エッチ体験談 13,000話 突破!!

取引

大和さんから投稿頂いた「取引」。

俺はその頃大学生で、妹の鈴奈は高校2年だった
鈴奈は至って真面目で大人しく、その日も遊びに出掛けていたと言うわけでなく友達の家で友達と一緒に宿題をしていた

季節は冬だったこともあり、6時で辺りは真っ暗
帰り道に小さな公園を通った所でいきなり茂みに引きずり込まれた
犯人は帽子を深くかぶり、マスクをして顔も全くわからない男だった
妹の鈴奈は未経験なのにスカートの一部を破かれ、下着も無惨な状態にされその場で犯された
犯人は避妊とかするわけもなくそのまま妹の中にぶちまけた
2回程中に出され、犯人は逃走。引きずられた時に足を捻り、股間の痛みに耐えながら死に物狂いで妹は帰宅
家族には見つからないようにそのまま部屋に逃げ込んだ
妹は誰にも話さなかった
鈴奈の懸念は中出しされたこと
2ヶ月経ってから自分が検査キットを使い、妊娠してることを自覚した
どうしようと1ヶ月悩み続け、鈴奈が選んだ道は俺に相談することだった
俺に鈴奈は3ヶ月前にどんな目に遭い、親には知られずに処理したいけどそんなお金などない、どうしようと俺に話を振ってきた
俺は鈴奈に費用を全額出してやると言った
本当に!?と3ヶ月前からずっと暗い顔をしていた鈴奈が久しぶりに笑顔を見せた
ただしと条件を提示した
明日から2週間の間、1日2時間、服を全部脱ぎ、全裸を見せて楽しませてくれるなら2週間後にお金を渡そう
俺の出した条件に鈴奈は青ざめた
涙がこぼしながらも従うしかないと鈴奈は首を縦に振った
翌日、そして次の日、俺は鈴奈のストリップを楽しんだ
手を出すのはルール違反なので手は出さなかったが、チンポは出して妹の裸で抜いた
初日は嫌な顔をしていたが2日目は事務的に脱ぎ、能面のように感情を押し殺してただ時間が過ぎるのを過ごした
そして3日目に俺は計画を発動
部屋で妹が脱ぎ出した時にぞろぞろと俺の友達が4人入ってきた
出してたおっぱいを「ひゃっ!」とビックリして隠す鈴奈
「はい、続けて続けて」
と俺がストリップを促す
「え!?でも」
「見るのは俺ひとりとは言ってないだろ?」
「そんな」
鈴奈の目から涙が一粒こぼれたが、改めて服を脱ぎ出した
全裸になり、座り込んで足をM字に開いて全部見せつけた
俺を含む5人が至近距離まで覗き込みながら全員チンポをしごき出したので、さすがに妹が音を上げた
「もうやだ!もうやめて!」
「やめてと言われてもなぁ、約束まで1週間半くらい残ってるし」
「何してもいいから今日1日で終わらせて!お願い!」
その言葉を引き出すのが俺の目的だったのだ
「聞いたか?何してもいいってよ」
俺はさっそく妹を押し倒して即、チンポをまんこに押し込んだ
処女まんとほとんど変わらないキツキツまんこにすぐに俺は果てた。すでに妊娠してる妹に遠慮はなかった。中に出す
交代で友達が次々と妹を犯していく
5人で10数回は犯した
意識を失っている妹の横に15万置いて俺達は妹の部屋から出た
俺は友達4人から2万ずつ徴収したので俺の負担額は7万だ
妹は2日後の月曜に病院へと行った
ちなみに妹をレイプした犯人が俺なのは妹には内緒

4 COMMENTS

匿名

お前には罪悪感はないようだな。妹には、一生忘れえない経験だろう。
兄弟で、妹にそんな思いをさせるお前は、人間以下、鬼畜だな。
これはフィクションであると思うが。

返信する

コメントを残す