エッチ体験談 13,000話 突破!!

黙って腰を振る女

スケベ君さんから投稿頂いた「黙って腰を振る女」。

仕事かえり 顔を見た事のある女がバスを待っていた
窓を少し開け 声を掛けると軽く会釈をして車に乗り込んで来た
女は迎えに来るはずの亭主が都合が悪くなり バスを待っていたと
話しをしている内に雰囲気が 車が信号で止まった

おれは 女の股間に手をやるとその手を軽く払いのけ首を横に振った
おれは凝らずに止まるたび手を置いた 女は次第に拒まなくなた
顔が赤くなってきた 服の裾を捲りストッキングの上に手を置いた
黙ってダメと首振った ストッキングの上から手を入れ
パンティの横から指をマンコに入れた 腰を動かした脚を少し拡げた 
女は無口のまま窓の外を見ていた ストッキングを下げようとした
車は込んで来た ストッキングとパンティを脱がし片足に
抵抗することも無く 足元ライトをつけた 

奇麗な脚白い肌にこんもりとしたマン毛女は脚を拡げ
マンコが見えるように おれを興奮させ唾をぐっと飲み込んだ 
チンコは硬く我慢をしている マンコを見ながらおっと危ない赤信号
便利なのはオートマ片手運転 マンコに指を入れマン汁の音がする
女は我慢するように口に手を当て腰を盛んに動かし 息が激しく
おれもズボンの中は我慢の限界 チャック開け勢いよく飛び出した
チンポ 女はそれを見て手を振りダメダメと 車は混んでいるので
ノロノロ運転 これは幸い 女の肩を引き寄せてチンポを口に
運転中で上手にいかない 隣の車も止まっている 

女は諦めてしごき始めた我慢汁が先にそれを撫でた
もう運転は無理 後ろの車が警笛を鳴らした 彼女はチンポを離した
あと数分で家だ ハンドルを両手で運転 混んでいるので急ぐ心
女はまた唾を付けチンポを撫でまわす 家の車庫に車を入れた
女房の赤い軽自動車が止まっている 帰っているのか
車庫の電気を消し おれは助手席を倒し仰向けにチンポを出し
女は後ろ向きに跨り 可愛い丸いお尻興奮する

チンポを手で持ってマンコに 腰を静かに降ろす おれは下から
突き上げる 女は懸命に腰を上下 おれは下から突き上げる
女の奥に突き刺さる 口を手で押さえ胸は大きく息を吐き 
女は疲れたのか 前のフロントに頭を付け倒れ込んだ
両手をフロントにお尻を向たマンコに奥まで押し込み腰を激しく
おれは限界だ 女は初めて{あっ}と小さな声と同時に
おれから離れマンコから白い汁 眺め慌ててティシュで拭き 
車から出てしゃがみ込み 車庫の水道の水で マンコを洗った
女の顔は何故か悩ましく後悔しているのか文書には表現できない 
暫くぼんやりと 裏口から黙って出ていた
その女は 隣に住む新婚さん
おれ 恥ずかしなあ おれも新婚一年生 

コメントを残す