エッチ体験談 13,000話 突破!!

妖怪体操

篤司さんから投稿頂いた「妖怪体操」。

2年ほど前になるんだけど、とある大きめの公園でチビッ子達の集いみたいな催し物があった
そのイベントのステージで5人くらいのおねーちゃん達が季節は冬だというのに、半袖のショートパンツ姿で妖怪体操を踊っていた

盛り上がって一緒にステージの下で踊るチビッ子達
その最中、おねーちゃんの1人のショートパンツがいきなり脱げた
脱げた事に気付くのが遅れ、足に絡まり転倒
おもいっきり足をV字の姿で生パン披露
妖怪体操を初めから動画で収めてたのでそのシーンもバッチリ収録
やーっ!と生パンを隠しながら赤くなるおねーちゃん
やがてイベントが終わり、そこらでブースの片付けが始まった頃、さっきのおねーちゃんがこっちに駆けてきた
「もー!さっきのあー君の仕業でしょ!」
何を隠そうこのおねーちゃんは俺の彼女
寒空の中、あの格好なので、電熱線を仕込んだ衣装を用意してくれていた。俺は被服系の専門学校を出ていて、どの糸を切れば衣装がダメになるかよく知っていて、ギリギリまで糸をカット、代わりに電熱線を残りの糸に熱が集中するように細工。それがカラクリ
「バッチリのサプライズだったろ?」
「もう!濡れてきて困ったんだから!」
と、俺の彼女の菜々はニヤニヤしてる
実は菜々は見られて喜ぶ変態
パプニングバーの常連だ
見られるのは大好きだが、セックスは好きな男以外は絶対イヤ!で前に別のサイトでハメ撮り画像とか載せていたが、顔と名前を特定されて襲われかけた事があり、ネットには晒さないことにしている
今も菜々との付き合いは続いていて、時々こういうイタズラをして二人して楽しんでいます

コメントを残す