エッチ体験談 13,000話 突破!!

会社の同僚とエッチした話

大阪ドラゴンズさんから投稿頂いた「会社の同僚とエッチした話」。

新入社員が何人か入社して、○○光って小柄な社員の後輩の教育係となりました。
大人しい感じで、顔も福原愛似で、声も女っぽいけど、既婚者で工場の現場志望だったので、初めは重たい物も持てずに大丈夫かとは思っていたけど、

趣味が同じ釣りって事で、仲良くなって、その内慣れるだろうと思っていました。
後輩はから、最近越して来て良い釣り場が知りたいと言ってきたから、週末堤防釣りに車で行く事になりました。
いつも作業着で来るから工場の近くと思っていたら、ちょっと距離ありました。
ジーパンにベストの釣りルックで来ました。
後輩とは、そんなに話すタイプで無かったので、会話は弾む事無く、釣り場の近くの釣りショップに到着した。
後輩がトイレに行くとコンビニ寄ってから、釣り場の防波堤近くに駐車しました。
後輩は釣りに行きたいと言うだけあって、基本的な釣りで獲物狙っていました。
海風でトイレに行きたくなって、この時期寒いから人も少ないから防波堤で立ちションしました。
後輩もトイレしたいと言うから、防波堤でしたらと言うと、少し離れたテトラポットの陰で座ってトイレ始めました。
男でも恥ずかしがる奴も居るくらいに思っていました。
昼飯はコンビニで買ってきたのを車で食べました。
朝早かったからか、後輩がポーチ抱きしめながら助手席で寝ていました。
良いエサでも入っているくらいに思って、ポーチ開けると、中にはナプキンなど整理用品が入ってました。
見なかった事にとポーチ元に置いて、たまたま胯間触ったら、男性の物の感触が無かった。
気のせいとして、後輩起こし釣りを再開した。
気にはしていたけど釣りは順調でした。
また後輩がトイレに行くとテトラポットの方に行き、座る前にジーパン脱いで、テトラポットに置きました。
時間がかかっていたので、少しずつ近寄って覗き込むと、トランクスも脱いでいて、胯間のところにナプキンを貼っている最中でした。
後輩の胯間にある物が無くて、代わりにパイパンのタテスジから、オシッコが出ていました。
近くでオシッコして驚かせてやろうと、チャックからチンポ出していたままで目撃。
また悪いタイミングで後輩が立ち上がってトランクス履こうとするからよろけて、後輩はオマンコ丸出し、俺もチンポ丸出しで抱き合う態勢で、顔が近くに来ました。
「先輩ダメ」化粧気無いくせに声が色っぽく、思わずキスしてました。
「ウフン、アンッ」
喉で喘ぐものだから、防波堤の床に寝かせ、勃起してきたクリトリスを弄った。
後輩が舌絡ませてキスしてくる様になって、膣中に指入れて弄ると、クチュクチュクチュクチュと音がしてきました。
ジーパンを脱いで、後輩の口にチンポ差し出すと丁寧に舐めてフェラしてくれました。
「して良い?」って聞くと、軽く頷いたので、防波堤で正常位で、びちょびちょの膣穴にチンポを嵌めて、腰を振りました。
「先輩良いの!気持ちいい!」
軽く逝きました。
「先輩もっともっともっと、良い!」
後輩ものってきて、キスしながら正常位でセックスして、よつん這いにさせ、そのまま嵌めて激しく後輩の膣中を攻めました。
「先輩ダメ!気持ちいい!気持ちいい!気持ちいい!逝く逝く逝く逝く!」
気持ち良さから、後輩の膣奥に射精してました。
チンポを抜くとトロリと精液が垂れました。
さすがに寒くなってきたので、釣りは止めて、車に戻りました。
後輩に疑問を聞くと、後輩が旦那でも女、奥さんが男のジェンダー逆夫婦だそうでした。
セックスは普通で、性別逆なだけでした。
性欲が増したのか、後輩からキスしてきたので、キスしながらベストなど脱がすと小ぶりなオッパイとピンク乳首がさらしから出てきたので、オッパイを揉んだり、乳首舐めてから、助手席を倒して、69でお互いの性器舐めあいました。
騎乗位で嵌めてからお互いで腰を振りながら、中出ししていました。
帰るまで何度も何度もセックスしました。
それからは、仕事中に隠れてセックスしました。
数人しか後輩が女と知らない中でエッチしました。

コメントを残す