エッチ体験談 13,000話 突破!!

俺は憧れだった先生とした

ついにさんから投稿頂いた「俺は憧れだった先生とした」。

叔父というだけで、姪の進路相談に参加した時、20年以上ぶりに俺が当時、憧れていた先生と再会して、姪には俺が高校生だった頃の英語の先生だと説明した。

姪の進路相談をそっちのけで終始和やかに終わり、このままなら余裕で大丈夫と言われ、俺はホッとし、姪は急いで部活へ向かった。先生がこの後、時間あるならコーヒーでも飲んで、久しぶりに話さない?っていうので、それに従うことに。

当時、ピチピチで若さが溢れていたのはお互い様だけど、今の先生の方がより好み。
当時の思い出話に花が咲き、色々と話して、その中で、旦那さんはお元気ですか?と聞くと、数年前に離婚したとポツリ。

知らなかったとは言え、失礼しましたと謝る俺に、知らなかったんだねって、君の同級生の子たちは知ってる子が多いと思うけど・・・。同窓会にも来ないし、心配してたんだと先生が言うので、20代から30代半ばまで海外で仕事をしていたと話した。

積もる話は沢山あったけど、いつまでもと言う訳にはいかないので、後日、改めてとして、この場を切り上げると、先生から紙を渡され、住所と電話番号が書いてあった。

住所から判断すると、学校のすぐ近くに家があるようで、俺の住む家からでも近い距離。家に帰ってからスマホに登録して、こちらもワン切りで掛けておいた。
夜、先生から電話があり、掛けてくれて有難うと連絡を貰い、久しぶりに若返った気分ですと伝えると、私より年下のくせにおじさん染みてると笑われ、週末夜に家に来ない?と誘われたので、今日の延長戦上だろうなと思い、了承した。

そして週末夜、先生の家は思った以上に小さいので、1人暮らししてるんだと思った。
酒とツマミを持って参上した俺に、今日はとことん飲もうねって明るい先生。
話はやはり思い出話だったけど、途中から下ネタが始まりだして、その時に、先生はまだ女でいたいのねって思え、そこから意識したのは言うまでもないこと。

ツマミが切れて、先生が俺に背中を向けて、キッチンへ立ち、すかさず俺も先生を後ろから抱きしめると、酔ってる?と聞くから、俺も学生じゃなくて、責任が取れる年齢だから、今夜、先生を・・・と言うと、私も期待してたって。

もしかしてと思って布団を引いてあるからと、先生と布団へ行き、先生の服をやや乱暴に脱がし、先生もまた俺の服を脱がして、貪りあうようになっていった。
体型がややぽっちゃりだけど抱き心地がよく、また感じやすいのか喘ぎだして、クンニをすると、イヤイヤ言いながらもより喘ぎ声が大きくなり、先生、もう大丈夫だねって言うと、早く挿入して、早くって求める先生に興奮して、一気に貫くと、アッ、アッ、コレ、コレがイイの。壊すくらい突いてって。

言われなくてもそのつもりの俺は、力強く抱きしめ、ガンガン打ち付けると、射精感が込み上げて、欲望を先生の奥へ出した。ちょっと~、中に出したの?と聞く先生、怒ってる訳でもなく、こんな風に求めたの久しぶりだから、嬉しいと。
それからバックで中出し、騎乗位で中出しと3回して、この夜は泊まりました。

まあ、そんな調子で先生と付き合いだして、毎回、中出しセックスを楽しんでます。
俺の要望にはまず反対しないので、若い頃に出来なかった思いを今ぶつけている所で、当初、再婚に乗り気じゃない先生も、初婚だからさと言うと、応じてくれました。

2 COMMENTS

サイトウシンイチ47歳

良かったですね❗️。憧れの女教師さんとセックスが出来てね、本当にものすごく良かったですね❗️。これからも女教師さんとラブラブセックスをたくさん楽しんでほしいですし、いっそのこと、女教師さんと結婚して、いつまでも幸せになってほしいですね❗️。

返信する
ついに

どうも、あざーす。

先生の事が忘れられなかったってのもあって、結婚をせずに来たんですけど、ようやく念願が叶ってという感じです。

結婚は勿論したいですね。いつまでも彼女を大切にしたいです。

返信する

コメントを残す