エッチ体験談 13,000話 突破!!

TVに映った吸い付きたくなるような乳首と乳輪

さいたまタウンさんから投稿頂いた「TVに映った吸い付きたくなるような乳首と乳輪」。

S学校の頃だったと思うけど、僕の部屋には、まだテレビは置いてもらってなかったので、入浴後は、両親の寝室でテレビをつけたまま、少年マンガを読んで、そのままソファーで半分寝かかっていた。

 いつの間にか、そこそこ遅い時間だった気がするけど、まだ、両親は寝室に、来ておらず、僕も完全に寝てしまう前に、そろそろ自分の部屋に戻って寝ようと思って、テレビを消そうとしたら、ふと
今日の××の○○は都合によりお休みです、とか、なんとか…
寝かかっていた僕の耳に、そんな感じの音声が聞こえていた。

 ふとテレビ画面をみたら、きれいなお姉さん映って、すぐに、カメラが凄い速さで後ろに引いて、そこには20人くらいの、とにかく、大人数の、全員が服を着ていない、裸のお姉さんたちが
二列に並んで正座して、頭を下げていた。

それを見て、興味を持ってしまい、眠気が覚めた僕は、続きを見たくなって、スイッチを切るのをやめてそのまま見ることにした。

ピンク色の照明と白い靄をかけたような画面で、楽しそうに色っぽくクスクスと笑う音声ととも裸が映った。
次に、楽しそうな高笑いの音声とともに、正面から、もう、これでもかってくらい、間近で、裸のおっぱいが映って、ピンッと上向きのピンク色の乳首と乳輪が微妙に揺れがら、肌のきめ細かさが分かるくらいに、画面いっぱいに拡大されて映していた。

その後も、正面から、側面から、上からなど、もう、いろんな角度から、大小様々な色気たっぷりの柔らかそうな裸のおっぱいが、でかでかと映って、それこそおっぱいの谷間、片方のおっぱい、両方おっぱいを、きれいな腕で寄せたり、持ち上げたり、もう吸わせるみたいに、赤のマニキュアが塗られたきれいな指で、おっぱい持ち上げて乳首と乳輪を見せたり…
 徹底的におっぱいの形が、乳首が、乳輪が、はっきりわかるように、画面いっぱいに映し続けていた。

しかも、おっぱいだけじゃなくって、間近で映した、手で隠した股間やお尻や太腿やワキも、画面いっぱいに拡大されて映っていた。

最後に、最初に映ったお姉さんの二つの裸のおっぱいが正面から映った後、カメラがさっと引いて、大人数の裸のお姉さんが楽しそうに笑いながら、身体をぴったりと寄せ合って、画面に向かって手を広げて放送できなかったことを許してと、お願いしていた。
寝そべって、おっぱいを持ち上げたり、太ももやお尻の辺りをなでたり、前かがみになっておっぱいを寄せたり、自分のおっぱいを触って、もみもみもみもみと揉んだりしている人もいた。

髪の長い人や短めの人、おさげの人、三つ編みの人など、下ろしている人や、くくっている人、痩せた人から、ちょっと太めの人、みんな裸で、楽しそうだし、可愛くてきれい。

見ていて我慢できなくなるくらいの、すごく生々しくて質感たっぷり。

あの全裸のお姉さんの集団に埋もれたいし、画面にいっぱいに拡大されて映ったきれいなおっぱいを一つ一つをもっと見たいし、触りたいし、舐めたいし、吸い付きたいって思った。

両親が来る前にテレビと電気を消して、すぐに自室の布団に潜り込んだのだけど、その時には既に、すっごい勢いで勃起していて、全然眠れなくって、どうしていいのか分からず、オナニーしてもムラムラが収まらず、一晩中、一人で布団の中で転げまわっていた。

結局、朝まで眠れなかった。
だって、目を閉じるたびに、楽しそうに色っぽく笑う音声とともに、画面いっぱいに、次々と映し出された裸のおっぱいや手で隠した股間やお尻や太腿やワキが浮かんでくるから、どうしようもなかった。

もしかしたら、いろんな記憶が混ざっていて違うかもしれないけども、いや、もう僕の記憶違いでもいい。

少なくても、全裸のお姉さんの集団が、お色気たっぷりに画面に向かって謝っていたのと、その後に、楽しそうなお姉さんたちの高笑いの音声とともに、ピンク色の照明に照らされて、うっすらもやがかった画面いっぱいに、正面から、もう、これでもかってくらい、間近で、肌のきめ細かさが分かるくらいに、画面いっぱいに拡大された、ピンッと上向きのピンク色の乳首と乳輪が微妙に揺れる、
思いっきり舐めて吸い付きたくなるような、裸のおっぱいが映ってたのは、本当ですからね。

何のチャンネルだったかは知らないですけど、もし見れたら、今でも勃起が止まらなくなりそうです。

コメントを残す