エッチ体験談 12,000話 突破!!

妻がモデルの38年前の裏本

世曽郎さんから投稿頂いた「妻がモデルの38年前の裏本」。

結婚して30年になる妻は5歳年上で、還暦も見えてきました。
妻は元々父の愛人で、それ以前は裏本のモデルをしていました。

先日の土曜日、物置を整理していたら、38年前に出版された妻が出ている裏本が出てきました。
妻は裏本に数作品出ていましたが、第一子妊娠した時にすべて処分したつもりでしたが、一冊だけ残っていました。
ちょっと基盤でシミが付いた表紙をめくると、中はそれほど傷んでおらず、若かりし妻の痴態が目に飛び込んできました。

撮影時の妻は、既に成人していたはずですが、本物の女子高生より女子高生っぽいです。
あどけない笑顔がとても可愛いです。
紺色のオーソドックスなセーラー服のスカートをまくり上げると、透けたパンティを穿いているのがちょっと残念です。
脱がされていくと、女子高生にしては成熟したオマンコですが、陰毛も薄くて綺麗です。
身体は華奢で幼児体型、まるで女子中学生のようです。
小ぶりな乳房を揉まれ、バイブを挿入されると、あどけない顔が歪みます。

その後、騎乗位で生セックスが開始されます。
可愛くてあどけない顔なのに、虚ろな表情が色っぽいのは本気で感じているからでしょう。
その後後背位、立ちハメ、立ちバック、正常位と、結合部丸出しでやりまくっています。
カリにビラビラが絡みつく結合部は、やっぱり女子高生ではありませんが、顔と身体は完全にッ未成年です。
セーラー服が女子高生っぽいですが、もっと幼い公立の女子中学生っぽいのを着せたら、更に良かったのではないかと思えます。
特に正常位で抉られている様子は、年端も行かない少女が犯されているようでそそります。
ラストは、後背位で突かれて、お尻に射精されます。

妻は、裏本モデルから父に見受けされ、愛人となりました。
当時高校生だった私は、父の行きつけの料亭の女性で女を知り、料亭のお姐さん達のお相手をしていました。
学ランのままお姉さんたちに下半身を弄ばれ、女体を知っていきました。
私が妻と初めて会ったのは、大学一年の時でした。
父の書斎に呼ばれ、妻の裏本を見せられ、父と妻のセックスをビデオ撮影させられました。
まるで女子高生を犯しているようでしたが、その時妻は既に24歳でした。
私は、30代40代の女性しか知りませんでしたから、可愛い顔したあどけない女の子が、父の赤黒いペニスで感じる姿にかなりショックを受けました。
父が果てた後、妻のリクエストで私ともセックスをしました。
妻は、私のペニスがとても気に入ったみたいで、
「まだイカないで、まだ、ああ、ああ、すごい~~」
とご満悦でしたが、私の方も、それまでお手合わせしたどの女性より妻のオマンコが気持ち良かったのです。

その後私は、大学時代に数人の女子大生とお付き合いして、処女喪失も経験しました。
それでも、妻のオマンコほど気持ちいい女性には出会えませんでした。
大学を卒業してすぐ、父が他界、動揺する私を支えてくれたのが妻で、そのまま一緒に暮らし、父の一周忌に婚姻届けを出しました。
5歳年上の妻ですが、一度も年上に見られたことはありません。
妻は子供を二人産んで、育て上げました。

妻は30代でもあどけない顔をしていて、ヤンママと間違えられていました。
40代でも幼顔で、見た目では年齢不詳でした。
40代の頃の妻は、一気に淫乱開花して、私は毎晩妻のお相手をしていました。
妻は狂ったように私のペニスを求め、セックス中毒状態でした。
50代になって閉経したらやや衰えたのか週4回くらいになり、還暦も近づいた現在は、週2回程度に落ち着きました。

「ヤダッ!それどこにあったの?」
私が物置で妻の裏本を見ていたら、妻がやってきて叫びました。
私は、妻と二人で妻の裏本を破って、シュレッダーに一枚一枚かけて、遠い昔の思い出に浸りました。
そして、自分の裏本を見て発情した妻に股間をさすられ、真昼間からいたしてしまいました。

1 COMMENT

匿名

昔、短大志願という裏本を持ってましたが、内容が酷似してます。
まさかですよね?

返信する

コメントを残す