エッチ体験談 13,000話 突破!!

17年ぶりに見かけた元カノとのセックスを思い出して

未練男さんから投稿頂いた「17年ぶりに見かけた元カノとのセックスを思い出して」。

駅ビルで17年前にフラれた2歳年下の元カノを見かけた。
元カノ、41歳だというのに一目で分かった。
「やっぱり、一緒にいたいのは、あなたじゃないと思う。ごめんね…」

元カノの最後の言葉。
その後、俺が元カノと別れたことを知って、猛アタックしてきた嫁と交際、スキスキ光線浴びまくって悪い気はしなかった。
ロリ顔で幼児体形、ブルセラコスプレされて、そのあまりのロリぶりに夢中にさせられて、15年前、俺28歳、嫁24歳で結婚した。

17年ぶりに元カノを見たら、嫁には悪いが、やっぱりまだ好きな気持ちが残ってた。
セクシー美人の元カノは、幼児体形の嫁と違って、メリハリのあるいい身体してたっけ…
思い出す、あのエロいセックス、Dカップの乳房が揉み応えあった。
オマンコは前の男がしっかり開発済みで、中でめっちゃ感じるスケベオマンコだった。
フェラはイヤらしい音を出して、舌使いが上手だった。
小池栄子を少し優しくした感じの美形で、生理の時にしてくれた手コキは焦らしの入った高等テクニックだった。
テーブルに突っ伏させて、立ちバックで突きながらDカップを揉んでいたら、本気汁が内股を伝って床に垂れるくらい濡れやすかった。
色々と思い出してしまったよ…

俺は元カノとずっと一緒に居たかったよ。
結婚して、子供作って、家族でお出かけして、ファミレスで食事して…
出張先からラインして、お土産何がいい?なんて他愛もない話したり…
そんな日常を、元カノと一緒に過ごしてきたかった。
まあ、でも元カノは一緒にいる相手が俺じゃなかったからフッたわけだしね…

嫁からの愛情は凄く感じる。
四十路になった俺を一途に愛してくれるし、身体を求めるととても嬉しそうに応じてくれる。
やっぱり、俺には嫁しかないんだなと、つくづく思いながら、エレベーターで昇っていく元カノを見送ったよ。
元気でなって呟いて…

1 COMMENT

コメントを残す