エッチ体験談 13,000話 突破!!

親戚の子

七夜さんから投稿頂いた「親戚の子」。

俺の親戚に少し複雑な子がいる
その子の両親は男児至上主義でその子は女の子にも関わらず、男の子のように育てられた
親戚にはウチの子は男の子だと触れ回わっていた

実は男の子でなく女の子だと弁明しなかったので実情を知っているのもいれば、いまだに男の子だと信じている親戚もいる
俺は結構早くから実際の話を聞いていたのでその子が女の子だと知っていた
ある日、仕事から帰るとドアの前でその子がぼんやり立っていた
俺に気がつくと、「あっ、お久しぶりです。あきらです」と挨拶してきた
「おお、あきら君か、大きくなったね」
俺は思わず実は女の子だと知らない振りをした「どうしたんだい?」
「実はちょっと家にいずらくて」
そうだろうね。女の子として扱ってもらえないのだから
「とりあえず入りなよ」
「あっすみません、一晩泊めてもらえないでしょうか」
「うん?別に構わんよ。たいしたもてなしはできんがな」
俺はあきらを部屋に上げた
簡単ではあるが食事を与えた
「着替え用意しとくから風呂にでも入ってなさい」
「ありがとうございます」
俺はあきらを風呂へと案内した
10分くらい経ってから俺は風呂へと踏み込んだ
あきらはちょうど湯船へと入ろうとして片足を突っ込んだ所だった。女の子の体は絶妙に見えない
「わっ」
慌ててあきらが湯船へと入る
「背中でも流してあげようと思ってね」
俺は全裸でにやーと笑いながら言った
「い、いえ!大丈夫です!お構い無く」
あきらは真っ赤になってそっぽを向いている
「ずいぶん赤いじゃないか、のぼせたのかい?」
「いえ、そんなことないです!」
俺が全裸なので背中を向けこちらを見ようともしない
俺はあきらの両脇に手を差し入れ、強引に引き上げた
そして無理矢理こちらに体を向けさせた
あきらのまだ中学生の幼い体がまともに見える
あきらは更に顔を赤くして口をパクパクさせている
俺はあきらがパニックになって混乱している隙に床に寝かせあきらのまんこにしゃぶりついた
「やっ!やめてください!」
あきらが逃げられないよう俺は速攻であきらの処女まんにチンコを突っ込んだ
「ぎゃっ!痛っ!痛い痛い!やめて!抜いて!」
あきらが騒ぎだしたので俺は口で口を塞ぎ、構わず腰を振り続けた
俺はあきらのファーストキスも処女も奪い、膨らみかけのおっぱいも弄んだ
そのまま中に精子を注いでやった
ポロボロと大粒の涙をこぼしながら呆然としている間に2回戦突入。再度まんこに挿入した

2回目はまんこではなく、上の口に精子を出した
あきらの体をタオルで拭き取り、全裸のまま布団まで運んで寝かせた
布団の中で頭まですっぽりと隠れ、すすり泣いているあきら
俺はしばらくメシを食ったり風呂に入ったり時間を過ごし、俺の息子が復活するまで待った
真夜中、日付が替わるくらいでいきなりあきらの布団を剥ぎ取ったウトウトしていたあきらが目を覚まし、逃げようと四つん這いになっているところをバックから無理矢理挿入
「もう、やめてください。助けてお願い」
顔を床につけたままあきらが懇願
俺は無視してそのまま中出し
あきらを肉便器のようにあつかった
仕事は休みだったので1日かけて更に2回犯した
俺も疲れて熟睡して更に翌日の朝、目を覚ましたらあきらは逃げていなくなっていた
その後親戚のネットワークであきらが妊娠したと聞いた
誰の子かは頑なに言わなかったようだが、親に医者に連れていかれ、子供をおろしたらしい

4 COMMENTS

サイトウシンイチ46歳

そのあきらさんを女の子と知っていた
のに、レイプしたのか❗️❓️。しかも、嫌がるあきらさんを何回もレイプしてナカだしして、挙げ句に妊娠までさせて、女の子としての人生を奪った挙げ句に自分があきらさんをレイプしました❗️。なんて、どうして親戚一同に告白しなかったんだよ❗️❓️。そんなおまえは、もう、人間ではないね❗️❓️。犯罪者として、この世から、さっさと消え失せろ❗️。そのほうが、あきらさんのためだよ❗️❓️。【それと、あきらさんを産んだ両親も、さっさとあきらさんを本当の意味で女の子として認めたらどうなの❗️❓️。だから、親戚の人間にレイプされるんだよ❗️❓️。それは、両親が最初から、あきらさんを女の子として認めていて、もっと大事に育てていたら、こんなレイプ事件は起きなかったんだよ❗️❓️。】

返信する

コメントを残す