エッチ体験談 12,000話 突破!!

海外旅行から帰国して

海外旅行から帰国して

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

hiro43さんから投稿頂いた「海外旅行から帰国して」。

毎年の恒例で1月末から2月の上旬をプーケットで過ごして帰国しました。色気とは全く縁がない10日間でしたので、久しぶりの彼女とのデートは待ち遠しいものであり、お土産を渡す用意もしていたので帰国して早々に会うことになりました。

 何時もの待ち合わせ場所で落ちあい、私の車へ乗り移ってから即ホテルへ向かいます。恋する二人にとって二人きりになれる良い場所は他にはありません。

 お土産の小物入れのバッグやチョコレート、ドライフルーツ等を渡し、旅行先の話などしながら20分ほどでホテルへ到着します。エレベータのドアが閉まると早速きつく抱きしめてキスを交わしながら下半身を擦りつけあって刺激しあうのが毎回の恒例になっています。お互い暫く振りですので大変興奮する瞬間です。私の下半身も久しぶりの勃起を始めます(^^♪。

 旅行中は全くエロチックなことを忘れたバカンスを過ごしていましたので、チンチンも久振りの活躍を期待しているかのようですので、部屋へ入ると同時にルームサービスのランチを注文してから直ぐに服を脱がせあってベッドへ倒れ込みました。
 彼女は何時も下半身の毛を綺麗に手入れしているのですが丁度エステへ行く前の状態で、すこし伸びかかっていたので隠すような素振りをしましたが、かまわず口を寄せてキスをしました。

2週間ごとにエステサロンで脱毛をしているので、伸びていると言っても僅かなことで、産毛のように細い毛が5ミリぐらいでまばらに生えてきている状態でした。柔らかくて、ぷにゅぷにゅとした大陰唇に隠れたようになっているクリトリスを探り出して吸い込みながら舌先で嘗め回すと、身をよじって快感を表現します。小さめですが、敏感なことは大きくても小さくても変わらないようです。

小さい範囲に形よくトリミングされている陰毛の部分を手で押し上げるようにしてクリを露出させ、舌で包み込んで刺激をすると最も効果的です。 更に指も入れてGスポットの辺りをこね回すとお腹の筋肉を震わせながら「もう いく~っ」と叫んで腰を跳ね上げて痙攣するように登りつめてしまいました。

すぐさま横抱きにしてきつく抱きしめながらチンチンを押し込みます。彼女が前つきなので向かい合ったままの横抱きでもスムーズに嵌り込んで行きます。最初に嵌り込んで行く時は男女共に最高の快感に襲われて思わず「気持ちがいいよ~」と呻くように囁き合いながら幸せ気分を満喫しました。きつく抱きしめあったままで腰だけを前後して激しく出し入れを続けましたが、彼女が耳元で大声を出すので嬉しいやら耳が痛くなるやら大変です(^^♪。

 起き上がって正常位へ移り、唐竹割り(伸張位)、しがらみ等の
(添付写真参照)で男が上の形で体重を支えながら腰の上下運動と
前後への擦りつけ運動をするのですが、彼女は前後への擦りつけ運動
が好きなようです。
足の爪先で体を前後へ漕ぐ様にして恥骨上へ全体重を預けるような
動き方を暫く続けると、上側の男性は腕で体重を支えている所為も
あり大変疲れます。彼女が2度ほどもクライマックスへ達したので、
後側位へ移ってお尻側から挿入して楽な形になったところでピンポ
ーンと合図があり、ルームサービスのランチが届きました。
 離れたくない気持ちが強く、2人で後ろから挿入したまま外れない
ようにベッドから起き上がり、入れたままで食事を取りに移動し、
離れないように注意しながらソファーへ腰を下ろしました。
そのまま後座位で暫く腰へ手を当てて前後へ動かし続けると、ここ
でも登りつめてしまいましたので、ようやく体を離して食事に取り
掛かりました。
 ここまでが、ホテルへ入って40分と言うところでしょう。
少しでも長く体の中へ取り込んでおきたいという彼女の希望と、長
く続けたいという私の気持ちが合っているのがとても素晴らしいこ
とです。どちらかの気持ちがすれ違っていたらとても辛いことにな
り、「何時も欲しがる淫乱な熟女」になってしまったり、「何時ま
でもぐずぐずと女体に纏わり付く嫌らしい爺い」に成り果ててしま
うところです。

