エッチ体験談 13,000話 突破!!

スリランカの少数民族の村で元AKB前田〇子そっくりの〇2歳の美少女を相手に膣内射精を楽しむ!

異人種間SEXマニアさんから投稿頂いた「スリランカの少数民族の村で元AKB前田〇子そっくりの〇2歳の美少女を相手に膣内射精を楽しむ!」。

『ロリコンの私には最高の思い出!内戦を終えた直後の2011年ごろのスリランカでは少数民族のタミル人の美少女の中絶費用の一部を負担すれば格安料金で〇2~〇5歳の現役JC(女子〇学生)ロリータを相手に膣内射精を楽しめました!』

十年前(2011年)にインドの南東に浮かぶ島国〔スリランカ〕へ向かいました。

島の名は〔セイロン〕は紅茶のブランドにもなっており最高の海洋リゾート地です。

もっとも宗教と民族的な風習の関係から多数派民族で仏教徒の〔シンハラ人〕と少数派民族でヒンドゥー教徒の〔タミル人〕の対立関係が深刻で、2009年まで激しい内戦が続いていました。

そして、2009年に決着がついた後、翌年の2010年までは、スリランカの政府軍も警察当局も、多数派のシンハラ人男性による少数派のタミル人美少女に対する性犯罪を見逃したと言われています。

もちろん私は、シンハラ人男性たちの中出しレイプの餌食となって、望まない妊娠を余儀なくされたタミル人女性たちの中絶費用を負担させていただくことと引き換えに私自身の中出しSEX願望を叶える相手になってくれる美少女を探しに、スリランカのタミル人居住地域へ渡航しました。

私がスリランカを訪れたのは2011年8月でした。

その当時の日本は、3月に東日本大震災に見舞われ、6月にA○B48のセンターに前田〇子ちゃんが輝きました。なぜか外国為替相場は円高で日本人が外国人美少女を買うためには最高の条件でした。

タミル人の多い某地区へ向かい、美少女を連れ込んで売春するために、最適な位置の宿を探しました。

天候は最悪でタミル人の多い某地区はサイクロン(熱帯性低気圧)が接近中でした。

ところが、そのような悪天候のおかげで、宿に入るや否や宿のフロントやロビーから目と鼻の先に素晴らしい光景を目の当たりにしました。

草むらの上で、褐色の肌の美少女たちが衣服を脱ぎ捨ててオールヌードになり、石鹸を身体に擦り付けて泡立て、サイクロンのもたらす大粒の雨をシャワー代わりに汗を洗い流す光景でした。

呆然としている僕を見て、宿主は彼女たちが売春で生計を立てていることを説明してくれました。

『オール・ネイキッド・プリティ・ガールズ・アー・タミルズ(全裸のかわいい少女たち全員がタミル人です)』

『オール・ガールズ・ワー・ギャングバング・レイプド・バイ・シンハラ(すべての少女たちがシンハラ人男性から輪姦=集団性暴行を受けました)』

『オール・ガールズ・アー・プレグナント(すべての少女たちが妊娠している)』

『オール・ガールズ・ウォント・トゥ・ハブ・ア・アボーション(すべての少女たちが中絶を望んでいる)』

私は『自分自身の中出しSEX願望を満たすために』も『彼女たちに妊娠中絶費用を稼がせるために』も、彼女たちを相手に中出しSEXを楽しむことを決めました。

ありがたいことに僕の部屋は1階でした。それゆえ、僕が全裸で宿泊中の部屋の前のベランダに立っているだけでタミル人美少女は僕が売春目的の観光客とわかります。

それゆえ彼女たちも全裸で僕の部屋の前に売り込みに来ました。

スリランカとくにタミル人の女性の中には前〇敦子ちゃん風の美少女が本当に多く、この僕も前〇敦子ちゃん風の美少女を相手に膣内射精を楽しませてもらいました。

『現役JC(女子C学生)である前田〇子(当時AKB〇8主力メンバー)ちゃん風の褐色の美少女をベランダの外に連れ出してサイクロンの風を浴びながらアウトドア膣内射精!!!』

〔口内射精〕

当時の日本の前〇敦子さんは超人気グループのAKB48の主力メンバーで、数多くの日本人男性がSEXしたがっていたものの、結婚された勝地涼さん以外の男性たちにとっては、その夢は叶えられませんでした。

ところが、スリランカの前〇敦子さんは、普通の日本人である僕にも、わずか数千円ほどの低料金で、舌を絡めるディープ・キスを受け入れるばかりか、長旅の途中で、入浴していない僕の汚いペニスにいきなりフェラチオしてくれました。

僕の中出しSEX願望の発散相手になってくれたスリランカの若干〇2歳の前田○子ちゃんは、僕を米国系韓国人と勘違いしたらしく、英語と韓国語で挨拶と自己紹介を始めました。

