エッチ体験談 13,000話 突破!!

初めてのレズ

めぐみさんから投稿頂いた「初めてのレズ」。

私は30代の普通の主婦です。
名前はめぐみ、身長は157cmでDカップ。
団地に住んでいます。娘が一人います。普通の幸せな家庭です。

ただ一つだけ不満があります。
夫と3年程レスです。
元々性欲が人より強くて若い時は毎日の様にしてました。
体も敏感でブラが擦れるだけでビクッとなります。
あそこも中とクリどっちもすぐイッちゃいます。
女性はイクと冷めてしまう人としたくなる人がいますが、私はイクともっとイキたくなってしまいます。
夫もわかっているので入れるまで手でしてくれた後に入れてました。
ですが子供が出来ると徐々に行為が減り、ついにしなくなってしまいました。
それからは毎日一人ですることが日課になりました。
特に乳首をいじり続けるとどんどん気持ち良くなってびくびく止まらなく、歯をくいしばって我慢して我慢してもう無理ってなってからあそこをいじるとすぐイキます。
それが凄く気持ち良くて毎日してました。
そんな私がレスを解消出来る日が来ました。
同じ団地に住むみほさんでした。
みほさんとは子供が同じ歳だったり、私達も2個しか歳が変わらないのですぐ仲良くなりました。
そんなみほさんも旦那さんとレスになって4年になります。
みほさんは私と変わらないくらいの身長で同じくDカップです。
いつもポニーテールで細くて可愛い人です。
いつも夫の愚痴や家事の大変さを語っていましたが、私達も多分限界でレスの話になりました。
するとみほさんも乳首が凄い弱い事を知りました。
そしてお互い暴露話になりました。
みほさんも性欲が強くて毎日一人でしてるみたいで私も毎日してると言いました。
どうしたら気持ちいいとかどうしたら興奮するとか笑いながら話していました。
イッたらもっとしたくなるとか話して同じだねと親近感があって嬉しかったです。
ふと無言になった時、なぜか恥ずかしくなってしまいました。
そしてなぜかみほさんを意識してしまいました。
小さくて柔らかそうな唇、いい匂いもします。
綺麗で柔らかそうな体。
みほさんを見てるとみほさんも私を見て目が合いました。
凄いドキドキする、みほさんに?と思っていてましたが私はみほさんにキスしてみない?と言ってました。
何を言ってるの私と思いましたがみほさんは私も今思ったのと言いました。
体が熱い、心臓がドキドキしてる、でも私は椅子から立ち上がっていました。
みほさんも椅子から立ち上がっていて、そっと私の腰に手を回し、私もみほさんの腰に手を回していました。
そのまま自然の流れの様にキスをしました。
凄く柔らかい。
上唇のを唇で挟んだり、下唇を挟んだり、夢中になってしまいました。
するとみほさんの舌が口に入ってきました。
優しく慎重に入ってきた舌を優しく迎えるように舌を絡めました。
私の口の中で舌がねっとり絡まったあと、導かれる様にみほさんの口の中に舌を入れました。
みほさんの口の中でもねっとり絡めてるとみほさんの舌が私の口の中に入ってきました。
舌を出してるのに舌が入って来て口を大きく開けました。
口の端から涎が溢れて口の回りがぬるぬるになりました。
気付けばみほさんの背中に手を回していました。
みほさんも私の背中に手を回していました。
久しぶりのキスでした。
こんなにキスに夢中になった事はありません。
そしてゆっくり離れた私達の唇は涎の糸が繋がっていました。
はぁはぁ息を荒くして見つめ合っていました。
もう少ししよ?
私が言うと、もう少し?もっとじゃなくて?
とみほさんが言い、そうだね、もっともっとしよ。
と私が言ってソファーに移動しました。
ソファーに座って肩を掴みキスに夢中になりました。
男性と違って一方的に入れてくる訳ではなく、お互いの口の中で受け入れながら、激しくなくてもしっかり舌が絡まりました。
やめたくないと思うキスでした。
久しぶりのキスだったからか、相手が女性だからか、それはわかりませんがキスだけで気持ち良くなったのはみほさんだけでした。
興奮してきた私達はより相手を求めました。
ソファーに膝を着いて抱き合った時です。
