エッチ体験談 13,000話 突破!!

俺の先生が寝取られた(大人と子供)

俺の先生が寝取られた(大人と子供)

マサさんから投稿頂いた「俺の先生が寝取られた(大人と子供)」。

俺がステイホームで部屋の片付けをしていると高校の卒業アルバムが出てきた、そう言えば…あの時の先生は今はどうしているんだろうか?とネットで調べると、俺の卒業した高校はもう無くなっていた!いや、厳密に言うと学校はあるが、学校は既に買収されもう経営者が代わっていたのです。

俺が言うあの先生とは川原晴菜(仮)と言う先生の事です。俺は高校の時に吹奏楽部に入っていたんですが公にならず密かに問題が起こっていました。俺も高1高2と一時期はクラブに打ち込んでいたんですが、高3の時に前任のカリスマ顧問が移動になってクラブは休部状態で、俺もまあ高3の最後の一年は高校生活をエンジョイすれば良いか程度に思ってて、ところが新しい音楽教師(綾部)が来て新体制でクラブを再開する話になっていました。

俺は友達のバンドからも誘われてて、どっちでも良かったんだけど何でか部員から部長に推薦され部長になっていました。ところが新任の綾部が指揮は出来るがマーチングは教えられないと言うのです。そりゃー当然、部内は混乱しました。その場はまだ先の話と言う事でその場は収まったのですが……その後、大人の話し合いで外部から人を入れ、顧問、副顧問、コーチの三人体制で活動する事になったんです。

クラブ活動は女子50人男子7人で、学生主体で活動していたので新体制になっても活動には影響がなかったのですが……若干二人に異変が……勿論、それは俺と川原先生なんですがそれは仕方がないでしょ?体力を持て余し未成熟で思春期のませガキの男子と、外部講師で外の教室で大人ばかりを教え、子供の扱い方を知らない熟成された人妻の女性が目の前に現れたら戸惑いますよね?

まあお陰で俺は積極的にクラブ活動に参加する様になったんですけどね(笑)基礎練習、綾部の指導と続き、いよいよ俺が「先生お願いします」と川原先生を呼びに行く訳です。マーチング練習で同級生の女子がお股をおっぴろげても何も感じないけど、上品に澄まし顔で大人の女性に悩ましげに溜め息をつかれたら参っちゃいますよね?

当時は綾部先生と川原先生は指導方法でも対立していたんです。綾部は全員が一糸乱れぬ正確な正確性を、それに対して川原先生は表全力が豊かな流れる様な滑らかさを重視していたんです。男性と女性の違いかも知れませんが……マーチング自体が軍楽隊から発生したもんですからね、あまり女性らしさをアピールすると吹奏楽では邪道とされていたんです。

指導者としては顧問とコーチの差かも知れませんが、最終的には学生主体なので部を取りまとめる部長が重視される結果になっていたんです。当然、御多分にもれなく俺も吸い寄せられる様に川原先生とニャンニャンの関係になりますよね?「わかりません」とかまととぶって、狼の目の前に生肉をぶら下げる様なものです。

放課後の教室で……先生と俺のアレを見られてた!俺の知らない所で川原先生は「エロ下着を着けて来い」と脅されていたのです。相手は副顧問の横山です。横山は部活動に興味も無く月に1、2度しか顔を見せませんが、川原先生にクビや俺の退学をチラつかせ迫っていたのでしょうか?

その事を俺が知ったのはあの日から一週間後の事だったでしょうか事件が起こった、それは……いつもの様に俺が放課後、教室で川原先生を待っていると先生が来ない、その時、ちょうど廊下を通りががった同級生が「川原先生が講堂の男性トイレに入っていった」と言うです。

当然、俺は「えっ!」今日は来ないのか?先生は黙って帰ってしまうのか?と不思議に思いますが、そんな事は絶対に有り得ないとザワザワと胸騒ぎを覚えます。当然、この時間にもう講堂に誰もいない筈で、誰かが残っていた川原先生にトイレが故障したとでも告げて、先生がトイレの様子を見に行ったのだろう程度に俺は思っていた。

