベランダ側が気になり目を向け驚きました。

数名の女子とお嬢様の妹がベランダ外端から覗いていました。その事をお嬢様には伝える事が出来ず、手コキで精子を飛ばす姿を覗かれ、恥しいとは裏腹にギンギン勃起ペニスを維持しSEXをしてしまいました。その後、夏休みの部活中に不良のスケ番グループ2年生に呼ばれ音楽室へ、私が中に入るとスケ番長がお嬢様の妹3年生と解り10名くらいの女子に囲まれ、妹様から『ヤリチンが~』とネチネチ説教、その後H好き2年生(狂犬ユミ様)と数名女子から強引に服を脱がされ靴下のみの全裸にさせられました。

私が土下座で謝るとユミ様が私に数回往復ビンタと腹蹴り、極めつけはアンダーヘアをハサミで切られ、その毛を食べさせられました。私は何とかスケ番長様に縋り土下座で許しを頂き、スケ番長様から(ヤリチン)の中を取り(リチ)とあだ名を付けられると共に全裸土下座する私の後頭部をユミ様に踏まれながら『これからはお前は私の物だからなぁ~、解ったな』と言われ、私は入部していた部を辞め、スケ番グループ溜まり場の女子バスケ部マネージャーとして女子に従い、ユミ様の性的相手としてユミ様卒業まで淫らな行為をさせられていました。

毎週の様にユミ様とHしていた私は性に貪欲になり、ユミ様卒業後の3年生は毎日オナ二―三昧の日々を過ごしていました。そんな中、親が自宅に隣接した借家が完成、私の部屋と借家の部屋窓は透明硝子、しかも2㍍ない距離で屋根伝いで行ける状態、そんな借家に新婚(ご主人33才・奥様24才)が入居です。ご主人が休みの日は朝早くからご夫婦でサーフボードを積み車で出掛ける姿が見られ、私はギャル系の奥様に興味を感じ性欲でもんもんする中、平日昼間の奥様が居る時に部屋の窓をレースカーテンにし、全裸になり奥様に見せる様にオナ二―をしました。最初の数回は気付いてもらえませんでしたが、そのうち奥様が気付きチラチラ覗いている事を知りましたが私は逆に気付かない振りをしてオナ二―をしていました。

それを何回も繰り返した10月、親が私の家庭教師として専業主婦の奥様に頼みました。初日、気まずい私はもじもじしながら言われるままご夫婦の部屋で勉強、そして休憩に入った時に椅子に座る奥様が『あなた私の事好きなの?私が車で出掛ける時に覗いたり、わざと部屋で裸になり嫌らしい姿見せて、挑発』に私が顔を横に振ると奥様は『あなたのパパに言いつけてもいいのよ』に私は直ぐに土下座して謝りました。すると奥様は『成績上げたら私にボーナスが出るの、成績上げたら許してあげる、もし成績下げたら即パパに言うから』と言われ、必死で勉強しました。そして成績アップ、奥様にボーナスが入り、その日の勉強は早じまい、奥様が『見てあげるから遣る』と私にオナ二―を嗾け、私は奥様が見ている前でオナ二―をしてしまいました。

その後、何もなかった様に家庭教師と生徒として高校卒業前まで教わります。私は大阪の大学に進みますが馴染めず、1年の夏休みは実家へ帰省していました。そこでまだ入居していた奥様に誘われ、気分転換でサーフィンに連れてってもらいました。二人でサーフィンを終えて帰ろうとした時、運転席に乗り込んだ奥様が『あなた童貞』の問いに嘘を付き頷く私、すると奥様が『主人と3Pやスワップの経験はあるけど童貞と遣った事ないのよね、主人に話しOKなら遣る』に頷く私、そして車を走らせ帰ります。翌日昼間、部屋の窓硝子に小石が当る音、窓際に行くと奥様が居て『OKよ、今夜』と時間帯などの指示がありました。

そして深夜約束の時間に屋根伝いで奥様に招かれ寝室に入りました。部屋の明かりは豆電球、ご主人が居られ言います『色々聞いたよ、おとなしくて可愛く忠実、言われた事はヤル、でも・・・その大家の息子は人妻(かおり)が好きで高校時代からオナ二―を見せつける変態だって』などと話し、奥様が全て話していると解りました。そしてご主人から『今日は初日、俺達が遣るところを見て裸になりオナ二―しながら見学』と言われます。ご夫婦が直ぐに服を脱ぎ全裸に、サーフィンではウェットスーツ姿で奥様の体ラインは解りませんでしたが全裸のお二人はバキバキの筋肉質の体、しかも2人ともアンダーヘアがツルツルで綺麗に剃ってありました。

後で解ったのはお二人はジムに通いボディービルの大会に出るほどの体。絡むご夫婦、ご主人の『早く脱げ』に私も全裸になりSEXを見ながらペニスを扱きました。すると四つん這いのバックから挿入されていた奥様が体の向きを変え、私の腰を抱える様にしてペニスを咥えフェラチオです。奥様の激しい頭の動き、私は直ぐにイキそうになり『ダメです』と連呼しますが奥様は止めず私は奥様の口の中で果ててしまいました。イッてもギンギンペニス、ご主人の命令でSEX中の奥様の体を舐め廻しました。そしてご主人が正常位でオマンコに生発射で果ます。するとご主人が奥様の下半身を上げマンぐり返し姿にさせ『ほら、代われ』と私を奥様の背中側に回らせ、私は奥様の背中を支えながらご主人の指導のまま大股開きの両足を持ちました。

