エッチ体験談 13,000話 突破!!

C学生の僕のちんぽママに見られて

ライスさんから投稿頂いた「C学生の僕のちんぽママに見られて」。

これは私がC学2年生の時の話です。
当時母は36歳、fカップのいやらしい身体をしていました。
当時アパート住まいだったので風呂上がりの母は裸で僕たちの前に上がって来ます。

夏場は全裸のまま涼んでいました。
また,母は僕が小学校の頃から毎日背中を流すように私に言いつけており,いつも母の背中を流しながら勃起した下半身が母に分からないように気を配り、おっぱいを揉みたい欲求と闘っていたのです。

当時(今もですが)母をおかずにオナニーしていました。
そんなある日のこと私は恥ずかしながら腹を下してしまい、下着を汚してしまいました。

急なことでもあり,うちは貧乏でしたのでかえの下着もなく、私は母の目の前でしばらく性器を晒していることになりました。
しかし,多感な中学生が日頃いやらしい目で見ている母に下半身を晒しているのですから、否応なく私の愚息はそそり立ちます。

とても恥ずかしく思いましたが、気がつくと隣の母が素知らぬふりをしつつ私の愚息を意識し無言になり私の股間に時折り視線を送るのです。
気づいた私は尚のこと興奮して,息子は完全にそそり立ちました。私はわざと母に見えるように二、三回竿をさすったり,母の体をわざとらしく視線で舐め回したりしました。

その後トイレに行き(このトイレも、中にいても母に音が筒抜けになるような作りです。)わざと母に聞こえるように『もっと見て、我慢できないママ‼︎」と言いながら果てました。

私はわざと竿の先に雫と紙片を残して、再び勃起した物が床座の母の目の前を通るようにして隣に座りました。
こんなことがあってから、今年23の私ですが未だに母の裸を盗み見て母の下着に精を吐き出しています。

コメントを残す