エッチ体験談 13,000話 突破!!

頑張ったよ私

夏子さんから投稿頂いた「頑張ったよ私」。

大学卒業を控えて私達、男3人女3人の仲良しグループで海外に卒業旅行に行きました
私はその中の信二君が好きで狙ってました
情けないけど告白すら出来てなくて、でもこの旅行で決めてやると密かに意気込んでました

旅行の日程は5泊6日。たっぷり時間はある!
何かきっかけないかなぁ
と、思ってたら信二君がケータイ見ながら、「なぁ、ヌーディストビーチあるんだってよ。ちょっと行ってみねぇ?」
それを聞いた苺(女)が、「うわー、お前女の裸見たいだけでしょ変態」
「いいじゃねぇか、男が女の裸見たいって普通じゃねーか。男が男の裸見たいって言うんなら変態だと思うけど」
隆司(男)が、「まあ、そうだな。普通だな」
苺「まあ、行くぐらいなら別にいいけどさ。あんず(女)も夏も構わない?」
私「別にいいよー」
あんず「私も~」
遥斗(男)「そこのバスに乗るとすぐに行けるってさ」
こうして私達はヌーディストビーチへ向かった
ビーチに着いた私達
水着を着てる人もいるけど、爆乳を放り出して歩いてる女の人や全裸のまま仰向けで寝そべっているカップルとか色々いて、圧倒されそう
信二「すげー!見ろよアレ。パイパンでモロ出しだぜ!たまらんよなぁ」
遥斗「うんうん、来たかいあったな」
信二「お前らも脱げよー」
と私達に振ってきた
あんず「やだよ~恥ずかしい」
苺「あんたねぇ!来てやっただけでもありがたいと思え。変態」
私「……私、脱ごうかな」
信二「え!?マジ?見せてくれるの?」
あんず「夏~だいた~ん」
隆司がケータイ出して写真の用意しようとして苺にケータイを払い落とされる
私「あのさ!私も覚悟決めるよ。だからその、信二君、彼女いないじゃん、私と付き合ってくれたら嬉しいかな」
私は赤くなってみんなの前で告白した
信二「え?俺の事好きなの?」
私は返事せずに着てるものを脱ぎ出した
男3人が見守るなか素っ裸になった
私は真っ赤になってたと思う。それは告白したからなのか裸を見られたからなのか
ポケーと私を見ている信二
いきなり隆司が私の両肩を掴んできて、「頼む!夏!一回だけでいいからヤらせて!」
信二が隆司の背中に蹴りを入れて、「夏子とセックスしていいのは彼氏である俺だけだ」
私「え!本当に!?」
私は嬉しくて泣きそうになった
信二「というわけでお前らは見てるだけな」
と、私の肩を抱き私はそのまま茂みに連れていかれ、みんなの見てる前でエッチしてしまいました。でも、気持ち良かった~
旅行の残りは、女3人、男3人の2部屋だったのだけど、苺が気を利かせてくれて3部屋に変更。私は信二と同室になりました
それから8年過ぎてますが、そろそろプロポーズしてくれないかなーと思ってます

6 COMMENTS

匿名

嘘の内容は止めてください。彼がわたしを好きだと知っていましたよね?わたしに成り済まして彼の悪口を書いたりわたしに成り済まして嘘の内容を書いたりしていたのに、ひどい嘘をつくのはやめて下さい。

返信する
夏子

それはこちらのセリフです
書いてある登場人物名は私も含め全員仮名ですから、証拠としてみんなの本当の名前を言ってみてください

返信する
匿名

お天道様は全て見ています。嘘をついて居直るのは止めて下さい。

返信する
生松

夏子ちゃん、コイツ匿名で現れて色々な人の投稿を荒らしている精神異常者です。
こういう頭のイカれたバカのコメントに、いちいち反応しない方がいいと思います(^^)v
それより夏子ちゃん、プロポーズはまだですか?
せっかく身体を張ったのだから、早くプロポーズ受けたいね\(^^)/
夏子ちゃんの幸せを願っていますヽ(´▽`)/

返信する
残念です。

昔、人気の深夜ラジオに『ナチ・チャコ パック』というのがありました。リスナーから投稿されたエピソードを野沢那智さんが朗読(これが声も良くとても上手でした)し、白石冬美さんが絶妙の合いの手を入れる…という形式の番組です。

野沢さんが朗読するリスナーからのエピソードはかなりエッチなものもあったり、爆笑モノや泣ける話、深い感銘を受けるものもあり、とても素敵なお話が多かったです。
しかし嘘だとか、妄想だとか、あり得ない話とか、当時の大人達からの激しい反発がありました。

番組に寄せられたリスナーからのエピソードを纏めて刊行された『もうひとつの別の広場』というのがあり、これは続、続々と何冊か刊行されました。その中の「続」だったか「続々」だったかで、野沢那智さんが「嘘でも妄想でもあり得なくてもイイじゃないか。そこには夢もあれば望みも苦悩もある。心の真実がどこかにある筈だ」という様な事を記述なされたいらっしゃいました。

折角、此処に投稿して下さった方を、悪戯に、然も意図して不快にさせる様な投稿は、誠に残念だとしか思えません。

返信する

コメントを残す