エッチ体験談 12,000話 突破!!

そろそろ元カノの思い出にさよならします

元彼さんから投稿頂いた「そろそろ元カノの思い出にさよならします」。

二つ折りの古い携帯電話に、元カノのハメ撮り画像が残ってました。
別れるとき、元カノの目の前でフォルダごと消去したのですが、マイクロSDじゃなくて本体のメモリに残っていました。

まだ23歳の可愛い元カノ、なんとなく松岡茉優さんに似ています。
そんな可愛い23歳の元カノが、惜しげもなくオマンコ指でを開いて見せてくれています。
お手入れの行き届いた陰毛の奥に、ビラがめくれてピンク色のオマンコがポッカリ顔をのぞかせています。
ここでいきなりバックで挿入、そしてなぜか一度抜いて、バックのまま私が指を2本入れてグワッとオマンコの穴を広げて、元カノはウットリとした顔で振り向いています。
このバックでのオマンコの思い切り広げたショットはなかなか卑猥です。
そして騎乗位で結合部アップ、正常位で激しく突き、元カノはアヒィ~という喘ぎ顔です。
そして、元カノのお腹の上にたっぷり射精、元カノのご満悦な笑顔が清純そうなのに、胸まで精液まみれでギャップに萌えます。

こんなに愛し合った仲なのに、元カノ、お見合いさせられて私と別れました。
元カノのお見合い相手は、地元じゃ有名な老舗和菓子店の御曹司、元カノの幸せを考えたら、私と結婚するより玉の輿でした。
「ごめんなさい。父の決めた人なの・・・2年間、楽しかった。ありがとう。さようなら・・・」
「幸せになるんだよ。さよなら・・・」
この時、元カノの前でハメ撮りを消したはずでしたが、本体に残っていました。

人生で一番泣いたあの日から、もう、8年過ぎました。
元カノの幸せを考えるからこそ、私は身を引いて、ひっそりと好きでいました。
それまでは、元カノに幸せを与えよう、俺が元カノを幸せにしようって、そう思っていましたがよく考えれば、それは私の傲慢でしかありませんでした。
御曹司のお嫁さんになって店に立つ美人若女将の元カノを遠くから眺めて、自分が元カノを幸せにできると思っていた私は自惚れてたなって思いました。

そんなことを感じつつ、元カノと別れて3年は引きずっていました。
でも、今の妻に好かれて、ああ、愛されるのもいいもんだと思い結婚しました。
今は子供もいて幸せです。
でも、元カノのことはまだ好きなままだったんです。
人を好きになる気持ちは、別れたって変わらないこともあると思います。
妻や元カノに迷惑がかからなければ、思うだけなら構わないと思っていました。
でも8年過ぎて、そろそろいいかな・・・と思い始めたのです。
元カノとの思い出として残していた二つ折りの携帯電話、そう思って処分しようと充電して覗いた内蔵メモリ、全消去して、元カノの思い出にお別れしようと思います。

2 COMMENTS

コメントを残す