エッチ体験談 13,000話 突破!!

レ○パレス21の一階の部屋で窓を少し開けてしていたら

レオパレス21の一階の部屋で窓を少し開けてしていたら

エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「レ○パレス21の一階の部屋で窓を少し開けてしていたら」。

単身赴任時代、レ○パレス21の一階に住んでいた。
地元の人妻と太陽が真上に昇る真昼から、我が部屋で絡み合っていた。
当時俺は53歳、人妻は47歳

ちょっと窓を開けていれば丁度良い気温の中、まさに私が上に覆い被さり激しく腰を振って、人妻を激しく突いてる。
人妻がいつもの様に大きな喘ぎ声を出したので、窓が少し空いてることを話すと、人妻は焦って口を片手で覆った。
私はそれを見てると、異常な興奮を感じ、私の愚息は、彼女の中でより一層膨張してきた。

腰で突くペースも明らかに早くなってきた。
人妻は苦しそうに眉にシワを寄せながら、目はつむり、口を必死に押さえる。
すると、外から声が?
窓の外は駐車場だが、直ぐ隣が小さな公園。
そこにどうやら小学校高学年の女の子2人が遊んでる様子。
私は女の子たちの声を聞いて、更に興奮してきた。

もしもこの女の子達が、人妻の喘ぎ声を聞いたらどうなるのかな?と想像したら、更に愚息は膨張し、過去には有り得ない程の興奮、そして大きさと固さになっていた。
ひたすら突く突く。
人妻は遂に大きな嗚咽を吐きながら、痙攣を起こし、果てて逝った。
私はまだ逝っては無いので、ゆっくりと人妻のヌルヌルの中をローリングして楽しんでる。
人妻の身体は、私が動きを止めても30秒起きに痙攣が襲って来ている。

もうそれを10回は繰り返している。
人妻は自分で自分の身体がコントロール出来なくて、苦しくも快感の波が止まらず、涙も溢れ出ている。
ふと外を観ると、女の子達が駐車場に来て遊んでるではないか。
窓からの距離は2m程しかない。
女の子達の会話がハッキリ聞き取れる。
もしこの状態で、私が一気に腰を動かしたら、間違いなく人妻は絶叫するであろう。
私は人妻に「俺たちの声を外の女の子達に聞かせようか?」と意地悪く耳元で言ってみた。
人妻はビックリした顔をして無言で首を横に激しく振った。

私が愚息をチョンと膣の中に突くと、人妻の身体は大きくのけ反り弓の様な形になり、口は手でしっかりと押さえてた。
人妻が必死に声を我慢する姿が堪らなく興奮を誘ってる。
私は人妻の手を口から無理やり離し、両手を広げ人妻の手首をロックする。
そして、ゆっくりと腰をローリングする。
人妻は必死に口を閉ざすが、堪らず時折嗚咽を漏らす。
この嗚咽がイヤらしい声となる。
外の女の子が「あれ?ナンか変な声する~」
遂に女の子達に気付かれた、と言うよりも気付かした。
私の腰の振りがダンダンと早くなる。
人妻の声も徐々にタガネが緩むように「ん、んん」から「あーー、あーー」に変わる。
私はわざとらしく「あ~気持ちいい~、ヤバイよ~」と外の女の子達に聞こえるように窓に向かって言う。
窓はレースのカーテンが風で揺れている。
こちらからは外の女の子達がゆっくりと窓に近づいて来るのが解るか。
外の女の子達からは恐らく中は見えまい。
我々の絡んだ身体は激しく布団の上でぶつかり合う。
私は人妻の両足首を持ち上げ、結合部分を女の子達にも見えるようにしながら、「パン!パン!パン!」と腰をぐちゃぐちゃに成ってるホールに突き刺してる。
窓を横目で観ると、遂に女の子の顔の部分が窓の下に来てるのが解った。
私はラストスパートに入る。
いたもよりもホントに気持ちよく、出そうに成ると大きな声で「あ~でるでるでるでる!」
人妻も「イクイクイクイク」
人妻の中に果てます。
私が窓に向かってフフと笑うと女の子達は、走って逃げて行きました。

3 COMMENTS

匿名

セフレの人妻って
卑猥な露出具せが有るよ
不倫しているのを自慢したい
見せびらかしたいらしいよ
見られて興奮するらしいよ
恥ずかしい位がちょうど良いよ
つまりセックスしているのを
自慢したいらしいよ

返信する
匿名

淫乱な人妻は
生ハメで生中出しで
セックスをして
マンコの中に不倫相手の
精液をたっぷり入れて
湿った下着を履いて
性欲を満たして
何食わぬ顔で家に帰る

返信する

コメントを残す