エッチ体験談 13,000話 突破!!

再婚した年上美人妻は膨張クリトリスに調教済みの元SMモデルです

バツイチさんから投稿頂いた「再婚した年上美人妻は膨張クリトリスに調教済みの元SMモデルです」。

3年の交際を経て、一昨年再婚した37歳の不動産関連自営業バツイチ男です。
妻は5歳年上の42歳ですが初婚で、元宝塚の「白羽 ゆり」さんに似た清楚系の美熟女です。

3年の交際のうち最初の1年は、妻の過去と向き合い、それを受け入れる時間、残りの2年は、現在小4の娘が懐くための時間でした。
清楚で美しい妻の過去、それはSMの過去です。
妻は、家業の借金苦から22歳から27歳までの5年間、ご主人様と呼ばれたある男性に売られて、当時の恋人からも引き離されてしまいました。
そしてご主人様からマゾ調教を受け、24歳からはその恥辱の姿をSM雑誌の紙面上で披露していた過去がありました。
そしてその記録の一部は、記録動画として残っています。

マゾ調教の中で、性器改造アイテムの一つに、クリトリス吸引器というのがあります。
妻は、クリトリスを改造され、クリトリスに特化した調教を受けておりました。
残されている記録動画を見ると、かなり壮絶な調教だったことが分かります。
画面に映る20代の妻は、清純そうなお嬢さんです。
妻はベッドに大の字に縛られて寝かされ、枕をお尻の下に入れられると、大きく開かれた股の中心で割れ目が全開になっています。
この動画は調教から一年以上過ぎているようで、クリトリスが半分以上皮から剥けています。
この状態で、クリ吸引機がクリトリスに当てがわれます。

若かりし妻のオマンコは、既に濡れています。
あてがわれたクリ吸引気によって、妻のクリトリスはムニューっと皮から出てきました。
一度クリ吸引気が外され、妻の愛液をつけて、クリ吸引器がもう一度あてがわれました。
クリ吸引器のポンプを作動し、吸引が始まりました。
吸引する強さにもよるでしょうが、妻のクリトリスは皮から完全に剥けきって、驚くほど大きくなって飛び出してきました。
見たところ、クリトリスの根元から2㎝くらい引っ張られているようです。
クリトリス吸引をされながら、オマンコに指を挿入されて中を刺激されると、妻は可愛い声で喘ぎ始めました。

クリ吸引器が外され、電マの先が妻の剥けきって飛び出したクリトリスにあてがわれました。
ヴィーン・・・とスイッチが入れられると、妻はビクンとはねた後、
「いやぁぁ~~~~ああああぁぁ~~~~」
と絶叫、それでもご主人様は妻のクリトリスに電マの振動を伝えつづけます。
仰け反ってビックンビックン痙攣しながら、
「だめぇぇぇぇぇぇぇだめだめだめぇぇぇぇぇぇぇ~~~」
ピュピュピュピュ~~~・・・っと潮を噴いて気絶しました。

「また、それ見てるの・・・」
妻が背後から寝室へ入ってきました。
「清純そうなお嬢さんが、変態マゾになってゆく様子は興奮するよ・・・」
妻は黙って裸になると、M時開脚になって股間を晒しました。
割目から少しはみ出たラビアは40代とは思えないほど綺麗だが、割目の上部から飛び出たクリトリスは、まるでミニチュアのペニスのようです。
かつては、そこにシルバーのピアスが通されて、SM雑誌でクリ責めされて、大量の潮を噴いていました。
ご主人様の元を離れるとき、ピアスは外してしまいましたが、一度膨張したクリトリスは二度と戻りません。

妻は27歳でご主人様の元を離れた後、37歳で私に出会うまで、誰とも付き合っていません。
「あんなクリトリスしてたら、恋愛なんて・・・」
妻が私と付き合おうと思ったのは、私が妻の出ていたSM雑誌を持っていたからです。
それは古本屋で見つけたもので、清純そうなお嬢さんの恥辱の痴態に惹きつけられたからです。
まさかご本人が身近にいるとは、微塵も思いませんでした。
清純そうなお嬢さんは、清楚な淑女となって私の前に現れたのです。

私は、妻のヴァギナやラビアを舐めるときはクンニ、膨張して飛び出たクリトリスを舐めるときはフェラと言ってます。
クリフェラでは、妻はあっという間に昇天してしまいます。
それは、クリイキなどという生易しいものではなく、白目を剥いて痙攣します。
その後目覚めると、妻は私のペニスを扱きながらジュポジュポと吸い舐めします。
これはかなりの快感で、我慢できなくなった私は妻を寝かせて、ペニスを妻のヴァギナに突き挿します。
もう愛液がビショビショのヴァギナはヌルヌルで、私が腰をグラインドさせるたびに、ブチャブチャと卑猥な音がします。
クンニとクリフェラでじっくりと弄られたヴァギナは、私の腰が動くたびにうねり、妻はかなりの快感に襲われているようで、物凄い表情で喘ぎます。

妻をマン繰り返しにして、お尻の下にクッションを入れてやると、ヴァギナが上に向くので、ヴァギナの上側や奥の妻が最も気持ちよがる場所が刺激されて、
「あ~~~あ~~~う~~~ああう~~~」
と呻き声がでます。
仕上げは、ヴァギナが上を向いたことで弄りやすくなった膨張クリトリスを摘まんで扱きながら、ズボズボと突き上げるのです。妻はシーツを握りしめながら、
「イク~~イク~~イっちゃう~~」
というとあとは唸りながら再び白目を剥いてしまいます。

「白羽ゆり」さんに似た清楚な美人妻のあられもない性生活・・・私は、私と娘を受け入れ、私に恥辱の姿を晒してくれる年上妻をこれからも愛していきたいと思います。

2 COMMENTS

コメントを残す