エッチ体験談 13,000話 突破!!

コクられたロリ顔JKとの一年間

ライオンさんから投稿頂いた「コクられたロリ顔JKとの一年間」。

僕が高3の時、男子校だったけどたむろしてる喫茶店には友人の彼女やその友達が来ていて、彼女には困らない状況でした。
友人の彼女の友達でよく来ていた可愛い子が僕と付き合いたいというので、喜んで付き合い始めました。

経験済みの子ですぐに身体の関係に。
可愛くスタイルも良く胸も大き目で夢中でしたが、ある時よく来てた女子高ののんちゃんが「あのひと二股かけてますよ」と教えてくれました。
友人に頼んで調べると果たしてそれは本当で、別れを告げると僕が本命と泣いて謝られたけど、突き放しました。

しばらく落ち込んでましたが、のんちゃんが慰めてくれてました。
のんちゃんは一つ下、背が小さくて細くウェーブがかかった茶色い髪、顔はロリでモテてましたが彼氏は作っていませんでした。
ある日店から出てのんちゃんを送って歩いてると、
「ずっと好きでした、付き合ってくれませんか?」とストレートな告白をされ
「私は一途ですから・・・」と言いました。
うれしくて本当に?と何度も聞き返しました。
その週末、のんちゃんに誘われたのがのんちゃんの姉のアパートでした。

横にくっついて座ったのんちゃんは
「彼女になれてうれしい」と言い抱きしめてきたのです。
「キスしていいの?」と聞くと頷きます。
「私のファーストキスですよ・・・」
そう言われうれしくて目いっぱい優しくキスしました。
すぐに舌を絡めあうキスになり長い時間キスしていました。
小さい胸を触り始めると、キスしながらピクピクと感じています。
服の下から直接触り始めても嫌がらず、乳首を触り始めると敏感で息が荒くなってきます。
「止まらなくなっちゃうよ」と言うと
「ずっとこうなりたかったから」と可愛いロリ顔で言われ
服を脱がしていき、目いっぱい優しくじっくりと愛撫していきました。
Bカップギリギリくらいの小さなふくらみの先は小さなピンクの乳首。
肌は透けるように白く、胸を舐めたり吸ったりするとアンアン声を出します。
パンツの中は盛り上がった土手にごくわずかの陰毛が生えてるだけの、見た目通りのロリマンです。筋が入った割れ目の中はもう凄く濡れてました。
夢中で触り舐めました。
後から聞いたら、オナニーでイクのは知っていて舐められた時イッたそうです。
「私もしてあげたい」とフェラもしてくれました。
幼いフェラでしたが、可愛いロリ顔でされる視覚的な気持ち良さでした。
こんな小さいところに入るかな!?凄く痛がったら止めようとおもうほどのアソコ。
でも無事に入りました。痛いけど大丈夫だから・・凄くうれしいから最後までしてと健気に言われました。
並サイズの僕のでも奥に届く小さいアソコでした。
冷静に優しく動いてたので、ちょい遅漏気味なので結構長い時間動いてたら最後の方は気持ちいいと言ってくれました。
無事お腹に出しました。

それからはお姉さんがいないときはその部屋でエッチばかりしてました。
のんちゃんの身体はすぐにエッチになって行きました。
僕が望む事は全てさせてくれました。
69もお尻を舐めるのもあらゆる体位も全てのんちゃんとしました。
四度目でのんちゃんは中イキを覚えてから、ますますエッチになっていきました。
フェラが好きになり、今までフェラで入ったことないと言う僕をフェラでいかせようとして、何度目かでとうとうフェラで出した時は凄くうれしそうでした。
全て生でしてましたが、今日は大丈夫だからと中出しをせがまれ出した時も嬉しそうでした。お掃除フェラも喜んでしてくれました。
フェラは部屋の時だけでなく、帰り道の人気のないところでもドキドキするねと言いながらしてくれます。
公園やビルの非常階段でフェラされて我慢できずに入れたいと言うと、いいよとさせてくれます。ノンちゃんもフェラで染みが出来るほど濡れてましたし、ドキドキして興奮するというので相性は抜群でした。
受験勉強で会う回数が減り、大学は都会で遠距離になり自然と熱が冷めお別れしました。10年後くらいに地元のショッピングモールで子供の手を引き旦那と歩くのんちゃんとすれ違いました。
こちらも奥さんと二人でした。
すれ違いざまにこっそりニコッと笑いあいました。
やっぱりロリ顔の可愛いままののんちゃんでした。

コメントを残す