エッチ体験談 13,000話 突破!!

後ろ姿が官能的だった胴長の彼女の思い出

彼氏だった男さんから投稿頂いた「後ろ姿が官能的だった胴長の彼女の思い出」。

色々と印象深くて、今も忘れられないほど思い出深い元恋人がいます。
彼女は、ちょっと田舎臭い印象の顔立ちでしたが、とても可愛らしくて、体つきは細身で、やや胴長短足気味なんですが、腰が大きくて、その後ろ姿がドキッとするほど官能的でした。

好みの問題なんでしょうが、あの後ろ姿は、私の本能に「子供を産ませたい女体」と感じさせました。

そして彼女の裸は、決してナイスバディじゃないのですが、そそりました。
乳房も特に大きいわけじゃなかったし、アソコは普通に綺麗でしたが処女膜はありませんでしたし、クンニに見事に反応しました。
フェラも上手でしたから、元彼に仕込まれたんだろうなと思いました。
まあ、彼女は2歳年下で当時23歳でしたから、元彼がいてもおかしくはありませんでした。
そして、彼女の最も印象深かったのは、アソコの中です。
挿入した時、彼女のアソコがうねるんです。
膨らんでいる場所が移動すると言いますか、蠕動するような感触なんです。
蠕動が始まると、彼女も最高に気持ちが良さそうで、田舎の純朴そうな女の子が、はしたない身悶えを見せてくれました。
これは忘れられないほどの興奮と気持ち良さでした。

彼女とは、本当に愛し合ってたから、抱き合うとものすごく満たされました。
彼女のご両親と私の間で色々ありまして、もう、別れさせられて10年経ちますが、未だに忘れることができない元恋人です。
彼女、幸せでいて欲しいです。
私は、彼女一家との修羅場の後に全てを捨てて、彼女と過ごした街を遠く離れてしまいましたから、再びお逢いする事なんてありませんが、今でも気がかりではあります。

私は再就職先で知り合った女性と6年前に結婚し、今年二人目の子供が生まれて手狭なアパートから戸建て賃貸に引っ越しました。
その際、結婚するときにPCから移動した元恋人の彼女との思い出のデータを保存したDVDが出てきて、思わず覗いてしまいました。
そこには、彼女とのデジカメデータのほかに、別れてからのメールのデータがありました。
当時、携帯電話ではなく、PCのメールでやり取りしていたのは、月に数回、一週間くらいの近況などを書き込んだ比較的長めの文章だったからでした。

別れてから1年過ぎて、ようやく少し落ち着気を取り戻した頃、彼女が長いメールをくれました。
そこには、お見合いすること、私に対する思いがバカ正直に書かれていました。
その1年後、私が今の妻と交際を始めた頃、それが何を意味するか考え、彼女に長いメールを書いて送りました。
出来るだけ素直な気持ちで書いたそのメールの内容は、彼女が1年前に私に書いたメールの内容とよく似ていました。
そして、それが最後のお別れメールとなりました。

今、読み返すと、あの頃の本当の気持ちが分かってきました。
別れさせられてしまったけれど、彼女のことは好きなままで、何があろうとも自分は彼女の味方でいられるという気持ちでした。
それを、うまく表現できていないまどろっこしいメールでしたが、でもそこには、最後の言葉になると言う覚悟が見え隠れしていました。
私の最後の長いメールは、最後、「どうかお元気で。お幸せに。」と締めてあり、それに対する彼女からの返信はありませんでした。

読み返すと、彼女との思い出が蘇りましたが、別れの悲しみは消えていました。
今、彼女が誰かと愛し合っていても、私は彼女の幸せを祈れています。
そして私は、家族との未来に必要のないそのDVDは引っ越し荷物には入れず、砕いて処分しました。
切なさと清々しさが交錯しましたが、こんな気分で彼女のDVDを処分できる日が来たことを、嬉しく思いました。

1 COMMENT

コメントを残す