エッチ体験談 13,000話 突破!!

切り裂き

美羽さんから投稿頂いた「切り裂き」。

私は大学生の時、映像研究会ってサークルに入ってました
映画やドラマに見立てたちょっとしたワンシーンを撮ったりするのが日課で女性役の出演はほとんど私が引き受けていました

もう一人女の子はいましたけど、本人はキレイなのに大道具を作るのが大好きらしく女性役が複数必要な時以外は出演を断ってました
そんなある日、演出担当の原口先輩がネットで流れてる、居眠り女性の服を切り裂くってAVを観ながら、こういうのも手広くやってみたいなと言い出しました
「美羽ちゃん、やってみない?」
「えー?やですよ恥ずかしい」
「ちゃんと撮った映像に顔モザイク入れるし、性行為はないからどうかな?」
「だって、本番なくてもみんなに裸見られるんでしょ、そんなの恥ずかしいですって」
と途中で思い付いて言葉をきって、「あの、勝川先輩にそのまま抱かれるんならやってもいいです」
勝川先輩はクールなマスクのイケメンで入試を主席で合格した将来のエリート候補。私も彼が好きだった。勝川先輩も同じサークルに入っているのだ
「そのまま抱かれるって、切り裂いた後、レイププレイに持ってくってこと?」
「はい、他の人は私を押さえつける役で、結局やっちゃうのは勝川先輩だけって感じなら」
話はそれで決まった
撮影場所は前述の大道具を作る女の子の幼馴染みが大内って同じサークルのメンバーで大内君の家が大きな庭付きの一軒家でそこの庭を公園に見立てて撮影開始
私はサークルで用意した衣装(下着も)を纏いカバンを枕に芝生でごろ寝
そこに二人の男がやってきて眠り込んでる私のスカートをめくったりを始めた
勝川先輩が下から縦にハサミを入れていく(衣装はワンピース)
切り口から下着が見える
もう一人が左右に衣装をめくって完全に下着露出
二人が私のアソコとか胸とかを下着の上からいじくり回す
そしてブラにハサミも入れられついにおっぱいも
乳首をいじられ舐めてきた
うわー、舐めるのは勝川先輩にしてほしかったなぁ
少しの間下着の上からアソコと乳首をいじられ、とうとうパンツにもハサミが入れられた
むき出しになる私のアソコ
下の毛をかき分けアソコを直接いじくり回す
そこで私が目を覚ます
「きゃっ!なにして……」
勝川先輩じゃない方(佐東君)が後ろから私の口を塞ぐ
勝川先輩が私を押し倒して、私の足を広げた
勝川先輩が勃起したチンコを出して私のアソコにあてがった
ああ、いよいよ勝川先輩に犯されるんだ
私は内心ウキウキ
勝川先輩が私を貫いてきてピストンしてきた
初めては高校時代の時付き合ってたクラスメートで勝川先輩は二人目だった。凄く気持ち良くって私はとろけていた
勝川先輩はイキそうになるとチンコを引き抜き、私の口に突っ込んで口の中に出してきた
私は大好きな勝川先輩の味を堪能しながら飲み込んだ
そして二人は私を放置して逃げた所で撮影終了
逃げた二人が戻ってきて私は露出させてる体を隠そうとしてたら、佐東君が、「あの美羽ちゃん、お願い一回だけやらせて」
と言ってきた
見ると佐東君の股間がテントを張っている
あまりにも必死で頼み込んで来るので私は困ったように勝川先輩を見ながら、「ええ、どうしよう?勝川先輩」
「いや、俺に聞かれても。付き合ってる訳じゃないし」
半分勝川先輩とお付き合いしてる気分になってた私はショック
半ばやけになって、つい言ってしまった
「わかった。けど全員ゴムをちゃんと着けて一回キリだから」
頼み込んだ佐東君以外もみんなやっていいと宣言した形になってみんな驚いて、私は勝川先輩を除く5人に交代でエッチしました
ちなみにそれから後で、勝川先輩は本命の彼女が妊娠したらしく在学中に籍だけ入れました

1 COMMENT

ゆらゆら

半ば、ヤケになって5人の相手って凄いね。

私は一度に5人連続のお相手経験はないよ。

お身体を労わって下さいね。

返信する

コメントを残す