研修医時代に彼氏がいる新人ナースにフェラして貰ったエッチな体験談

PR

研修医時代に彼氏がいる新人ナースに夜の防波堤でフェラして貰ったエッチな体験談

10年前の研修医男と大卒3年目のナースのお話です。
約10年前のこと。当時呼吸器病棟で研修していた俺は毎日夜22時くらいまで病棟にいた。肺がんの精査目的、喘息、肺炎、COPD等等。毎日が充実しつつもへとへとであった。
その夜も21時くらいになってしまい、午前中に入院した患者の入院サマリーを記載していた。「お疲れサマー」と明るい声がした。ふと顔をあげるとYさんがいた。Yさんは大学出の
3年目のナースであり頭も切れなかなかかわいらしいナースであった。彼女は詰め所の丸テーブルの真向かいに座り入院患者のカルテの記載を始めた。それまでまじまじとは見たことがなかったが色黒、ほんの少し厚い唇が色っぽい。足は少しムチムチだが太ってはいない。かなり色っぽい。


2人ともカルテの記載をしながら俺だけがチラチラと彼女を見始めた。「この子かわいーよなー。彼氏はいるんだろーなー」足元を見ると白いストッキングがムチムチしている。
「なかなかいーねー」ナースのスカートは膝くらいまであり、椅子に座っている
Yさんのスカートの奥なんて見れるものではない。しかしその時は2人きりである。俺は窓を背にしており後ろから誰かにみられる心配はない。前だけ注意していればよい状況だった。
病棟には夜勤者用にラジカセとCDが数枚おいてある。夜勤者はここでおやつをしたり音楽を(ほんの少しだけ)聴いたりすることがあるのだった。
「鏡があればみれるかも」しかし周りには手鏡などない。患者用のを取りに行くのは不自然だ。等などと考えているとふと思いついた。「CDって鏡みたいだよな」スイングアウトシアターのCDを何気げなフリをして
取り出すと俺は自分の股間あたりに持って行き彼女のほうへ傾けた。
俺の股間はパンパンになっていた。覗きをした事がある人ならわかると思うんだが、あのドキドキ感が始まった。彼女の太ももがはっきりと見える。その奥には縦の黒いすじが見える。
これはパンストの線だろう。それ以外は白衣の奥が暗くってみえない。おそらく下着はベージュが白だとは思うんだがわからない。しかし俺はそれだけで興奮してしまった。カルテを書きつつ
〔何を書いていたのだろう〕チラチラを見ていた。別のナースが詰め所に戻ってくるまでの5分くらい何度もみてしまった。その夜は興奮して眠れず。どうやってこれから先に進むかを考えていた。
それから数日後やっと彼女を食事に誘うことができた。俺は研修医だから日曜日以外は朝7時から夜は22時、24時、当直の時は36時間勤務なんてやっていたから長時間病院にいるんだが
ナースは〔当時〕3交代性だったからYさんが準夜か夜勤の時しか誘うチャンスがなかったのだ。この前のように詰め所で2人っきりになった。その時は真夜中のティータイムであった。他の
ナースもいたので彼氏、彼女の話になった。その時にYさんには消防署勤務の同い年の彼がいること。つきあって2年くらいだがいずれは結婚したいなどなど話していた。15分くらいの短い
休憩時間が終わり詰め所のお茶の片付けをしつつ皆それぞれの仕事にもどろうとしていた。「ねえYさん今度ご飯を食べに行かない?」「えーMさんとー。だってさっき私に彼氏がいるって話
をしていたばかりじゃない」「いやそんなんじゃあなくて食事よ食事。せまらないからさー」先ほどの話が盛り上がったせいか軽いのりで誘うことに成功し、又Yさんも「いいよー」とOKしてくれた。
でその1週間後、やっと待ちかねたお食事の日。俺たちは海岸にある2回のイタ飯屋にいた。蝋燭がテーブルにおいてあって薄くらい室内だが、これがムードがあるお店らしい。初めての食事であり
