エッチ体験談 13,000話 突破!!

出会い系で会った2人の女

愛Tさんから投稿頂いた「出会い系で会った2人の女」。

もう20年前の話。

あの頃も今も出会い系が存在するけど、私が利用したのは伝言と携帯番号を残して、
相手から掛かってくるのを待つだけのシンプルさが良かったな。

だから、メッセージを残して、すぐに5人くらいの女の子、女性から電話を貰った。

少し話して、後が続かなかった子や、とにかく会いたい子等、人それぞれで違うのを
認識しながら楽しんでいたけど、この中で3人をキープしていた。
内訳はバツイチ子なし、看護婦、会社員で、実際に3人と会って話したけど、次も会いたいと感じたのは、バツイチと会社員のみ。看護師は髪はボサボサ手入れなし、そして、少し匂うので、看護婦という肩書きに怪しさがあり、こちらから連絡を取るのは辞めた。

バツイチ
仕事帰りに彼女の家へ寄れるから、毎日行ってた。
身体を求めても嫌がらず応じてくれたし、エッチが上達したのも、彼女のおかげ。
「若くて、回数もできるから上手になったね」と言われたのは嬉しかったな。
でも、暫くして母親の介護をする為に、実家へ戻る事になった。
「どうかお元気で、色々とありがとう。もっと一緒に・・・いつかは」
「もうバカね、まだいい出会いがあると思うから、涙で別れるのはやめよ?」
これっきりでしたが、感謝でしたね。

会社員
3人に絞った時で、年齢も2歳上で、話がしやすかった。
バツイチさんと別れて少し経った頃に、彼女から電話が来て、見たい映画があるからと誘われ、一緒に行ったけど、行った映画館はガラガラ殆ど貸し切り状態。
だから、上映中は彼女の身体を触りまくり、指で遊んだりしてると、
「もう~、それがしたいなら、初めから言ってよ。でも、気持ちイイ」だってさ。
「静かにしないとバレちゃうって。それにしても感度イイね~」
そして、映画が終わった頃には、ホテルで続きしてって言うから、たっぷり可愛がってあげたよ。

そこからは盛りのついたメス全開で会えばエッチ、何処でもエッチしたなあ。
この子としたエッチで興奮したのは、人気のない山などに連れて行って、したこと。
後ろから下着を脱がして、即バック、エッチして彼女の服を持ち去ってから、車で
少し走ったりとか、泣きながら全力で走ってくる彼女が
「待って、待ってよ~。イヤ~、置いて行かないで~」と聞こえたら車停止。
「お前にはこれがお似合いだよ。変態M女さん、気持ちイイだろ?」
「たまんない、へへ、最高に気持ちよかった」美人が台無しだけど、下品で好きだって言うと、私、こういう性癖あったんだと言ってたな。

ただ彼女と付き合いが長くなった頃に、転勤で別れる事になった。
「今までありがとうな。その性癖を生かして、誰かに飼ってもらえよ」
「イヤよ。あれは貴方の時だけね。元気でね、番号メアドはそのままにして」
「そうだね、ただ消す時はお互いに連絡してから消そうか」
「うん、そうする。ありがとう」

2年後、会社の子と恋愛をし、結婚。今に至るが、この彼女と最近ばったり出会った。
ややふっくらしたけど、相変わらず、キレイだなって思ってみていると、あちらも
気付き、近付いてきた。
「今、時間ある?久しぶりだから、話そうよ。」
「ああ、こっちは構わないけど、今1人?」
「うん、去年、別れたの。夫の浮気でさ」
「へえ~、こんな美人を泣かせるなんてな。ヒドイねえ」
「貴方も若い頃、よく泣かせたじゃない、、、フフ」
「変態M女さん復活する?ウソウソ、もう無理さ、結婚してるから」
「子供、まだ小さい?」
「そうなんだよ、君と別れてから2年後に結婚したけど、なかなか授からなくてね」
「そうなんだ、でも元気そうで安心したよ」
「それは同じ気持ちだよ。そろそろ帰るよ。またね」
「ねえ、私より先に死なないでよ。またね」
「それは約束できない話さ。君も元気でいるんだよ」

出会い系で会った2人の女性には感謝しかない。どちらかを幸せにできれば、尚、
良かったけどね。もうそれは、過去のお話。

コメントを残す