エッチ体験談 13,000話 突破!!

プサン(釜山)にあるロシア人売春街で藤田ニ○ル風の○8歳の美少女に膣内射精!

アウトドア派さんから投稿頂いた「プサン(釜山)にあるロシア人売春街で藤○ニコル風の○8歳の美少女に膣内射精!」。

【自己紹介・・・九州のソープランドで高校卒業直後の○8歳の日本人の美少女を相手に膣内射精を楽しませてもらうことが大好きなサラリーマン】

2021年3月までの数年間を某株式会社の九州支店で働き、同年4月に東京へ戻ったサラリーマンです。

九州滞在中の私は、大分や熊本や佐賀や福岡のソープランドで働いている高校卒業直後の○8~○9歳の日本人美少女を相手に中出しSEXさせてもらうことが大好きでした。

【プサン(釜山:韓国南東部の港湾都市)のロシアの美少女を集めた売春宿で藤○ニコル風の○8歳の美少女に膣内射精!】

そんな私も、実は、日本人の美少女に飽きて浮気をしたこともありました。日本から見ると、韓国の主要都市の中で最も近い位置にあるプサン市(釜山市:韓国南東部にある港湾都市)へ高速フェリーを使って出掛けた際、藤○ニコルちゃん風の○8歳のロシア人の美少女売春婦が、私に膣内射精すなわち中出しSEXを楽しませてくれました!

まさかプサン市で韓国人の美少女のみならずロシア人の美少女を相手に中出しSEXを楽しめるなどとは、私は事前には想定しておりませんでしたので、非常に大きな満足感を得ることのできる旅となりました。

プサン市に到着した後に知ったことですが、プサン市の売春宿には、主力となる韓国人売春婦の集まるゾーンと別に、ロシア人売春婦の集まるゾーンとベトナム人売春婦の集まるゾーンもあって、彼女たちが男性客を誘っていました。

恥ずかしいことに、私は、プサン市に到着した1時間後には、○8歳の透き通るほど白い肌の藤田二コルちゃん風のロシア人の美少女を相手に膣内射精を終えてしまっていました。

ロシア人の売春婦が集まる地区に行くと、乳頭や陰毛が透けて見えそうな薄い生地の服を着た華奢な美少女たちが、自分自身のスタイルの良さや肌の白さや年齢の低さやコンドームを装着しない中出しSEX可能であることなどを私たち男性客に競い合うかのようにアピールしていました。

私は自らを『ニコル(仮名)』ちゃんと名乗る華奢な美少女に目を奪われました。ロシア代表のフィギュアスケーターみたいに肉体を鍛え上げた絶世の美女というよりは、ハーフタレントの藤田二コルちゃん風のスレンダーなかわいい少女でした。

彼女は子供のような容姿であったにもかかわらず、過激な言葉を用いて、英語と日本語と韓国語を交えて私たちを誘います。

『私は○8歳です!』

『私はロシアのウラジオストク(ロシア南東部にある日本海に面する港湾都市)から来ました!』

『私はウラジオストクにいた頃から売春をやってきました。』

『私はSEXが大好きです!』

『I like interracial sex ! (私は異人種間SEXが好きです!)』

『Cum inside OK!(膣内射精もOKです!)』

『オッパ!アネダ・サジョン!(私の中に出して!)』

もちろん、私はニコルちゃんを指名しました。

私は一日のうちに、ロシア人とも、ベトナム人とも、韓国人とも中出しSEXする気になっていましたので、制限時間30分の条件で総額10万ウォン(1万円)を支払いました。

部屋でシャワーを浴びる時から、彼女はカタコトながらも私と日本語で会話してくれました。ニコルちゃんはウラジオストクで売春婦だった時代から、日本人の船員や漁師や旅行者を相手にSEXする中で、日本語を覚えたようです。

