エッチ体験談 13,000話 突破!!

久々に再会した女友達を抱いてしまった夜

同名さんから投稿頂いた「久々に再会した女友達を抱いてしまった夜」。

字は違うけど、名前の読みが同じで友達づきあいを始めた大学時代からの女友達がいる。
決して不細工ではないけど、彼女は俺の好みではなかったから恋仲になった事はないんだけど、すごく気の合う人だった。

お互い恋人がいても、友達づきあいしてたから、彼女とは本当に波長が合ったんだと思う。
ずっと友人関係のまま卒業して、離れ離れになったけど、年に一回、お互いに誕生日おめでとうメールを送っていた。

大学卒業して3年目の秋、俺が偶然にも彼女の地元に出張があって、しかもその二日前が彼女の誕生日だったから、誕生日おめでとうメールにそのことを付け加えて送ったんだ。
そしたら、彼女と夕食を食べようということになって、会って久々に飲んだ。
昔みたいにバカ話してたんだけど、彼女、一件飲み終わって帰ると思ったら、ホテルまでついてきて、
「もうちょっと話したいな。」
ってなって、俺の宿泊してる部屋で二次会になった。
なぜか知らないけど、ベッドに腰かけて飲んでたら目が合って、思わずキスしちゃったんだ。
大学時代、お互いのアパートに上がり込んで、密室で二人きりになっても、そんなことなかったのに・・・

結構長めのキスで、彼女、舌を絡めてきたもんだから、そのまま押し倒してしまった。
服の上から胸を愛撫したら、
「待って・・・シャワー、使わせて・・・」
と言うなり、そそくさと脱いでバスルームに消えた。
彼女と入れ替わるようにシャワー浴びて、ベッドで待つ彼女と裸で抱き合った。
彼女、なかなかのロリボディで、
「貧乳だから・・・恥ずかしいんだ。」
って言った。
当時、付き合って半年の恋人よりは確かに小ぶりだったが、いい形だと思った。

乳首しゃぶって、それから股を開かせて覗き込んだオマンコは赤紫色のビラビラがはみ出して、意外と使い込まれた感じがした。
既に愛液が光っていて、クリトリスを吸ったらコリコリに尖っていた。
お返しにしてくれたフェラは、彼女が・・・へえ~というほど巧かった。
コンドームを被せて、彼女と一つに繋がった。
初めて見た彼女の虚ろな表情、吐息、喘ぎ声、腰をカクカクさせながら、本気で感じてた。
恋人と彼女を比べたら、彼女のオマンコはきつくて、あまり動けなかったのを覚えてる。
お互い、名前を呼び合って抱き合ったけど、同じ名前だから変だったな。
でも、妙に萌えたのを覚えてる。

「ヤッちゃったね。」
「そうだな・・・」
身支度を整えた彼女を、ロビーまで見送りに出た。
「じゃあな。」
「うん・・・抱いてくれてありがとう。これで、思い残すことないや・・・」
それがどういう意味か分からなかったけど、翌年の正月に、彼女から「結婚しました」の年賀状が届いたよ。
それから、暫く考えたけど、俺達って大学時代、友達以上で、恋人未満だったんだと思った。
それに気づいた彼女は、恋人未満を解消したかったのかもしれないと今は思ってる。

あれから17年過ぎて、お互い結婚して子供もいる40代になったけど、今でも続く年に一度の誕生日おめでとうメール、送るたびにあの夜を思い出す。
今はもうラインになってて、メールは、仕事以外は彼女だけだ。
あ、メールじゃなくて、メッセージってなって届いてるな。
名前が俺と同じだから、嫁さんも女性相手だと思ってないからなあ。
彼女、元気で幸せでいてほしいよ。
一度だけ男女の関係にはなったけど、彼女はやっぱり親友だから。

4 COMMENTS

匿名

実は、お互いに好きだったのでしょうなあ…
ちょっと切ないですなあ。

返信する

コメントを残す