エッチ体験談 13,000話 突破!!

細身でキツキツだった元カノから来た2年ぶりのメール

アラサー男さんから投稿頂いた「細身でキツキツだった元カノから来た2年ぶりのメール」。

細身で色白だった元カノ、貧乳を気にしてたけど、可愛いおっぱいだったよ。
クンニをいつまでも恥ずかしがってて、クリトリスを責めると仰け反って、「もう止め~~ストップ!ストップ!」って身体を捻って逃げてたっけ。

フェラもあんまり上手じゃなかった元カノは、前戯があまり好きじゃなかった。
「裸で唾棄すだけで濡れるから・・・」
なんて言ってたけど、ちょっと湿るだけだから指でクリトリス撫でたこともあったね。

でも、中はキツかったな。
亀頭が膣壁を掻き分ける感触がたまらなかったよ。
元カノも感じていたけど、快感を表現するのをいつまでも恥ずかしがってて、思い切り喘いではくれなかったね。
思い切りつくと、元カノのカワイイおっぱいはプルルンって振動してたっけ。
精液を元カノの体に振り撒くと、嬉しそうに微笑んでた。

3年付き合って、結婚を考えてた頃、突然のさよなら。
「何も訊かないで・・・お願い・・・元気でね・・・」
そう言われたけど、どんな言葉でも構わないから、最後に本音を聞きたかったよ。
突然、まるで俺から逃げるように去って行った元カノ・・・
暫く俺、立ち直れなかったよ。

別れて2年、そろそろ前に進まなきゃと思っていた矢先、元カノからメールが届いた。
ライン繋がってるはずなのに、なぜかメール。
「結婚しました。」☆彡
元カノのことは忘れられないけど、何も知りたくなかった。
もう、手の届かない人になったことを知らされた。
あの時の俺は、元カノにとってなんだったんだろうと思ってしまうよ。

元カノが結婚したと知ってしばらくして、別に忘れなくていいんだと思えてきた。
今の俺がいるのは、あの時に元カノと付き合ってたからだし。
この2年間、辛い時に元カノとの楽しかった思い出を少しずつ思い出して、元気をもらってた。
とても素敵な思い出をありがとう。
元気で、そして幸せになってほしい。
俺も、まあまあ幸せに暮らしているからね。
だからメールで「おめでとう。幸せになってね。」と返した。

2 COMMENTS

コメントを残す