ディープ・キスを楽しませてくれた後には、ベッドの上に僕を腰掛けさせて、シャワーで軽く洗ったばかりの私の汚いペニスにフェラチオしてくれました。

私が『もうすぐ射精しちゃいそうだよ!』と伝えると、ニコルちゃんは、コンドームを装着しないで、垂直に立つ僕のペニスに自らのヴァギナを下してきて、対面座位の態勢に持ち込んでくれました。

そんなわけで、ニコルちゃんのヴァギナは、肉壁の温かみも、濡れ具合も、締まり具合も最高でした。

私は、いわゆる駅弁ファックの体位に持ち込むために、ニコルちゃんのヴァギナに私のペニスを突き刺したまま、スクワットの形式で立ち上がりました。そしてニコルちゃんの尻を鷲掴みにしながら、部屋から出て売春宿の裏庭に向かい、アウトドアSEXを楽しむことにします。

ロシア人のニコルちゃんは、私が事前の予告なく部屋を出て、廊下を歩き始めた時からは半狂乱状態になったらしく、英語と日本語を交えながら、

『Shaccho-san ! Best Penis ! (シャッチョさん!最高のペニスです!)』

『Let’s make mixed-blood child ! (一緒に混血児をつくりましょう!)』

と言ってくれたので、僕は大興奮しました。

しばらく彼女を持ち上げて駅弁ファックを楽しみながら廊下を歩いた後、裏庭に出ると、蝉の鳴き声に囲まれながら、ロシア人の美少女売春婦たちのヴァギナに、韓国人男性客のペニスが突き刺さっている素晴らしい光景を、同時に何件も目の当たりにできました。

私のペニスを挿し込まれているニコルちゃんも、他のロシアの美少女売春婦たちも、異口同音に、英語で『Cum inside OK!(膣内射精OK!)』『Let’s make mixed-blood child ! (一緒に混血児をつくりたい!)』、韓国語で『アネダ・サジョン!(中に出して!)』『イムシン・シギョ!(子供を妊娠させて欲しい!)』などと大声で叫び、膣内射精と赤ちゃんづくりをリクエストしていました。

見知らぬ街で二度と遭遇することのない異国の美少女から膣内射精や赤ちゃんづくりをリクエストされたら、それが本心から発せられた言葉ではないとはわかってはいても、妊娠や中絶のリスクを自分自身は背負うことなく無責任に膣内射精を楽しむことを許可してもらっているわけですから、男ならば誰だって興奮しますよ。

ふさふさした芝生の上に、私は彼女の背中を着地させて正常位の態勢に持ち込み、狂ったように腰を振り、私のペニスを彼女のヴァギナの肉壁に擦り付けました。

その時、偶然にも小雨が降り始めたため、売春宿の裏庭には、韓国の土の香り、ロシア人の売春婦たちの化粧品の香り、肝心男性客の精液の臭い、ニコルちゃんの体臭などが入り混じったカオス状態になっていました。

彼女が何度も、英語と日本語と韓国語を交えながら、

『Shaccho-san ! Best Penis ! (シャッチョさん!最高のペニスです!)』

『Cum inside OK!(膣内射精OK!)』

『Let’s make mixed-blood child ! (混血児をつくりたい!)』

『アネダ・サジョン!(中に出して!)』

『ホニョラ・イムシン・シギョ!(混血児を妊娠させて!)』

などと大声で叫び、最後にカタコトの日本語で、

『お願い!中に出して!』

と言ってくれたので、私は、いったんは韓国風に

『カムサハムニダ!(ありがとう!)』

『チェソンハムニダ!(ごめんなさい!)』

『ホニョラ・センギョッタ!(混血児ができちゃう!)』

と絶叫した後に、最後は日本人らしく、

『ニコルちゃん!ニコルちゃん!ニコルちゃん!出る!出る!出る!あっ・・・ごめん!中に出しちゃった!』

などと絶叫しながら、藤田ニコルちゃん風の○8歳のロシア人の美少女売春婦を相手に膣内射精を楽しませてもらいました。

コメントを残す