顔下は射精で精液が流れるツルマンがむき出し、ご主人が『お前の好きなかおりのマンコ、綺麗に舐めてやれ』の指示、肩で息をして虚ろな目の奥様、私は言われるまオマンコを舐めました。するとご主人が電気を付け部屋を明るくするとカメラを手に、舐める私の頭の髪を掴み『カメラ目線で舐めろ』の指示に従う私です。色々な角度から撮影されました。更に交代で、今度は私がチンぐり返しにさせられ、ギンギンペニスを奥様に無理やり上向きにされ、咥える姿など撮影されました。忠実に従う私に満足そうなご主人が奥様と会話、そして黒い首輪を出し奥様が私の首に首輪をハメ、そして私が四つん這いになり、その背中に全裸で跨って座る奥様、ご主人の指示で奥様がタオルを私の口に回し手綱の様にして要求通りのポーズを取り写真撮影です。

そして撮影が終わりご主人が奥様に『かおり、大家の息子、よくここまで手懐けたな』に奥様は『別に』そしてご主人が私に『明後日遣れるぞ、童貞シーンビデオ撮りするからな』と時間帯など告げます。そして『あっ、そうそう首輪かおりからのプレゼントだ、俺達と遣る時は必ず付ける事、それとその姿で帰れ』と言われ、私は全裸に首輪をハメたまま自分の服を抱えて屋根伝いで帰りました。そして撮影日、深夜車でラブホ入り、最初に行ったのは浴室に入り奥様から全身の毛を剃られる事でした。そして私と奥様は全裸でベッドに上がり、私がオナ二―するシーンから始まり奥様と絡みSEXする姿を撮影して帰りました。
(少し話を戻しますが、奥様と二人でサーフィンに行った時、大学に馴染めず辞めたいと悩みを相談していました)
次の週末、ご主人から借家に呼ばれ夜の営み補助として全裸に首輪姿で絡んだ後、撮影した写真やビデオを三人で鑑賞、ビデオを見ていた奥様が『やだぁ~、こんなのあなたのパパに見られたらどうしよう』にご主人が『今まで通り俺達に尽くせば大丈夫、かおりもお前を気に入っていたぞ、両思いだな』とおっしゃりました。その後、夏休み中に数回呼ばれ夜の営みのお供、指令として必ず自分の部屋で服を脱ぎ、全裸の首輪姿で屋根伝いに来る事と命じられ実行。
そして呼ばれた夏休み後半の日でした。台風で外は雨、足を滑らせながら全裸で借家の部屋に入ります。豆電球の明かり部屋、私は何時もの様に呼ばれるまではベッド端の床で正座待機、そしてお二人が絡み正常位のSEX、その最中にご主人が『もうすぐ夏休みが終わるぞ、大阪に行くのか?それとも俺達に尽すか?』と言うとハメたまま腰を止めたご主人が『大阪に行くならそこでオナ二―。俺達に尽すならハメているマンコとチンポの結合を舐めろ』と言われ、私は迷わずお二人の足元側からベッドに上がり、頭を横向きにしながらお二人の股間に頭を突っ込み、舌先を伸ばし結合箇所を舐めました。すると上位のご主人が深い挿入から腰を浮かし、ペニスを半分程度露出させ、私に結合部を舐めやすい様にすると同時に『いい子だ、これから俺の公認でかおりの性奴隷にしてやる』とおっしゃりました。そして舐めを止め、お二人のSEXも終わるとご主人が1㍍くらいの鎖を私の首輪に繋ぎ、その反対側をパイプベッドに繋ぎました。そしてご主人が奥様に『かおりにプレゼント、性奴隷だぞ、朝まで好きなように遊んでいいぞ』とおっしゃりご主人は一人で風呂に入り、あす仕事があるとの先にソファーで眠ります。
奥様はまるで野獣、食べ物の様に私の体を舐め吸いし、体中にキスマークの嵐、そして長い時間絡み知らぬ間に寝ていました。目が覚めたのは昼、真横に全裸で眠る奥様、私が体を動かし起きろうとした時に奥様も目を覚まし、起きる私を引き摺り込む様に再び寝かせ、ペニスを触りながら乳首を舐め勃起するとSEXです。しかも昨夜の首輪の鎖は繋がれたままでした。そして昼間のSEX一発後ようやく解放されたと思いましたが真昼間、裸で屋根伝いは無理、そのうち奥様から2発目・3発目と遊ばれ、夏の日が落ちるのは遅く私が屋根伝いで帰れず何回目か?SEX中、日が落ちる前にご主人が仕事から帰ってきました。その夜もご主人を交えSEX、結局私が部屋に戻ったのは、プレイが終わる深夜2時でした。
その後、両親に内緒で大学を辞め、毎月入る学費で近くにマンションを借り、ご夫婦の性奴隷を全うする為に一つの部屋にキングサイズベッドを置き遣り部屋とし、ご夫婦を出迎え、ご夫婦が転勤されるまで性奴隷として仕えました。
(写真は私本人です。あの時のご夫婦との体験をイメージしてSEX待機中の写真を撮りました。読者様に文面と写真で体験した内容を想像して頂けたら幸いです)

コメントを残す