エッチ体験談 13,000話 突破!!

パート先での出来事。。。起こって欲しくなかった事

ジュンコさんから投稿頂いた「パート先での出来事。。。起こって欲しくなかった事」。

これは、投稿して良いのか迷いました。
主人にも、会社にも、誰にも話せずに私の中に留めています。

今週は、例のドライバーさんが来ないのですっかり油断していました。
火曜日は1日通しで仕事をする事が多く、今週もそうでした。

閉店時間まで、あと40分ぐらいだったと思います。
「用事でこの近くまで来たものだから、顔見に来たよ!」
手にはコンビニで買ったであろうお菓子を持って、ドライバーさんが店内に入って来ました。

そのお菓子を私に渡しながら、店内奥へと進み、店員が休憩する時に使うパイプ椅子に腰掛けました。

「この時間だと、あんまりお客さんも来ないんだね?」

私「平日だから、こんなものです・・・」

この時、私は緊張の色が滲み出てたと思います。
ドライバーさんは、普段通りでした。

しばらくは、当たり障りのない会話がありました。
そんな中でも、ドライバーさんは私の表情や言葉遣いから心情を探ろうとしているのがわかりました。

時折、店内を見渡し私の私服を凝視し始め、不安と恥ずかしさを覚えました。
別に手に取って何かをされている訳ではないので、私も素知らぬ顔でやり過ごしました。

そんな時でした。
その日最後のお客さんが来たのです。
一瞬でしたが、ドライバーさんが素早く私の私服に手を伸ばしたところが目に入りました。

私は接近もありますし、そのドライバーさんの存在をお客さんに知られたくなかったので、そちらの方へは目を向けず普段通り接客しました。

気になる方ヘ目を向けたい。。。
まるで時間が止まってしまったと思うぐらい、長く感じました。

お客さんがやっと帰って、ドライバーさんヘ目を向けました。
先ほどと同じ場所で、先ほどと同じようにパイプ椅子に腰掛けて居ました。

1つ違ったことは、私の私服がドライバーさんの近くに移動されていた事です。

その事を問いただしたい。。。
いったい何をしたのか聞きたい。。。

でも、その事に触れる事はできずに、気づかないふりを続ける私が居ました。

そうこうしているうちに、閉店時間を迎えました。

一向に帰る素振りを見せないドライバーさん。。。

張り詰めた中、自分の鼓動が聞こえぐらい緊張していました。

どう話しを切り出せば良いのか。。。
正直、早く帰って!と、言いたかったです。

堂々と居座るドライバーさんに厚かましささえ感じました。

そんな中、私は翌朝納品の時に回収してもらうクリーニング品を袋詰めして準備しました。

これで、あとは着替えるだけというところまできました。
「そろそろ着替えたいんだけど。。。」

私は申し訳なさそうに伝えました。

「そうだよね。。。」
そう言いながら立ち上がったドライバーさんが、私に向かって手招きするんです。

この不可解な行動に、警戒心は増すばかりでしたが、近寄らなければ何も終わらない気がして、従いました。

「実はさぁー!ジュンちゃんの写メが欲しくてさぁー!」
そう言いながらスマホを向けて来るんです。

私「止めてくださいよ!」

「ほんと1枚だけだから!…そうしたら帰るからさぁー!」
誰にも見せないし、待ち受け画面にするだけと説得をされました。

本当にこれで帰ってくれるのなら。。。

そんな気の緩みが出てしまいました。

「ちょっとここに立ってくれないかな?」
ドライバーさんは嬉しそうに、私を店内奥に導きました。

「ジュンちゃんって、可愛いよね!」
スマホを向けながら言われました。

「表情が良いだよね!」「食べたくなっちゃうよ!」

サラリととんでもない事を口にされ、私もそのまま聞き流した形になってしまいました。

1枚と言われたけど、実際は何枚撮られたかわかりません。

でも、これで帰ってくれるのかなと淡い期待をしたのもつかの間、ドライバーさんは撮ったばかりの写メを眺めながら、
「これでセンズリできるよ!」
と、有り得ない言葉を口にしたんです。