それでも俺の不安は拭いきれなかった。このまま先生が来るのを待ってて良いのか?もしこのまま先生が教室に来なかったら……他の教室の灯りが消えていく中で俺の不安は駆り立てられていった。

「先生、先生」と川原先生の姿を探して講堂内をさ迷う俺、ですが講堂内に先生の姿は見つかりませんでした。後はトイレだけ…トイレが故障していて水が止まらないとか先生が困っているんじゃ……だけど、トイレにも先生の姿は無かった。後のトイレと言えば講堂の奥の職員用のトイレだけで、そのトイレは古く汚くて普段は職員も使わないトイレでした。

まさかな……こんな中に川原先生がいる訳がない、トイレが壊れてるならばトイレに入らずもドアに使用中止の張り紙を張れば済む話しだ、俺は恐る恐るトイレのドアを開けた。すると個室の並んだ一番奥の個室のドアが閉まっていたのです。俺が「先生」と声を掛けようとした時、個室の中から声が聞こえた。

その声は俺が知った聞き覚えのある声でした。横山だ!横山「……もう感じてるんですか?……言う事を聞かないと先生を続けられないでしょ?こんな事が公になれば先生も恥ずかしくて来れないでしょ」勿論、俺が耳を澄まさなければ聞こえるか聞こえないかの微々たる小声でしたが、横山と川原先生は行為に夢中で俺が来た事には気付いていない様です。

中からはペチャクチャと何か水気を帯びた水分が飛び散る様な音がしていました。すると川原先生の声が「…嫌っ!止めて……」
横山「先生、冷たいなぁ…初めて会った時から思っていたんだよ…仲良くしましょうよ」
中から「アァン……」と言う川原先生の声が聞こえたかと思うと更にドタッバタッっと
中から激しい音が聞こえてきたのです。

あまりの迫力に俺は見てはいけない物を見たかの様にトイレに入る事が出来ず後退りしてしました。俺が柱の陰からトイレの方を見ていると横山は手を拭きながら満足気な表情を浮かべトイレから出て来ます。

少し遅れ川原先生がトイレからヨロヨロと壁を伝って出て来ました。その姿を見て俺は怒りに震えた。俺「…此は立派な犯罪だ、訴えるべきだ!」先生「…駄目よ…私はいいの…この事は絶対に誰にも言わないで……」と俺は先生から懇願されて、俺はそれ以上は何も先生に言えなかった。

横山の川原先生への横暴は俺が卒業するまで続きます。あの後、川原先生はどうなったのか?今はどうしているのか?あわよくば大人になった俺ともう一度何て……今では学校名まで代わって、事務所に行って卒業生ですと言えばそのへん教えて貰えるのかなぁ?

それとも……関係者以外立ち入り禁止ですと冷たく追い払われるのか?川原先生の事だけでもわかれば良いんだけだ……個人情報になるのかなぁ……因みに、俺なりに調べると
外部委託だったので、外の教室はもう閉じられていました。横山はまだ学校に勤めてるみたいだけど……それもまだ俺が学校に行ってないので不明確です。性教育者になっているのか?ニュースになっていないって事はまだ処分されてないんだろうな?

銀行、企業が合併や社名変更でわからなくなっている事は知っていたけど……学校がこんなに変わっている事は知らなかった!皆さんはどうですか?卒業した学校は変わらずまだありますか?そう言えば最近、校名を聞かないなぁと思っていたら校名が変わっていたりして、ってフェーズが変わってそんな事を言ってられない時代だけど……だからこそ最後はやりたいよね?一番好きな女性と……子孫を残したいよね?

俺を大人にしてくれた川原先生には感謝しています。早くコロナが終息して同窓会を開ければ情報収集も容易いんだけど……GWも地元に帰ったり動けないや!こんな時代じゃなきゃ元部員を即召集するんだけど…クソッ!元部員に連絡しても会えないねーって話ばっかし、だから部屋を片付けてる。

コメントを残す