 食事を簡単に済ませてすぐさまベッドへ戻り再開します。横抱き
にしてキッスを繰り返して居るうちに勃起が回復したので、こぼれ
松葉の形で挿入し少しずつ奥のほうへ押し込んで一番奥まで入った
ところでグラインドを始め、大きく出し入れしたり、左右を入れ替
わったり、男性だけが起き上がった形の燕返しなどで何度も彼女が
登りつめ、性の喜びを交換しました。
 騎乗位に引っ張り上げて彼女の腰を前後に揺するように誘導する
と直ぐに又登りつめてしまうので、高みの7-8分目で長く楽しむよ
うにと伝えるのですが、どうしても止まらずに逝きつめてしまいます。
余りにも何度も逝きっぱなし状態になっては彼女が疲れ切ってしまうと
心配して動作を緩めると「続けて~ 止めないでっ!」と怒ります(^^♪。
この我侭さというか無邪気さというべきでしょうか、とても可愛らしく
感じています。 騎乗位も前向きと後ろ向きでの形とを両方行いますが、
どちらも膣の奥の方を強く刺激するので大変好みます。男性側に取って
は楽な態位である上に、比較的刺激が分散される所為か長く続けても余
り兆して来ないのがこの形の良いところだと思います。
 以後も色々な形でセックスの喜びを交換しながら、ずっと入れっぱな
しで出し入れの運動を続けます。同じ形で単調に動き続けると早めに射
精感がこみ上げて来やすいので、7-8分程度で形を変えることで気持
ちを逸らせる効果があり、長く続けることが出来ます。
 後側位でGスポットの辺りを刺激するように連続運動をすると大きく
感じてきて、「あ~ 気持ちがいい~~ 逝きそうっ~」と大声を上げ
ます。彼女の興奮状態に思わず吊り込まれそうになることと併せ、彼女
のお尻が私の下腹部を強く押して刺激をする形なので、「う~っ、逝き
そうだっ」と呻くと、「いやっ 何時もより早いよ、逝っちゃ駄目~っ」
と怒ったように言います。昼食休憩のあと一時間ぐらい続けた後ですから、既に彼女は10回以上も登りつめているはずであり、男性にも限界はあるのですが、それらを熟知した50歳を超えた女性の言葉として思うときに、素直な気持ちを私を相手にする時に表現していることを微笑ましい
気持ちで受け止めています。
 私もここで終わってしまうつもりはなく、一度気をそらせて更に長く
楽しみたいところですので、「もういいから終わって~」と言われるこ
とに比べたら、うんと歓迎すべきことなのです。
 彼女がとことん満足する姿を見ることが嬉しく、男としての意欲を掻
き立てられることにもなりますが、喜ばせてやっているというような恩
着せがましい気持ちではなく、自分が長く続けたいという気持ちに彼女
も同調してくれていると、感謝の気持ちで対処したいものです。
 えてして、こういう類のレポートで男性が自慢気に女性を征服したか
のごとく、もしくは満足を与えてやっているかのように上に立った立場
で述べているのをみると、阿弥陀様の手の平の上で大暴れしているつも
りの孫悟空を想像して笑ってしまいます。
 愛する彼女が居てこそ男として力を出せることにもなり、私の生き様
全体に対する自信に繋がっていると思う時、彼女の存在が大切なパート
ナーであることが判ります。
 この後一服してコーヒータイムを15分程取ってから、最後の30分をど
のような形で終わるのかを囁き合いながら再開し、今回は横抱きの対面
位(前側位)で、上半身をきつく抱き合ったままで、射精までし続ける
ことに致しました。
暫くはゆっくりとスタートさせ、次第に速度を速めてゆき、ついにはラ
ストスパートとして猛烈にラッシュを重ね、大きな声で呻き合いながら、
狂ったようにピストンして、丁度生理が終わったばかりとのことで膣内
射精をして終わりました。
最高の快感を得て、大きな満足を双方とも感じられたと思います。
コンドーム付での射精や体外への外出しはもう一つ満足感が少なく、口
内射精は刺激が強すぎるきらいもあり、矢張り膣内射精が最も気持ちが
良いことが判ります。射精後も時々前後運動を痙攣するように行い、自
然に収まってゆくまで抱き合ったままで過ごせます。彼女もそれが一番
良いというので、毎回それが可能であれば最高ですが、まだ現役として
定期的に生理が来ている様なので今のところは安全期に限られます。

 この後風呂で汗を流して帰る準備をします。丁度ホテルに居た時間が
3時間位でしょうか、内2時間以上も一体になっていたことで、ぐったり
と疲れたという気持ちもありますが、すっかり満足したと言う気持ちの
方が強く、彼女の存在が自分にとって大切なものであることを実感する
瞬間です。
 後日談なのですが、結局火曜日から金曜日までの平日に3回もデート
をするということになってしまいました。既に始めて会ってから満4年
を経過するという熟年のカップルが、週に2回以上もホテルでデートす
る情熱を持ち続けていることに不思議を感じられる第3者がいるかも判
りませんが、当人達にとっては足りないくらいなのです(^▽^笑)。

1 COMMENT

コメントを残す