この言葉だけは聞き流す事はできませんでした。

「この画像にぶっかけて拡散してもいいんだよ!」

脅迫。。。

まさか、同じ会社の人から受けるなんて。。。

多少は反論もしましたが、私は、ドライバーさんの言葉で追い詰められていました。

「どうする?」

私「。。。」

しばらくドライバーさんは、身体の関係を持つように、私を説得して来ました。

折れない私に、妥協したみたいで
「なら、今日はキスだけでいいからさせてくれ!」
キスできたら今日は本当に帰る!
熱心に説得して来るドライバーさん。。。

なんでこんな提案を受け入れてしまったのか、今考えても理解できません。

ドライバーさんに顎を持たれ、顔全体を上に向けられました。
ドライバーさんの顔が接近して来たら、自然と目を閉じてました。

物凄い勢いで口を吸われ、一向に唇を離そうとしないキス。。。
私の上半身は仰け反っていくばかり。。。

私を逃さないように、しっかりと抱き寄せられ、長い時間が過ぎました。

キスだけなのに、この疲労感。。。

ふらつく足元…支えられるように腕を掴まれ…

私は壁と正対していました。

頭が真っ白になって、暫し思考が停止していました。

はっ!と、我に帰ったのは、ドライバーさんの顔がスカート越しでしたが、私のお尻に埋もれた時でした。

身をくねらせ逃れようとしても、ラグビーのタックルのように、しっかりと腕を回され、その状況から脱出する事はできませんでした。

「堪らねぇーよ!…ジュンコの匂い…」

開放されても、私の立ち位置は店内奥にありました。
ドライバーさんの横をすり抜けなければ、店の外には出られません。

私の匂いに興奮したドライバーさんは、ベルトを外し、ファスナーを降ろしました。

ドライバーさんの下着が見え、前面には濡れシミが見えました。

「ジュンコの匂いで逝っちゃったよ!」

私に見せつけるように下着を降ろすと、陰毛にべったりと精液が着いていました。

「ほんとは、ジュンコの中に思いっきり出したかったのに…」

そう言いながら、ドライバーさんはティッシュで精液を拭き取りました。

あの日、ゴミ箱に捨てられていた時と同じ匂いがしました。

この日は、これ以上の事はなかったのですが、この出来事は誰にも話さなければ、もっと事態が拡大してしまうと思うのです。

でも、今のところ誰にも話せずにいるのです。

来月になれば、またドライバーさんが来る番にもなります。

見の振り方がわからないでいる熟女です。

11 COMMENTS

生松

ジュンコちゃん、何故上司やご主人に相談しないの?
ドライバーは明らかにジュンコちゃんの身体目的なんだから!このままにして置くと取り返しのつかない事になるよ!

返信する
ジュンコ

コメントありがとうございます。
わかっているのですが、その日帰ってから、主人になかなか切り出せなくて今日まで過ぎてしまいました。

時間が経てば経つほど、話づらいですよね…

返信する
子猫

ジュンコさんを、抱きたくて仕方がない。感じですね。私なら抱かれます。

返信する
生松

ジュンコちゃん、勇気を出して相談しないと!
ドライバーはジュンコちゃんが何もアクションを起こさないのをいい事に、行動がエスカレートするよ!
ドライバーと二人きりになる状況を断ち切らないと!

返信する
サイトウシンイチ47歳

ねえ、ジュンコさんはさ、そんなにイヤな思いをしているなら、何で、店長さんや旦那さんに相談しないのかな❗️❓️。それと、そのお店を辞めることなんて、出来無いのかな❗️❓️。【そのドライバーさんって、完全にジュンコさんに対して、セクハラだし、完全にジュンコさんを自分の物にしたいと思っているのかも知れないよね❗️。だから、閉店前に来ているんだよね❗️。】そんなに苦しいなら、絶対に相談したほうが良いと思うよ❗️。

返信する
名無し

逆にこの次、同じことをされたら片手で防ぐ仕草を取
りもう片方の手でスマホで動画を撮りそれを証拠とし
て訴えると脅せば良い、それとなく出口に近い所に誘
導して直ぐにげられような態勢にして、止めなければ
告訴すれば良い今の時期職を失いたくないだろうから
本人にその気がないのであれば是非告訴を。

返信する
匿名

要は嫌だと思いながらもどこかで体を許したいと思っているってことですね

返信する
ジュンコ

このドライバーさんとよく話すようになったのは、今から約3年ほど前です。

そして、私に好意を抱いているのがわかりました。

この年齢になって、そんな男性が身近に現れて嬉しく感じました。

これは私の身勝手なのですが、身体の関係までは望んでないのですが、この人がいつまでも私に好意を持っていて欲しくて、少し隙を見せたりもしてました。

そういう経緯があって現在の状況になってしまいました。

返信する
生松

ジュンコちゃん、何となく気持ちは判らない事はないけど、とにかくドライバーとの接触は断ち切る事!
ドライバーの目的はジュンコちゃんとセックスしたいだけなんだから!
今でも、執拗につきまとわれてる状況で、勤め先やご主人に知れたら、家庭を壊してしまうよ!
一刻も早く行動を起こしてくださいね!

返信する
ジュンコ

こんなに親身になってコメント頂いて感謝しかありません。

この仕事始めて、もう10年になります。
転職まではしたくないのですが、何らかの行動はしなくてはいけないですね。

アドバイスありがとうございました。

返信する
生松

ジュンコちゃん、決して一人で解決しようとしないで下さい!投稿の内容を見るとドライバーはジュンコちゃんに会えなくなったら、ストーカー化する匂いが感じられます(><)
最悪の事態を想定して、ご主人や職場の責任者に、今までの経緯や現在の状況を話して解決させて下さい!
必ずジュンコちゃんの味方になってくれる人がいます!
自分の中で閉じこまらないで下さいね!

返信する

コメントを残す