エッチ体験談 12,000話 突破!!

女に悦びを

オナ禁1か月のペニスさんから投稿頂いた「女に悦びを」。

俺は、あまりオナニーしない。
というのも、射精後のペニスは、勃起しても弾力性がなく、硬さ大きさが不十分になり、女のマンコに挿入しても、いまいちだ。

自分も気持ち良くないばかりか、女の悦びも半減してしまう。

俺はsexの時、女のカラダをくまなく愛撫してあげる。女が悦んで、声を上げて感じる姿を見て、ゾクゾクする。

女が本気で感じる姿を見たいというわけだ。

頭〜足のつま先まで、きっちり愛撫する。
愛撫中、匂いがキツく感じところも、フィニッシュを迎える女の姿を見たいために、抵抗なく舐める事ができる。

トロトロに感じさせれば、いくらおとなしい女といえ、女自ら俺のペニスをつかみ、ねだる。

感じたカラダは、汗と愛液で、しっとりと濡れ、メスの匂いでプンプンになる。
普段、ごく普通の地味な女も、濃厚な匂いが出るのが不思議だ。

この時のメス臭は格別だ。
メス臭を発しながら、勃起した俺のペニスを握る。

「早く挿れて」と言う女
ペニスを撫でながら、俺の胸に頭を擦り付ける女
俺の首に両腕を絡めて、無言でカラダを擦り付ける女

いずれも「マンコに挿れて欲しい」時いう事だ。

いろいろなタイプの女がいて可愛い。
どのタイプの女も愛おしく、女に悦びを感じさせることに徹底的にこだわる。

特にsex経験の少ない、清楚な女の、濡れた姿を見ると、ゾクゾクが止まらない。

抱いて長いキスをしながら、しばらくメス臭を堪能する。当然、挿れるまではまだまだ感じさせる。足りない。

すると、ほとんどの女は、自らの手でペニスを掴み、口に含む。フェラチオ経験が少ない女は、頭を撫でながらゆっくり誘導すると、舌を使って、ペロペロと舐めてくれる。

裏筋、ペニスの先を舐め、我慢汁を舐めとってくれる。

ペニスを口に含み、しっかり吸い付く女

玉やアナルまで、舌を這わせてくれる女

はぁぁ〜OOさん、OOさん、
と、俺の名前を囁いて舐め回してくれる女

みんな、たまらなく可愛い。
感じさせてあげるかいがある。

「挿れるよ…」
と、言うと、しがみついて震える女

「早くっ!早くシテ!」
と、もう限界の女

「はぁぁぁ〜」
と、大きな吐息を上げて、静かに頷く女

ゾクゾクする。

俺は、この瞬間のために、しっかりペニスの質を保つためオナニーしない。

ゆっくりと、マンコの入り口へペニスの先を充てがう。

マンコの外までドロドロに濡れ、陰毛はしっかり湿っている。

股をしっかり開き、
「ふああぁぁぁ〜」と、声を張り上げ、のけぞる。

両脚で、俺の腰を挟み、力強くホールドする。

俺の陰毛も、あっと言う間に湿って、動く度にぺちょぺちょと濡れた音がする。

マンコの中は、熱く、ビショビショに濡れ、キュンキュンに締め付け、俺のペニスは、マンコから抜ける気がしない。

精液が溜まり、パンパンに膨れ、弾力性を帯びたペニスは、さすがに射精寸前。

締まりすぎのマンコもたまらないが、女が悦び、感じる姿は、俺にとって最高の射精材料だ。
それに、カラダから出るメスの匂いも最高に愛おしい。

女のマンコの奥深くで射精してしまっては、妊娠する量の精液が出る。概ね1か月溜め込んでいるからだ。

女も、オーガズムを求め、俺が射精してしまう事など忘れている。

俺のペニスは限界を迎え、無理矢理絡まった脚をほどき、マンコの入り口手前までペニスを抜く。
睾丸が下腹部まで、せり上がっている。

「イヤっ!早く!イクッ…イカセテ…」

と、叫ぶように求め、
正常位にもかかわらず、女自ら腰をうねらせ、
奥を欲しがる…
もしかして、このままイク事が出来ないんじゃないか?と言う不安と、女のカラダが堪らなくイキだがって、目が潤み、カラダが震える。

「イカセルヨ…」
「イカセテアゲルヨ…」

と、キスして、女の頭を撫でおちつかせる。
ゆ〜〜〜くり、深〜〜〜く、
女の一番奥に当たった瞬間…
女が仰け反り、

「イク」とすら、声が出ないくらい…
息が止まる最高の絶頂と引き換えに…
カラダの痙攣と、マンコの極限の締め付けを感じることが出来た。 

極限まで膨れ上がったペニスに、痛いくらいの締め付けが加わり、射精を迎えた…

俺は、
「はぁぁぁ!あああ!!イクッ!!!」
と、声を張り上げて、女のカラダに跨った。

絶頂を迎えた女のカラダ、美しい胸、顔に、
1か月の集大成が飛び散った…

女はペニスを咥え、俺は最後の一滴まで出し切った…

コメントを残す