エッチ体験談 12,000話 突破!!

清楚系の嫁を乱したのは俺

シンさんから投稿頂いた「清楚系の嫁を乱したのは俺」。

現在40歳の嫁さん、付き合いはじめた23歳の時、嫁は経験人数1人と言っていた。確かに真面目な清楚で、小柄で可愛らしさも持っていて、俺のタイプだ。

俺が処女を奪えなかった事が悔やまれる。

でも、初めて俺とsexした時、かなり痛がった。
初めてなんじゃないか?と思うくらい、何をして良いか?わからないと言った様子だった。

服は、脱がせないと一枚も脱がないし、
キスしても、手はだらんとして、しがみついたりしない。

フェラチオは、歯が当たってめちゃくちゃ痛いから、最初は、裏すじと、睾丸、ペニスの先を舌でペロペロ舐めてもらった。逆に初々しくて可愛いかった。

マンコもピンク色で、とても23歳のモノとは思えない。濡れても入り口からキツキツだった。
初体験は、ほとんど奥まで入っていないと、思いった。俺との初めてのsexは、血液が出た。

それから結婚し、子供達も大きくなった。

今となっては、声高らかに喘ぐ女となり、
夜にsexすると、間違いなく子供が起きてしまうくらい感じる女となった。

嫁は、お年頃の子供達が学校へ行ってすぐ8時頃にsexをせがんでくる。

昔からは、想像ができないと言うか、
俺がここまで、乱れる女にした。

と言うのも、俺は嫁に、毎回オーガズムを与えてやらないと気が済まない。

3歳歳上の嫁が、俺のペニスで、乱れ狂う姿を見たいからだ。

朝8時、嫁は自ら全裸になり、ベッドで俺にしがみついてくる。脱がせてやらなければ、服を脱がなかった頃とは全く違う。

俺も自ら全裸になる。

嫁は、全裸になる前からすでに、マンコが濡れていたんじゃないか?と思うくらい、ベットリ濡れた熱い愛液が俺の太ももに付着する。
いつもの快感をカラダが覚えているんだろう。
可愛い…

嫁から、ディープにキスをして、舌と唾液を絡ませてくる。コクッ、コクッと、俺の唾液と一緒に吸い取り、飲み込む。

最初に俺は、嫁のカラダを全身愛撫する。
耳、脇の下、胸、乳首が嫁の好みだ。
特に今の時期、冬は、腋毛の処理が甘く、生えてきている。

可愛い顔して、卑猥な脇の下がまた堪らなく愛おしくかんじる。

その脇の下も、毛と一緒に愛撫してやる。
両腕をバンザイして毛を曝け出し喘ぐ。
脇の下からメス臭が出ている。

胸を強めに揉みながら、乳首を吸うと、のけぞって悦ぶ。

可愛い清楚な顔は変わらずだが、舌舐めずりして喘ぐまでになった。

俺は、嫁のマンコに指を這わせると、ベットリ濡れてシーツまで滴っている。
マンコの入り口に少し触れただけで、

「んっ!はぁぁぁ〜ん」

と叫ぶ。
陰毛は、自分の愛液でベットリ濡れて肌にへばり付いている。

マンコに鼻を近づけ匂いを嗅ぐ。
舌を這わせる。
嫁のメス臭が堪らなく愛おしい。
今、出ている分の愛液を一気に吸い取る。
口いっぱいに濃厚な液体が入り込み、香りとともに飲む。

