エッチ体験談 13,000話 突破!!

妻がAVに復帰したときの興奮をSWの他人棒で味わった俺

同級生夫婦さんから投稿頂いた「妻がAVに復帰したときの興奮をSWの他人棒で味わった俺」。

中学の同級生で学校のマドンナだった妻は、若い頃と結婚後に、AVに出ていた。
20代前半の頃はあまり売れずに一年で引退したが、同級生のAVに感激した俺が言い寄って付き合うようになって、27歳同士で結婚。

29歳の時に長女を出産、アラサーになった妻の色気と可愛さの混在に、若妻路線なら売れるんじゃないかと提案し、29歳の時にAV再デビューした。

初期の頃は母乳が出たので、男優のチンポに母乳をかけるプレイもあった。
母乳だらけのチンポをオマンコにズブリ、可愛い美形を歪ませて妻が喘いだ。
その後、
「夫には内緒にしてたんだけど、私、元彼にお尻の穴を開発されて・・・」
と衝撃告白の後、アナルファック!
もう一人男優が出てきて、サンドイッチでオマンコとアナルの二穴挿入でイキまくった。
俺のマドンナが、愛する妻が男優にオマンコとアナルを犯されて喘ぐ姿を見たら、勃起が止まらなかった。

妻は、縄をかけられたSMものにも活躍の場を広めていった。
妻のSM苦痛系ではなく凌辱系で、恥辱に塗れたプレイを受けていた。
大切な妻が、屈辱的な格好で辱めを受け、感じていた。
手足を縛られ、開脚で性器露出を強いられ、バイブや電マで潮を噴かされた。
オマンコを嬲られて、その恥じらいに顔を赤らめながらも、快楽に喘いだ。
そして、男優の巨根で膣奥深くまで汚辱された。
愛しい妻が凌辱される痴態醜態、男優に辱められて帰ってきた妻を抱くと、痛いほど勃起した。

再デビュー時は結構売れて、3年間活動した頃、
「この子が大きくなって、母親がAVに出てたら噂になっちゃう。」
と言って、妻は引退した。
引退しても暫くは、妻のAVはオムニバスで売られ、その後ブロードバンド化したネットでもちらほら見受けられるほど、美熟女AV女優として人気が続いた。
妻が引退して、娘が大きくなると、俺達の夫婦生活がノーマルになっていった。
でも、相変わらず美しく、ムッチリしたエロボディの妻は何度抱いても飽きなかった。

妻が引退して16年の5年前、娘が大学に進学して家を出た。
この時お互い年女年男の48歳、夫婦二人になったら少しずつ大胆になり、家中でSMを始めた。
そしてそれだけじゃ飽き足らず、もっと妻を楽しみたくなった。
AVに出ていた時の妻の動画も見飽きていた頃、なぜ、AVに出ていた妻を見て安奈に興奮したのか考えた。
それは、妻が自分以外の男に抱かれて、感じて喘ぐ姿に興奮していたと悟った。

俺は、妻を誘ってSWサークルへ参加した。
事前にピル服用という中出しサークルで、恐る恐る参加した。
他の男とセックスする妻を鑑賞しながら、その男の奥さんにフェラしてもらったら、これは最高の妻の楽しみ方だった。
相手の男は俺より若く、
「美熟女たまんね~~」
と美しい妻を味わっていた。

俺より若くて硬い他人棒をおしゃぶりし、オマンコを舐めまわされ、感じまくった妻はそのまま生挿入され、狂ったようにイカされまくった。
フェラしていた奥さんも我慢できずに俺に跨って腰を振り出した。
妻より一回り以上若い奥さんを抱いた。
隣では、妻が生中出しされて仰け反っていて、その姿を見た瞬間、俺も射精してしまった。
射精しながら見た妻は、一滴残らず精液を絞り取るように男に抱きつき、オマンコを締め付けているようだった。
最初は恥ずかしがっていた妻も、久しぶりの他人棒に感じてしまい、いつもより激しくイキまくっていた。
他人に抱かれた妻はすごく綺麗で、すごくエロかった。

家に帰った後、他人に抱かれて中出しされた妻を、じっくり味わいつくした。
イキまくった愛液と、他人棒から吐き出された精液でグチャグチャの妻のオマンコを、ガッチガチのチンポで掻き回すのは最高に気持ちが良かった。
妻も、物理的快感と精神的快感と、間近で夫に他人セックスを見られた羞恥心が入り混じり、イキまくった。

愛する妻が他人に抱かれ喘ぐ。
股を開き、オマンコ丸出しで生チンポを受け入れ、子宮に他人精液を受け入れる。
この背徳感がたまらなく俺を勃起させた。
今年、娘が戻ってきたからSWサークルを抜けたが、この4年間、月2回、SWサークルに参加したから、妻は延べ96回他人棒を受け入れたことになる。
SWサークルは撮影禁止だから映像は無いが、俺の記憶には今も俺以外の若いチンポ、同年代のチンポ、老練のベテランチンポに津ランク荒れて喘いだ妻の姿が残っている。
この記憶さえあれば、俺はいつでも妻で勃起できる。

1 COMMENT

コメントを残す