みほさんの柔らかい胸が私の胸に当たりました。
その直後みほさんも一緒にあんっと声が出てビクッとなって離れてしまいました。
乳首が刺激されたのです。
はぁはぁ言ってまた無言になってしまいました。
今こんなに興奮した状態でみほさんに乳首触られたらどうなるのか、自分で触るより気持ちいいんじゃないか、など考えていました。
みほさん胸触っていい?
と私が言うと、私もめぐみさんの触りたい。
と言われました。
二人で服の中に手を入れてブラのフックを外しました。
そして胸を触るとみほさんはビクビクッと反応しました。
あっ、と思った時みほさんは私の乳首を両方つまみました。
あんっと声が出て体がビクビクッとなりました。
みほさんはやめないで私の乳首をくりくりとつまんで来ました。
あんあんあんっ
ビクビクが止まりません。
私もみほさんの乳首をつまんでくりくりしました。
あんっああっ
みほさんもビクビクッとしましたが私も止めませんでした。
二人でビクビクしながら乳首をいじるのをやめませんでした。
声もビクビクもいつもと違って凄く気持ち良くてもう何も考えられませんでした。
気持ち良すぎて体が離れようとします。
腰が引けて今にも体勢を崩しそう。
それでも耐えて乳首をずっといじりました。
めぐみさん気持ちいいの、もっと触って。
私も気持ちいい、凄く気持ちいい、もっともっとしたい。
私達は行為をしてるんじゃないかと思うくらい声を出してビクビクしました。
歯をくいしばって我慢しても声が止まりません。
何分?何十分?時間はわかりませんが自分でする時より長い気がしました。
私は我慢出来ずに、みほさん私イキたい。
と言うと、私もイキたいと言われました。
左手でみほさんの乳首をいじったまま右手で自分のズボンに手を入れてあそこを触りました。
みほさんも同じく自分で触りました。
自分のあそこもみほさんのあそこもくちゅくちゅ聞こえるくらい濡れていました。
イクのに30秒くらいしかかかりませんでした。
みほさんイッちゃう。
私もイク。
二人で一緒にイクイクイクと言ってイキました。
どさっとソファーに座り込んで余韻に浸っていました。
イッてしまったらもう止まりません。
めぐみさんまだイキたい。
と言われて、私も。
と言ってキスをしようとした時何気なく目に入った時計を見て、あ、子供が帰ってくる。
と言いました。
その日はお昼で帰ってくる日でした。
みほさんのお子さんも帰ってくるので私達はやめてみほさんは帰りました。
その後すぐみほさんからラインが来ました。
変な事しちゃったけど凄い気持ち良かったです。
とラインが来て、私も久しぶりで気持ち良かったです。ごめんなさい。
と送りました。
流石にこれ以上はないかなと思いました。
女性同士なんて滅多にある事じゃないし、たまたま私達はストレスが溜まってて、それをたまたまぶつけ合っただけと言い聞かせました。
ところがみほさんから来たラインは、
またしたいです。めぐみさんがいいなら。
みほさんはこの関係を続けたいと思ってくれました。
私もすぐに、私もみほさんとしたいです。
と送りました。
そして次の週の月曜日に各自する事してから会う事になりました。
その夜私は初めてレズに関する事を調べました。
みほさんと気持ち良くなりたいと思っていました。
長くなったので続きはまた書きます。

3 COMMENTS

生松

めぐみちゃん、乳首が弱いんですね\(//∇//)\
みほちゃんも満足してくれた様で良かったね♡
女の子同士だと、感じるツボが判っているからお互いにイキやすくなるのかな?

返信する
めぐみ

乳首は凄い弱いです。
みほさんも凄く弱くて可愛いです。
そうですね、お互い気持ちいい所はすぐわかります。
男性みたいに激しくないのにすぐイッちゃいますね。

返信する
生松

めぐみちゃん、男性も乳首弱いんですよ\(//∇//)\
女の子の柔らかい舌で舐められると、チンコがビンビンになりますよ\(//∇//)\
みほちゃんに乳首を優しく舐められて、マンコがビショビショに濡れるんだね(><)
とても素敵です♡♡

返信する

コメントを残す