エッチ体験談 13,000話 突破!!

実妹と続く関係

妹想いの兄さんから投稿頂いた「実妹と続く関係」。

実妹との近親相姦をさらします。

俺はバツ2の40代、妹は30代の俺と同じくバツ2。
お互い独身で近くに住んでいるので頻繁に会っていた。

始まりは約7~8年前。
いつものように、金欠の妹を助けるため、妹家族と食料の買い出しに。

妹には三姉妹の娘がいて、当日S6、S4、S1。

買い出しを終え妹のアパートに向かい、妹の手料理を待つ間に三姉妹の姪っ子達を風呂に入れるのが俺の仕事。

その日は、翌日が休みだったので妹アパートに泊まることにしていた。
よくあること。

姪っ子達も俺に良くなついていて、三姉妹で俺の取り合いをするほど。

その日も三姉妹を仕上がった順に一人づつ風呂から出す。
それを妹が脱衣所で一人づつタオルで抱るむ。

夫婦のような手際で三姉妹を風呂に入れるのが週末の日常になっていた。

いつもと違うことは脱衣所で待つ妹が下着姿だったこと。
三姉妹を出した後は、俺の背中を流しに妹が入ってくる。
もちろん、いつもは着衣で。

しかし、この日の妹は全裸で入ってきた。
それに気付いたのは、俺の背中を流し終えた後。
俺の背中をシャワーした後に、シャワー浴び始めたのをビックリして振り返ると
キョトンとした表情で
妹「なに??」
俺「おいおい、混浴って・・」

そう言いながら慌てて湯船に浸かり、見て見ぬふりをしながら、妹の身体をチラチラ見ていた。

三人生んだとは思えないほど、まぁまぁスタイルは良く、Cカップ位の胸。

一通り洗い終え
妹「交代!」
俺「んじゃ出るよ」

と言いながらも、息子が元気になっていて出るに出れない。
妹「妹の身体見て興奮するな!変態!」
ケラケラ笑いながら俺の手を引き無理に立たせ、自分が湯船へ

その夜、子供達が寝た後も兄妹で飲んでいた。

そろそろ寝たい雰囲気の妹。
俺「眠いなら寝りゃいいじゃん」
妹「寝ないの?」
と言いながら居間の照明を消す妹。
テレビの明かりだけの部屋で、妹が俺の隣に座りパジャマを脱いだ。

俺のパンツの隙間から半立ちの息子を取り出し、無言で舐め始めた。
離婚して溜まりまくっていた俺の下半身は5分もしないうちに爆発寸前。
俺「出る・・」
妹「うん」
会話はそれだけ。

俺の精子を丁寧に口に含み、おれのパンツを元に戻しキッチンに消え、歯磨きを始め、上だけ裸で俺に歯ブラシを持ってきた。
歯磨きを終えた妹は
「あやすみ」
と照れ臭そうに三姉妹が寝ている寝室に消えた。
《続く》

コメントを残す