しかしやっと誘えたという気持ちから話題はとぎれることなく楽しい時間をすごした。彼氏とはうまくいっていること。看護大学出であり、他の看護学校卒のナースと合わないときがあること。2人もかけだしの
医療者だしガンバローというお話になった。で、22時も過ぎたのでそろそろ帰ることにした。俺は誘ったその日に強引にせまることはあんまりしないんだ。安心感をあたえておいてから2回、3回目にセマル。
俺の運転するくるまで海岸を流した。何故か良い雰囲気になり手をつないだりした。そのまま迫らず彼女の家の近くだというスーパーの駐車場についた。「又ご飯を食べに行かない?」「うんいーよー」
で俺はそれまでと少し趣をかえて言った。「帰りぎわのチューは?」「えー、やだ。」「彼氏にはしないの?」「するけどー。うん、もうw」といって本当にちょっとだけ唇にチューしてくれた。「おやすみー」
と2人とも笑顔でお別れをして俺はアパートに戻った。
次の日彼女は日勤で「おはようっ」って元気な声で病棟にあらわれた。「おはよう」俺がいうと少し左に首を傾けてYさんがニコッと微笑んだ。うーん、この子のこういうところがいいねー。その日も忙しかったが
彼女の日勤の帰り際に次の約束をとりつけた。—今からゴミだしに行って来ます。お盆休みで家事を手伝わんといかんのよ。続きは夜です。M男。
次の食事は無国籍居酒屋だった。星の名前がついた店で単なる居酒屋と違ってメキシコかタイあたりが混ざっているようななかなかおいしい食事だった。俺はほとんど飲めないのでY子だけビールを頼んだ。
「どうしてデートにの誘いにのってくれたの?」「だってお食事だけでしょう。こないだも手を出さなかったし、楽しかったし」「今日だしたらどうする」「いやーw」とまったりとした時間をすごした。でドライブに誘った。
俺も忙しい研修医生活だしドライブコースを開拓している訳ではない。地元の彼女の方が詳しいようだった。「ここの海が雰囲気いいのよw」と彼女がいうので車を路駐して降りた。どちらからともなく手をつなぎ海岸へ
ぞいを歩いていった。星がきれいで風がすくない初夏だった。海岸沿いの防波堤の近くに2人で座った。取り留めのない会話の後で俺がいった。「膝枕をしてよ」「エーw」というも「どうぞ」と
膝を曲げてくれた。俺は遠慮なく膝枕をしてもらった。「ねー彼氏にはいつもこうしてあげてるの?」「うーん、あんまりしてって言われないからしないなあ」「時々してくれる?」「うんw」この笑顔がいいんだ。
仕事中はつけない、ほのかな香水の香りがとてもよい。〔まともなナースは仕事中にきつい香水はつけません〕俺はムラムラし始めた。彼女は海の遠くをみている。あごを人差し指でちょんとつついた。
「うん?」この笑顔がいいんだよなー。「ねえ、チューして」彼女は俺に多いかぶるようにチュウをしてくれた。「ふふふ」彼女が笑った。「せまったら駄目かな」「もうせっかくいいムードなのにイ」
とまんざらイヤではないようす。噂ではこの子は固く遊ぶような女性ではないらしいのだが本当だろうか。「もう一回チューして」「うー、うんw」とニコニコと微笑みながらチューしてくれる。
舌を入れるような雰囲気ではなかったので軽くチュっとするだけ。
で、俺はやる気満々になってきて彼女の左耳タブをつかんで触りさわりした。「う、ううん。くすぐったいし、駄目よー。」と顔は動かすのだが本気ではいやがっていないようす。
彼氏にこんなことされるでしょう-なんて言いながらさらに耳たぶをスリスリと触り続けた。「くすぐったいし、これ以上したら駄目よー」とYさんが言う。そこで「おっぱいは?」と聞くと
「絶対だめっ」と胸を隠されてしまった。無理やりする雰囲気ではなかったので今度は太ももをスリスリとさわった。その日の彼女はブルージーンズなのが惜しかったのだが、ジーンズの上