次から次へと、愛液が溢れてくる。
アナルの匂いを嗅ぐと、嫁の肛門は、さらに動物的な匂いがする。

俺は、鼻をマンコに差し込み、匂いを嗅ぎながら、アナルに舌を挿れ、ペロペロしたり、舌先を肛門に突っ込んで掻き回したりしてやる。

「あはぁん!はあん!あぁぁ〜はあぁぁ!」
恥じらいもなく、
「シテ欲しい…もっと…もっとシテ…」
と叫ぶ。

マンコとアナルを舐められ、愛液を溢れさせて、卑猥なメスの匂いを発し、舌舐めずりして、ヨダレを垂らす姿は、俺だけのモノだ。

脚、足裏、つま先、足の指の間もしっかり舐めてやる。とことん感じさせてやるのが、俺のモットーだ。

全身感じるように年月をかけて、愛撫を繰り返して来た。足の指を一本一本舐める時も、指の間一箇所ずつ舌で擦り付ける間も、可愛いく喘ぐ。

「やあぁぁん、んんっ、汚なぁい〜」

頭から、足のつま先まで、きっちり感じさせてやると、嫁は俺のカラダを舐める。

俺の上に覆い被さり、首、乳首を甘噛みする。
脚を絡ませて、胸とマンコを擦り付けながら、俺のカラダを舐めまくる。

俺の愛撫を真似してか?
脇の下まで、舌を這わせてくる。
オス臭に発情する様に、鼻を擦り付けて舐める。
俺の足の指まで、ちゅぱちゅぱと、丁寧に舐め回す。

ペニスから出た我慢汁を舌で舐め取り。
裏スジを、下から上に向かって何回も舌を這わせる。嫁の舌が下から上に這うたび、我慢汁が出る。

すでに俺の睾丸は、せり上がり、玉がペニスの横に来ていた。嫁は、せり上がった玉を舌先で突く。

肛門と玉袋の中間、オス臭がキツいところに鼻を擦り付ける。嫁はアナルも舐めてくれる。

俺は、さすがに声が出る。

嫁は、口でしっかりと俺のペニスを咥え込む。
歯当たって、痛かった頃とは別人だ。

じゅる〜〜、じゅる〜〜、コクッ…
と、オスの汁を飲み込んでいる。

嫁は「挿れて…シタイ…ダメ…もうシテ…」

と言う…

俺は「挿れてごらん…」

と促すと、
嫁は俺に跨る。ペニスを掴み、自分のマンコを覗き込みながら…ゆっくり押し込む…

「はあぁぁ!!」
「んはぁぁぁぁぁ〜!!!」

ぱちゅっ!
ぱちゅっっ!!

嫁が上下するたび、

パンパンに膨れ上がった俺のペニスと、
ギュンギュンに締まり切った嫁のマンコの壁が擦れ合い、愛液と我慢汁が溢れて出す音が部屋中に響き渡る。

一番奥まで突っ込み、
嫁が腰を振ると、

ジョリッ、ジョリッ!
クチュ!クチュ!
と、ベトベトに濡れた陰毛が擦れ合う。

「あはぁぁぁ〜ん」
「イヤッ!」
「イクッ!!」
「イッちゃう!!」

「イクよ!!!」
「イックゥゥッ…」

カラダはのけぞり、全身しっとり汗をかいて、いやらしくテカっていた…ペロペロと舌舐めずりし、涎が俺の腹に落ちた。

絶頂に達し、再び俺に覆い被さってきた。
カラダじゅうから、嫁のメス臭を感じることができる。卑猥な臭さが愛おしく、思う存分に感じさせた甲斐があった。

俺は正常位で、突く…

ぱちゅッ!
ぱちゅッ!

と、再び肉と汁がぶつかり合う音が響く、

嫁の絶頂まで、我慢して来た…
俺もやっと射精する。

「イクッ!!」
「いい!?」
「でそう!!」
「もう我慢できないよ!!!」
「あぁぁ!!はぁぁっっ!!」

生で挿入していたので、ギリギリで抜き去り、
嫁に跨って射精した。

嫁が「出していいよっっ!!」
と叫ぶと同時に…

多くは、胸の谷間に出たが、
白い液体は、口元まで飛び散った。

嫁は、俺のペニスをしっかり咥え込み、
手と頭を上下させた。

「あぁぁぁぁぁ〜」
「はぁぁぁぁぁ〜」

と、俺は嫁の頭を抱え、
射精を堪能した。

ビクッ!
ビクッ!
ビクゥッ!!

と、カラダとペニスが同時に数回震えた。
嫁が最後まで精液を飲み込むと、今まで嫁のメス臭がしていた部屋は、俺のオス臭に変わって充満していた。

これからも、可愛い歳上嫁に尽くしていこうと思う。

1 COMMENT

ポチ君

僕が23才の時から約3年お付き合いした、3つ年上の彼女とのセックスが一番乱れて良かったかも?濃厚なセックスの仕方だけでなくて、デートの仕方も教えてもらったので、その後に年下の女性とデートするときはスムーズにリード出来たわ。
若い男の子は年上の女性を狙うのが良いかもよ?
割り勘当たり前で、おごってくれる時も有る。

返信する

コメントを残す