エッチ体験談 13,000話 突破!!

露出性交癖があった元カノと再会したら

元カレさんから投稿頂いた「露出性交癖があった元カノと再会したら」。

3年前に振られて別れた元カノと再会した。
「ごめん・・・好きな人ができた・・・実は両想いだったって知ったの・・・さよなら・・・」
「えっ!・・・」
青天の霹靂だった。

そんな別れを結構引きずってて、忘れられなかった元カノ、結婚してた。
顔見たら、安全日の中出しを思い出した。

元カノ、ちょっと変態的な性癖があって、セックスを見られてるかもという興奮が好きで、安全日に野外中出ししてた。
山間の高速道路の側道に車止めて、高速道路の金網に元カノが両手をついて、高速道路を見下ろす感じでバックからハメる。
洗っていない、臭いヌルヌルのオマンコに、洗って内、臭いチンポを生挿入してピストン。
「走り去る車から、一瞬だけどお前のオマンコにチンポ入ってるの見えてるだろうなあ・・・」
って耳元で言ってやると、ドロドロに濡らした。

興奮してイキそうになると、
「俺も出すよ。どこに出して欲しい?」
「オマンコの中・・・」
なんて言わせつつ、
「じゃあ、お前の子宮の中に、全部出すぞ。」
と言ってグッと根元まで入れて、思い切りドクドクと膣内射精。
チンポを抜くと、ドロドロ逆流する精液がダラッと地面に落ちた後、元カノの内股を伝う。

あの性癖、旦那さんは知ってるのかな?
俺の精液注がれてたの、旦那さんは知ってるのかな?
そう思いながら、元カノと少し話すと、なんか以前と雰囲気が違った。
元カノ自体は昔のままだけど、今の俺の好きなタイプじゃなくなったみたい。
フッと何か憑りついていたものが、離れていったようだった。
今まで忘れられなかったのは、なんでだろうと思えた。
でも、あの出会いと別れがあったから、俺は成長できたんだと思ってる。
「じゃあな。」
「元気でね。」
清々しく別れたあと、元カノに「ありがとう」って思えた。

コメントを残す