からでもやわらかい太ももがわかる。「もう、M男先生ったら」「Hしている訳じゃないし、じゃれているだけだからいいでしょう」と俺は答えて両方の太ももの間をスリスリした。
Yさんが言った。「これ以上してもらったら変な気分になりそうだしM男先生、帰ろうか」ここで従ってしまうのが当時の俺なのだった。2人で手をつないで車に戻り乗り込んだところで「じゃあチュウーして」
と俺がいった。「もうw」と彼女がニコって答えた。俺は彼女の右手をつかむと「本当にこれ以上駄目なの?」しばらく沈黙があっのち「じゃあ、今日はサービスしてあげる」といいながらYさんが
俺の方運転席の方に身を乗り出した。
彼女は俺のジーンズに覆いかぶさるように顔をうずめてファスナーのあたりの生地をチュッチュし始めた。(急にこんな展開になるなんて・・・)予想外の早い展開に少し俺はとまどった。
しかしこのチャンスを逃してなるもんかとすかさずファスナーを下げる俺。すると彼女は俺のチェックのトランクスの上からペニスに口をつけはじめた。唾液をたらしながらトランクスが湿ってゆく。
あわててトランクスの穴からペニスを出そうとするも既に勃起してしまいうまく出ない。俺は「いいの?」と聞くとなめながら「うん」と言った。ベルトをはずし、ボタンをはずして俺はジーンズと
トランクスを一緒に膝下まで降ろした。
すぐに彼女はペニスに口付けした。唇でかるく咬むように俺のペニスを愛撫してくる。初めてやる女性の時はドキドキするもんだがやっぱりこの時が一番ドキドキした。
覆いかぶさってフェラしにくいように思えたので俺はペニスの根元をつかんで上の方に向けた。彼女は先っちょをぺロっとなめると亀頭の半分くらいを唇でつつむ。そして舌を
口のなかでぺろぺろとまわす。唾液も多く出してくれるのでトロトロした感触がとても気持ちいい。
やっと口全体で含んでくれたかと思うとゆっくりと上下して亀頭のカリあたりを刺激してくれる。俺はかなり興奮しており先走り液がペニスの先から出ているのがわかる。彼女はペニスの先に舌
をはわせ、先に舌をさしいれるように刺激してくる。ペニスは彼女の唾液と俺の液でドロドロになってきた。彼女は俺のペニスを左手でつかむと軽くしごきはじめた。唇としたはペニスの先に
あてている。ピクピクとペニスが動いているのがわかる。
「気持ちいい」と俺が言うと「ホンホウ〔本当〕?」とペニスを口に含んだまま彼女が言った。彼女はペニスを軽くつかんだままかるく回しながら唇と舌の先でレロレロとしている。またお口いっぱいに
ふくんで又先っちょ。俺は早くもビンビンでSEXがしたくなってきた。「していい?」と聞くが「下は駄目よ」とHipにのばした俺の手を握る。「じゃあ、おっぱいは?」と聞くと「フフ、いいよ」と答えた。
俺は彼女の白のタンクトップをたくし上げた。ブラは白の飾り気がないやつだった。それも上の方にずらすと小ぶりだがやわらかくて張りのあるおっぱいだった。モミモミと感触を楽しむ。
色黒な女性の乳首はやはり色黒なんだが乳首はこぶりでとてもかわいいおっぱいだ。乳首をクリクリしたりもんだり。彼女は反応を示さないままお口に俺のペニスをほおばっている。
俺は彼女が俺のをくわえているところをみたくって彼女の髪をかきあげ、耳の後ろにはさむようにした。かわいい少しだけ厚めの唇が俺のペニスをはさみ、舌が俺のサオをなめている。
何とも刺激的な光景だった。(今日はHをせまらなくてもいいな)と俺は思った。やがて彼女はペニスの付け根からカリにむかってのスジをなめ始めた。俺は自分でペニスの先っちょを触った。
すると気づいた彼女が指ででペニスの先をちょろちょろとなでまわしてくれる。唾液がおおく俺の股間はベトベトになっていた。「気持ちいい?」と彼女が聞くので「気持ちいいよ。」と答えた。
