エッチ体験談 13,000話 突破!!

……濡れてる

……濡れてる

恵子さんから投稿頂いた「……濡れてる」。

私は三十七歳の主婦でケイコと言います。私の夫は四十二歳でサラリーマン、三歳の娘と三人家族で共働き夫婦です。

私は娘の出産後に重い産後鬱で、暫くパートの方は休んでいました。勿論、その間も私は病院に通い薬を処方して頂いていましたが、症状が改善されず悩んでいました。

そんな時に近所のママ友と仲良しになり相談や親密な関係になり、そのママ友に男性を紹介されたんです。

朝の食後に薬を飲んで、相変わらず具合の良い時と悪い時の差が激しかったです。
ママ友(気の持ちようだから…家に閉じ籠ってたら良くならないわよ)ママ友の顔を潰すわけにもいなかいから……そんな気軽な気持ちでした。

ママ友の朝イチの電話にビクッ!っと恐怖を感じた。ですが…その反面、私は電話では「いいわよ、男……」それまでにもママ友とガールズトークに花を咲かせていたからです。ママ友にしろ持ちつ持たれつで無下に断る事は出来ませんでした。

私は電話口で冷静を装い「…ぇぇ…ぇぇ」と返事をしていても上の空で、飲んだ薬も戻しそうに私の心臓はバクバクと飛び出しそうになっていました。だって、男性と二人だけで会う何て結婚して初めてだったから…
私は準備をしながら、今までに感じた事もないほどに興奮を覚え、体は微熱があるかの様に火照っています。私の見知らね男性に会う何て……怖い、

男性と会うと緊張で会話は続かなかった。無言と言っていいぐらい私は男性の後ろを歩いて…勿論、向かっているのはホテルで…男性「寒くないですか?」私は男性に上着を掛けて貰いました。どうやら優しい男性の様でした。

私はホテルに入ってモジモジ、私「お風呂に入りますか?…それとも……このまま……」私の口からこんな言葉が飛び出すとは驚きです。男性は私の手を取って私を抱き寄せると舌と舌を絡めたハードなキスを……私と男性はそのままの体勢でベッドに倒れ込み…
私(そんなに急がなくても…乱暴にしないで)私「……アッ、アッ……時間がないの」

すると男性はガチャガチャとベルトのバックルを緩めズボンを膝まで下げた。私の目の前に男性のトランクスが…私はこのぐらい平気よと言う顔でトランクスの中からペニスを掴み出します。

少し膨張し硬く直立したペニスを握りながら、目の前に突き出されたペニスに私は咥え込んでしゃぶるしか選択肢は無かった。上から男性がフェラチオをして欲しそうに嬉しそうに私を見下ろしているんです。私は咥え込んでペニスをを吸った。舌を這わせて根本から亀頭まで夢中で舐め回した。

「…チロチロ…ジュボッジュポッ」久しぶりに口の中に臭覚と触感の男性を感じた。男性の我慢汁でしょうか?口の中がヌルヌルと臭いが私の鼻孔に拡がり抜ていきます。私の唾液!私の口元もヌルヌルになっていて溢れた唾液が何とも淫らだった。

夫より大きく太くて長くて巨根!「…ング…ウグッ」私には持て余します。夫は小さく勃起するのが早かったから、それに……産後はずっとレスだったから私の体力も弱っていて、私は汗を掻き既に陰部はネットリと濡れています。

私の喉奥深くに生暖かい物が放出されたのを感じる。私は我慢していたのですが、その液体はスルリと私の喉元を通り過ぎ私の体の中に流れ込んだ。私が息をする度に再び濃厚な男性の臭いが沸き上がってきます。私「まだお風呂に入らないの?」私は汗を流し口を灌ぎたかった。

すると男性はスカートの下に手を潜り込ませ私の腿を左右に大きく抉じ開けました。夫の場合、ここで私が積極的に足を大きく開くと萎えてしまいますが、男性は下着の上から秘部を勘振り始めたのです。

私「ああ……み、見ないで!」
男性「もうこんなに濡れてますよ……大変だったでしょ、昔、男優をしてた事があって自信はあるんです。今度は私が奥さんを気持ち良くさせますからね」と男性は弄り始めます。

私には女性はなすがままになるものと言う概念がありました。男性に下着をずらされ指を入れられ……掻き回されて、私は恥ずかしいほど愛液が溢れ垂らしていて、前儀が終わる頃には服を脱がされ下着も男性に取られていたのです。

燃え上がる欲情、羞恥の大股開き
男性「見て、入るよ」
私「あ、あ、あ……入ってる」
その後、ベッドで一回、お風呂で一回と……夫の場合、お座なりの一回で自分さえ満足すればそれで終わり。なので二回もすれば大抵の男性は満足でしょう?って主人意外の男性は経験が無いですが……

お風呂を出て…私「エッ!まだ帰らないの」
男性「まだだよ」ともう一度ベッドで一回それまでに男性としなかった体位で……私は今までに体験した事もないぐらいヒイヒイ言わされました。

当然、ホテルから帰る前にもお風呂に入って体をタオルで綺麗に拭きました。帰宅してスカートの中に手を入れ触ってみると……既に濡れていました。私はきっとお風呂の残り湯だと思っていましたが……思い出してオナってしまったので確かめ様がありません。

コメントを残す