エッチ体験談 13,000話 突破!!

オバサンたちの放尿放屁排便を合法的に見放題

オバサンたちの放尿放屁排便を合法的に見放題

エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「オバサンたちの放尿放屁排便を合法的に見放題」。

高速道のパーキングのトイレで良くあるシーン。
今日だけ男~と言いながら混雑してる女子トイレではなく男子トイレに入るオバサンたちの群れ。
群れに遭遇したときは、見放題になる。

しかもこちらは男トイレに居るだけだから、全問題なし。
悪いのは男子トイレに侵入してくるオバサンたちなのだから。
最初のきっかけも偶然ではなく、必然性を狙ってた。
大便用で待ってたら、程なくオバサンたちの声が聞こえてきた。
来たな~と構えてたら、ほら来た。
「今日だけ男~」と笑いながらのオバサンの声が。
そこのトイレは大便用が二つしかないので、そのうちの1個は俺が占拠している。
念のため便器が後ろから見える個室に入ってる。
床と敷居の高さは10cm弱かな。
まあまあゆとりで隣が覗ける。
当たり前だ!ここは男トイレだ!
バタンと扉が閉まり、便器を挟んで両足が見えた。
ゴソゴソと下着を下げる音がして、ドンとお尻が登場した。
白い綺麗なそして大きなお尻だ。
我慢してたんだろう、ジャーとすごい勢いでオシッコが放出されてる。
このオバサンのオシッコはお尻には跳ねないで、ほぼストレートに便器に放たれた。
マンコも綺麗に見えてたな、黒かったけど。
オバサンでも女は女です。
興奮するものだ。
オバサンはもうひとり入って来た。
さっきのオバサンのお尻よりもやや細目だが毛深いな。
尻の穴の周りまで毛が這えてる。
オシッコはチョロっと出た後で、しぱらく沈黙。
そうウンコが肛門から出たり入ったりのショーが始まりました。
固いウンコが最初にコロンと出た後は、柔らかウンコがドボドボとかなりの勢いで放たれている。
なんだかすごい勢いなのだ便器からはみ出してはないか。
これはけしからんなー、ちゃんとの始末をするのかなと心配しててら、やはり汚れてはみ出たウンコをそのままにして出ていきやがった。
仕方ないので、俺がその個室に入り、その臭いウンコを眺めながら、ちんぽをこすり
茶色のウンコの上に俺の白い液を振り掛けた。
変な興奮しました。

3 COMMENTS

匿名

最高です。熟女でも50以上のトイレ話は下手すれば何ヶ月もでない時あるので今後も思いだせる範囲で長文でいいので聞かせてください。
熟女でも高めしか感心ない人多いと聞きますけど、投稿する人が少ないんですよね。
またお願いします。

返信する
匿名

これからも思い出した時には、おばさんたちのトイレ話、長文でいいのでお願いします。
とっておきの期待してます。

返信する

コメントを残す