ニヤっと彼女は笑うと又目をつむりお口に出し入れする。
彼女は俺のをほおばりながら、スジをなめながら、たくしあげられたタンクトップのとこにはおっぱいが見えていて、何ともいえないHな光景だ。
「そろそろいきそう」と俺は言うと彼女の頭を軽く押さえた。「うん」というかすかな声が聞こえ俺はもう我慢できなくなった。「ああ、いく」感触として塊のような濃い精液が
出るのがわかる彼女はゆっくりと口を上下させながら俺のほとばしりをうけている。本当にたっぷりと出た気がした。彼女はペニスをくわえたまま上下させるのをとめるとごくんと飲んでくれた。
「ねえ、気持ちよかった?」とあのかわいい声で聞くので「あたりまえでしょう」と俺は半分笑って答えた。彼女は再び俺のペニスをくわえて残っている精液をしぼるようになめてくれた。
サオもしぼって先を舌でレロレロさせて本当に全部をなめとってくれる。(どこでこんなのを覚えるんかな?遊んでないときいているんだが・・)とぼんやりした頭で俺は思った。
彼女が先っちょをなめとる度にピクン、ピクンと感じてしまう。「ああ、気持ちよかった」と俺はいって「Yさんはして欲しくなかったの」「がまんしたんだよ」「濡れたあー?」と聞くと「バカw」って答えてくれた。
彼女の顔を見ると口のまわりが液体でテカテカしており、舌唇のあたりは精液がついている。「飲んじゃったの?」とわかっていながら俺はたずねた。彼女の下唇についた精液をお口にもっていくとぺロッと
なめとってくれる。そのままおれの右手の人差し指をくわえてくれる。「綺麗にしてあげるね」放出してしまった俺であったが余韻ヨインよいんと気持ちよさがまだのこっている。
あの当時に自然とここまでしてくれる女性を俺は知らなかった。つきあって教えてしてもらうことはあったが積極的に最初からフェラしてもらったのは初めてだった。しかも俺が何も言わないのに
ゴックンまでしてくれるなんて。
又絶対にデートにさそうぞ!とおもいつつ俺は彼女を送っていった。帰り際に彼女に言った「又デートしてくれる」彼女はニコッとわらって「ウフフ、おやすみなさーい」といってバイバイとした。
いい思いをした後は大変な1週間が待っていた。ICUに呼吸器内科関連の患者が3人まとめて入室してきた。
肺気腫の全身熱傷、肺気腫の右室梗塞でショック状態、心タンポナーデを来たした肺小細胞癌とどれも
ドロドロの経過をたどりそうな症例ばかり。同期の研修医と指導医の元加療にあたった。
朝から次の朝までエンドレスで仕事が続き、一般病棟はそっちのけになってしまった。で、Yさんとも
「おはよう」と挨拶するくらいしかできず。へとへとになってしまった。1週間が経ち心タンポと熱傷は残念ながら
ステった。1週間ぶりにアパートへ戻ろうと夜9時ごろに病院の階段をおりていたらYさんが心配そうな顔で
俺に声をかけてきた「M男先生大丈夫、大変だったそうね・・」この顔がいいんだ。でも今夜は動けないと
思ったので後日の約束をとりつけアパートで泥のように眠りこけた。
次の日は日曜日で彼女は休日とのこと。俺は夕方までの勤務を平穏に過ごしたあと、迎に出かけた。
今日の彼女はひまわり柄の半そでのワンピースだった。(オシャレの事は詳しくないのでこんなだったとしか書けない)
すそは膝くらいで風ですそがヒラヒラとゆれてよく似合っていた。「今日は有ご飯を一緒に食べてお散歩しようーねー」
夏はやっぱり暑いので又海岸沿いにいくことにした。「疲れはとれたの?」「Yさんと会うとなったらビンビンです」
「もう、バカw」とかわいらしい声で返事をしつつ俺のシフトノブを握った左手に手を重ねてくる。
