エッチ体験談 13,000話 突破!!

性なる夜の性女様

晃さんから投稿頂いた「性なる夜の性女様」。

自宅の隣は教会だった
そこの娘は俺よりひとつ年下で幼馴染みという関係だったが俺は好きではなかった

町内の子供会の集まりでお菓子ひとつ食べるのにもイチイチ十字を切る熱心なクリスチャンでウザく思ってた
俺が高校3年の頃、俺はその時仕事先が決まっていて、暇をもて余してブラブラしていたが、世間はクリスマス一色で、リア充どもが闊歩していてイライラしていた

悪友を二人連れて歩いていたらその教会の娘(真奈美)とバッタリ会った
「あら、晃君」
「ちっ、何持ってんだよ」
真奈美は大きな袋に入った箱を持っていた

「クリスマスケーキよ。今日はクリスマスですもの」
「こっちはいいことなくてイライラしてるってのによー」
「頑張っていればきっと神様の思し召しがありますよ」
俺はイライラマックスで友人に目で合図した

友人二人が真奈美の背後にまわりそばの公園内に引きずり込んだ
「なっ、何をするの!?」
「お前さぁ、神様の使いなんだろ?ヤル相手なくて暇してるチンポの相手してくれよ」
俺がズボンからチンポを出すと、目を背けながら、「やめて、そんなことしたら」
「天罰下るってか?」

友人二人が真奈美の服を次々に剥いでいく
「や!見ないで!」
真奈美はかろうじてパンツが残ってるだけでおっぱいも丸出し状態
友人二人が真奈美を抱え上げ足を開いている。俺はチンポをパンツ越しにマンピーにあてがった。生地と一緒に中へとめり込んでいく
「もうやめて許して」
ちょっとだけチンポを離すと、パンツを一気に剥ぎ取った。真奈美のマンピーが露になる

「神の使いのマンピー丸見え!」
「やだやだ!見ないでぇ!」
「おおー、入りそう」
亀頭が半分以上中に入っている
「おっと、このまま処女奪うってのは面白くねぇな」
「な、何?」
俺はマンピーからチンポを離すとケツの穴に一気に貫通させた
「!!!!」
真奈美は口をパクパクさせている

「お前らも聖女様から処女奪う何て事すんなよ」
3人で何回もアナルを犯して、出そうになるとマンピーにチンポをあてがい、直接マンピーにぶっかけた
「知ってるか?ヤらなくても抱き合ってたらズボンとかパンツ越しに精液染みて妊娠したケースあるんだぜ」
真奈美の顔色が変わる。すでに3人で10回マンピーに精液をかけられているからだ
「ぎゃはは、マリア様みたいに処女で妊娠できるなぁ」

「けどこの女本当に処女なんか?」
「おい、どうなんだ真奈美、処女か?」
「もうやだお願い離して」
「処女か答えろよ」
「やー、離してぇ」
「おい、敦司」
「何?」
「人をもっと呼ぼうぜ、質問にも答えるつもりないみたいだしよぉ」
「しょっ!処女です私、処女です!だからもう許してぇ」
素直に答えたので、呼ぶ人間を二人だけにしてやった

口とアナルを散々犯されようやく真奈美は解放された
その後真奈美が妊娠したかどうかは知らないが、誰のところにも警察来ないところをみると真奈美は誰にも言わなかったようだ

3 COMMENTS

サイトウシンイチ47歳

最低な連中だな❗️。本当にものすごく最低な男達だな❗️。何故、彼女は、レイプ事件を警察に通報しなかったのかな❗️❓️。こう言う連中は、死刑になったほうが、世の中が平和になるんだよ❗️。

返信する
市原

俺はクリスチャンより巫女さんを犯したいなあ~賽銭箱の上に座らせてマンコにホース突っ込んで水を注入させてマンコから水が逆流して噴水みたいになってるのを笑いながらチンコを突っ込んで中出し

返信する

コメントを残す