『ハウ・ドゥー・ユー・ドゥー?/チョウムベッケスムニダ(はじめまして)』

『アイ・アム・ジュニア・ハイスクール・スチューデント/チョ・ヌン・ヨジュンセン(私は女子〇学生です)』

『マイ・ホビー・イズ・アウトドア・セックス/チェ・チュイミ・ヌン・ヤウェ・セックス・ヨエ(私の趣味は野外SEXです)』

スリランカの前○敦子ちゃんのお言葉に甘えて、僕は宿の前でサイクロンがもたらす暴風雨を浴びながら野外SEXを楽しませてもらうことにしました。

偶然にも僕は第二外国語に韓国語を選択していましたので、どこまで韓国語が通ずるか試すことにしました。

僕は『ミソニョ!パラチュルッケ!(美少女よ!俺のペニスにフェラチオせよ!)』とスリランカの前田○子ちゃんに命令しました。

彼女は直ちにフェラチオを始めます。庭の中で仁王立ちになっている僕のペニスには彼女の舌から伝わる温かみとサイクロンの暴風雨がもたらす涼しさのコントラストが最高の快感をもたらしてくれました。

そして僕のペニスが硬直してくると、彼女は韓国語で『オッパ!イベタ・サジョン!(おにいちゃん!私の口の中に出して!)』と口内射精を求めて来ました。

私は韓国語で『チェソンハムニダ!イブロ・バッタ!(ごめんなさい!いま君の口の中に出しちゃった!)』と絶叫しながら、彼女を相手に口内射精を楽しみました。

彼女は英語で『デリーシャス!(おいしい)』韓国語で『マシッソヨ(おいしい)』と呟き、上目遣いに僕を挑発しながら、おそうじフェラチオまでしてくれました。

今度は、僕が、お礼をしなければなりません。

僕は彼女をホテルのベランダの前の草むらの上に優しく仰向けに寝かせます。

そして、僕は彼女の髪の毛、おでこ、鼻、ほっぺた、唇、両耳、首筋、鎖骨にキスの雨を降らせます。そして、膨らみかけの乳房の片方を優しく揉み、もう片方の乳首を僕の舌で転がすと、彼女は英語で『フィール・ソー・グッド』、韓国語で『チョア』『チョア』『チョア』『チョア』と繰り返しました。本当に気持ち良さそうでした。

そして、僕のペニスから我慢汁が出始めたことを察知した彼女は韓国語で膣内射精をリクエストして、僕を興奮させてくれました。

『オッパ!サランへ!(おにいちゃん!愛しています!)』

『オッパ!アガ・イソッスミヨン・チョッケッソ!(私はおにいちゃんの赤ちゃんが欲しい!)』

『チェバル!アネダ・サジョン!(お願い!私の中に出して!)』

『チェゲ・ハン・ジュソク・ホニョラ・イムシン・シギョ!(私に韓錫混血児=韓国とスリランカの混血児を妊娠させて!)』

最後には彼女は英語で『レッツ・メイク・ミックスド・ブラッド・チャイルド!(一緒に混血児をつくろう!)』とまで言ってくれました。

興奮した僕は

『スリランカ!チェゴヨッスムニダ!(スリランカ!最高!)』

『スリランカ・ヨジュンセン!チェゴヨッスムニダ!(スリランカのJC(女子〇学生)!最高!)』

と絶叫しながら、彼女のヴァギナに僕のペニスを挿し込んで、猛烈に腰を振り続けていました。必死に射精を我慢していました。

草むらの上に仰向けに寝ている彼女を正常位で攻めている間、僕の首筋や背中や尻やふくらはぎやハムストリングには、サイクロンの涼しい風が吹きつけていたのです。同時に僕の胸板はスリランカの前○敦子ちゃんの乳房と乳首と腹筋から少し温かみを受け取り、彼女のヴァギナと僕のベニスは激しい摩擦熱を共有していました。

僕は、このコントラストがもたらしてくれる快感が永遠に続くよう祈っていました。

とはいえ、我慢にも限度はあります。

スリランカの前〇敦子ちゃんが、英語で『ユー・キャン・カム・インサイド・ミー!(中に出していいですよ!)』『レッツ・メイク・コシアン(一緒に韓国人男性〔コリアン〕とアジア人女性〔エイシアン〕の混血児をつくろう!』と大きな声で叫んでくれたので、僕は英語でも韓国語でもなく日本語で、万感の思いを込めた暴言を喚き散らしながら、彼女を相手に性犯罪を働いたシンハラ人男性と穴兄弟になりました。

『敦子ちゃん(仮名)!ありがとう!中に出すよ!』

『敦ちゃんの殺された父さん!敦ちゃんの殺された母さん!ごめんなさい!大切な娘さんに膣内射精させてもらいます!』

『現在の敦ちゃんの彼氏さん!現在の敦ちゃんのセックスフレンドさん!将来の敦ちゃんの旦那さん!ごめんなさい!今から僕が先に膣内射精させてもらいます!』

『僕より先に敦ちゃん相手に中出しSEXを楽しんだシンハラ人の政府軍兵士や警察官のみなさんと敦ちゃんのヴァギナ経由で穴兄弟になれて幸福です!』

『アッー!スリランカ内戦のおかげで○田敦子ちゃんにそっくりの○2歳の美少女に膣内射精できて最高!』

と絶叫しながら、僕はスリランカのタミル人の美少女を相手に、無責任に膣内射精を楽しみました。

3 COMMENTS

ポチ君

今頃はエイズ発症してるか、梅毒で鼻が落ちてるかな?

返信する

コメントを残す