海岸沿いにすわってビールを飲んでいる彼女の横顔はとてもかわいらしい。勤務中は髪をたばねてナースキャップで隠しているんだが、その髪が肩まであって風にヒラヒラとゆれている。
飲めない俺はコーラを飲みつつ、夕飯代わりのたこ焼きをたべつつ彼女の髪をさわった。キュッと引っ張ったり、サラサラさわっていると気持ちよさそうな顔をする。ちょっとだけうなじを触ると
「くすぐったいよオ」と言うがいやがってはいないようだ。この声に俺はムラムラとし始めた。
「今日はしていいの?」「えー駄目よ。だって彼氏がいるもん」「でもこの間はあれをしてくれたじゃない」「アレって、何かナー」笑いながら向こうを向いてしまう彼女。「したいよ」「駄目ですー」
彼女のガードはユルユルだと思っていたのに最後の一線は越えたらイヤとはよく理解できなかった。「じゃあ、この間のあれを今日して欲しいな」「この間はこの間よ」よくわからない返答だ。
「Yさんにフェラしてもらいたい」「うーん、どうしようかなー」とニコニコしている。
「ここは人が多すぎてできないよ」「せっかく盛り上がってきたのに」すねてみせると「又車の中?w」と笑った。「ホテル?」「それは駄目っ」俺は困った。今日は人通りもある海岸の公園だしフェラしてもらうのも勇気がいる。
俺にいい考えが浮かんだ。「ほら、病院の機材庫はどう」「えー病院?人に見られたらどうするの。それに15分もかかるよ」「くるまに載っている時は髪をさわってあげるからさ」
機材庫は病院の裏のエレベーターからあがったところにあって当時はリネン室として使われていた。俺は日曜日は掃除のおばちゃんがこないことを知っていた。(あそこならシーツもあるし、横にもなれるし、丁度いい。)
「ほら、行こう。」「そんなにして欲しいの」「うんして欲しい。ホテルは駄目なんだし」病院へ行く途中のくるまの中では股間をなでなでしてもらっていた。彼女は俺の左耳を甘咬みしている。
(ここまでしておいてSEXを許してくれないってあるのか?」そう思いつつも俺はフェラ好きなので放出できればいいやと考えながら運転した。
車内でのおさわりで俺のムスコはビンビンになってしまっていた。先走り液も出ている模様。彼女はどうなんだろう。そんな事を考えながらエレベーターにのった。
エレベーターを降りてすぐ左のリネン室に2人で入った。さあムードを盛り上げてと思っていたら彼女からチュ-してきた。俺は舌を軽くいれるとこの前は拒否していた彼女が舌で受け止めてくれた。
ちゃぷちゃぷと舌をからめあいお互いを抱きしめあった。鍵はかけた。「どこまでしていの」自分で言っておいて間抜けな質問だと思った。「入れたら駄目よ。」「入れなければ何でもいいの?」
フフフと小さく笑う彼女。俺のムスコは更にビンと、はちきれんばかりにパンパンになった。
チューをしながら彼女は俺の股間をなでなでし始めた。「彼氏以外にもこんなにするの」「するわけないでしょっ。先生だからしてあげているんだよ」俺の何を気に入ってくれたのかしらないが
彼女は何故こんなことをしてくれるんだろう。で、彼女は俺と浮気をしたいのか、SEXはさせないというし、こういう関係ってあるのか?)と俺はぼんやり考えた。
彼女は俺のチノパンのファスナーを降ろそうとするもひかかってはずれない。「今日はできないねw」「降ろしていいの?」「降ろさないとできないよ」ベルトをはずし、ファスナーを下ろすと彼女が俺の
トランクスの上からムスコをなでなでと触り始めた。先っちょのとろこがもう濡れている。「おしっこが出てるの?」にこにこしながら彼女が言う。「確かめてみてよ」俺がいうと彼女はひざまずきトランクスを
下まで降ろした。
多分俺のさきっちょはヌレヌレだったと思う。彼女は軽く握ると親指でさきっちょをヌルヌルと触り始めた。「いっぱいでてるよ」といいつつちゅっちゅと唇で亀頭の先にキスをはじめた。
舌と唇が一体となった感じでさきっちょだけを攻めてくる。カウパー腺液が出ているのが自分でもわかった。ペニスをつかむと彼女はごく軽い感じでしごき始めた。先っちょは唇と舌から攻められている。
「ふくんでよ」俺が言うと彼女はじらすようにレロレロって先をなめると俺を見上げた。カリまで含まずに先端だけをお口に出し入れしてくれる。口の中でぐるぐると舌先を回してさきっちょを刺激する。
声が出そうになる俺。
あまりに気持ちよくってこのままいってしまいそうだったので「ちょっとまってね。ここにはシーツがあるし」といいつつ棚のシーツを数枚とり床にしいた。俺はその場にすわって彼女にキスした。
「いきそうだったから、ちょっと休憩」「やだw」といいながら右手でペニスを掴む彼女。そのまましごいている。Yちゃんのはしていい?「イヤーw。シャワーあびてないもん」「濡れてないの?」
「バカw」 俺をだきしめてきた。俺も彼女を座ったまま抱きしめそのままブラをはずした。「エー、いつの間に。M先生早いよー」「最後までしたらイヤなんでしょう?」「う、うん」「じゃあ最後までは
しないよ」と安心(?)させつつシャツをたくしあげた。
乳房をみるのは2回目だ。こぶりなおっぱいでで黒めの乳首がいやらしく立っている。俺が乳首のさきっちょをぺろっとなめると「んっ・・」と反応した。俺は両手でおっぱいをもみしだくと左のおっぱいに吸い付いた。
トロンとした目つきで俺をみつめるYちゃんがかわいくてかわいくて。
彼女を俺のほうへ少し倒して左の乳首の先にペニスをあてた。唾液と先走りでぬるぬるになっているペニスがおっぱいを汚す。
乳首もその周りもヌルヌルになっている。「Hイ・・」と自分のおっぱいをみながら彼女が言った。俺はそのまま彼女のお口の先へ
ペニスを持ってきた。ためらわずに、待っていたように口に含む彼女。たっぷりとした唾液で濡らしつつ俺のを上下させる。
彼女のヒマワリ柄のスカートの上からふくらはぎあたりをすりすりとしてみる。嫌がってはいないようだ。少しだけ裾をめくって生足をすりすりしてみる。体毛は薄いようですべすべしている。
彼女はゆっくりと俺のをなめ続けている。太もものあたりまで手をさしこんだ。少しだけ体がピクっと動いたが駄目ではないらしい。付け根あたりを触る。夏のためか少し湿った感じがする。
左太ももの下着のラインをなぞると又ピクッと反応する。太ももと下着の間に指をすべりこませると、本当にもうあふれていた。「ンッ、うん」と小さな声で反応するYちゃん。
「あのね、入れるのは駄目なの」そういわれると押しが弱い俺は無理にすすめない。「こんなんだったらいいでしょ」というと何にもいわなくて目を閉じて感じているYちゃん。
機材庫は薄暗くって、明かりは下半身までとどかない。スカートをゆっくりとまくりあげて「暗くって見えないからいいよね(何がいいのか?)」というとYちゃんはコクっとうなずいた。
そのままクリクリをおさわりを続ける。クリと入口の間を指でいったりきたりしてみる。ホントに熱くトロトロとしている。Yちゃんは俺のをつかんだまま手の動きを止めてしまいハアハアと
息遣いが荒い。
入口あたりを指でかきまわすようにすべらせる。彼女の息遣いがあらくなっている。「気持ちイイ」入れるなとは言ったが指はいいよなと勝手に判断して少しだけ中へ入れた。
「あん、ああ、う、うん、奥は駄目よ、んっ」と彼女の声はますます色っぽくなってきた。「なめたら駄目?」うっとりしていた彼女がだるそうに言った「シャワーをあびてないから・・。」
仕方なく俺は指で入口のあたりに入れたり出したり、クリにいったり、彼女の股間はトロトロになっている。
「又くわえて」俺がペニスを彼女の口へ入れようとする自分から加えてペロペロとした。小さな喘ぎ声がとてもかわいくって。俺は中腰で脚がつりそうであったがこの快楽を止たく
なかったので頑張った。
「ねえ、いってしまいそう」Yちゃんはせつなそうな声で言う「イっていいよ。俺もいっていい?」「うん、ああん」彼女はくわえていたペニスをこぼしてしまいつつ声を上げた。
「あ、いきそう。うん、んっ、あ、イク」俺のペニスを握ったまま先に彼女がいってしまった。
「はーあ~ ・・いってしまった」だるそうにするYちゃん。その左手は俺のを握ったまま。「お口に出して・・」だるそうに、でもなんとか力をいれて(それがけなげな感じでとってもヨイ)
ペロペロをはじめてくれた。カリをひっかけるように刺激する彼女の唇がとてもいい感じがする。あっというまにいきそうになった。俺は出るところを、彼女のお口にほとばしるところを
見たくてペニスを自分で握った。
「いくよ」と俺は言ってペニスを彼女の舌先に押し付けた。ドゥルッツ、ドゥルッツって感じで彼女の舌へ精液が出て行く。右手でペニスを握り下で受け止める彼女。ぷるぷるの精液で
彼女の舌からあふてて彼女の太ももにかかる。ピュっと奥から出る感じで彼女のお口にそそがれる。彼女はお口のあたりからその周りまで白い液で汚れる。たっぷりと出てしまうと
彼女はペニスをゆっくりとしごいた。舌をひっこめてごっくんと飲むと又舌を出して俺の亀頭をぺろん、ぺろんってなめてくれた。「いっぱい出たねw。気持ちよかったの?」声が出ない俺。
彼女はゆっくりとペニスを口にふくんでお口のなかでゆっくりとレロレロとしてくれる。とってもかわいいお顔が精液で汚れているのがとても満足だった。「させなくてゴメンネ」精液をなめとり
ながら彼女が言う。俺はお口の周りの精液もなめとって欲しくてペニスを持ち彼女の口のまわりにおしあてた。
「汚れちゃったね」と俺が言うともう一回「気持ちよかったの?w」と言う。彼女の口とその周りはまだ精液が沢山ついている。ペニスでゆっくりと精液をかき集め彼女のお口に流し込もうとした。
その全てを舌をまわしてなめとってくれるYちゃん。おっぱいについた精液をみつけたのでそれも指ではこんでなめとってもらった。「又してあげるね」再びペニスをなめとりながら彼女が言った。
「今度は入れてもいいんじゃないの?」「どっしようかなー」とニコニコしている。今思えば色黒な小野真弓といったかわいい彼女だった。彼女の顔と俺をペニスをシーツでふきとった。
「パンツがビショビショだよ、はくのが気持ちわるいよ」というので「はかなくても誰にも見えないよ」とじゃれながら後を片付けた。明日になれば又掃除のおばちゃんたちが使う部屋なので
バレる訳にはいかない。よごれたシーツはつつんで持ってかえってしまった。(もちろんそのまま捨てた)パンツは彼女がはずかしそうに脱いで隠してしまった。
身支度を整えて部屋を出ようとする彼女のスカートを後ろからめくった。ぷりっとしたおしりがかわいい。「やん」そのままお尻をなでなですると「又気持ちよくなっちゃうから」といって
俺の手首を握った。「最後におしりにちゅーしようーね」といって俺は彼女のおしりにちゅっとした。「駄目よ」そのままお尻の割れ目を開いてチュッとした。「イヤ、もう、バカw。M先生もう行くよ」
といって俺の手を引き部屋から出た。

続編 研修医時代に彼氏がいる新人ナースにフェラして貰ったエッチな体験談 続編

一番かわいい看護師と仲良くなってセックスできるのか

他に読まれているエッチ体験談

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1830記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。