エッチ体験談 13,000話 突破!!

忘れられないワンナイトラブの思い出

若い頃さんから投稿頂いた「忘れられないワンナイトラブの思い出」。

独身時代、4人の女性とワンナイトラブの経験があります。
そのうち3人は大学時代で、うち2人が女子大生、1人は人妻でした。

社会に出てからは1人、会社の研修で久々に顔を合わせた同期の女子社員でした。
この4人のワンナイトラブのうち、大学4年の時にした女子大生との一夜は今も忘れられません。

大学を卒業して、部屋を引き払って実家へ戻る数日前、それまで付き合っていた同学年の彼女の帰郷を見送り、しんみりとした気分に浸っていました。
自分も部屋を片付けて、帰郷の準備が整い、翌日帰郷というとき、2年後輩の女子大生からメールが来て、お別れに一緒に夕ご飯をと言われました。
食器も荷造りしたから外食するつもりでしたから、後輩と待ち合わせの場所に行くと、
「先輩。何食べましょうか?」
と言いながら、スーパーに入るので、あれ?と思ったら、後背は、
「肉じゃがと・・・焼き魚でどうですか?」
と言って、つまり、後輩のアパートで食べる前提でした。
私は、会計を全部持って、缶ビールと缶チューハイを買って後輩のアパートへ行きました。

食事が終わり、お酒も飲み終わり、帰ろうとしたら、
「帰らないで・・・好きでした・・・」
と言って抱きつかれました。
「君、彼氏いたでしょ。」
「でも、一番は先輩でした。」
20歳の女の子のいい匂いに、我慢などできません。

玄関の扉の前で、いきなり後輩の方から激しいキスをしてきました。
思わず後輩のスカートの中に手を入れ、パンティを触ると、濡れていました。
「濡れてるけど、抱かれたいのかい?」
というと、コクリと頷きました。
後輩、スカートを脱いで、パンティも脱いで、下半身丸出しで誘ってきました。
まだ靴を履いてなかったので後ずさりするように部屋に戻り、私も下半身裸になりました。
すると、彼女は全裸になって、20歳の瑞々しい身体を開きました。、
手で後輩の股間を触ると、愛液でグチョグチョになっていました。
後輩のオマンコは、帰郷してしまった元カノより使い込まれていないのか、ピンクでとても綺麗でした。

「あぁ・・・もうだめ・・・」
と言って、私のペニスを握ると、オマンコに誘導しました。
コンドームしてなかったけど、既にガチガチで我慢の限界で、そのまま後輩を抱き締めて、キスしながら挿入しました。
根元まで深々と挿入したら、後輩があまりの嬉しさに泣き出しました。
「ああ・・・先輩と結ばれた・・・幸せ・・・」
と泣かれたら、誘われて性欲だけで抱いた後輩に、少しばかりの愛情を感じました。
やがて、パンパンと音がするほど腰を打ち付けたら、後背は仰け反り始め、
「アッ!アアッ!アン!アアン!」
と喘ぎだすと同時に、ペニスを締め上げてきて、慌てて抜いて後輩のお腹へ射精しました。

精液を拭き取ったら、後輩と二人でお風呂でいちゃつきました。
お風呂から上がったら、後輩はベッドに仰向けに寝て、
「もう一度、抱いてほしい・・・」
と潤んだ目で訴えました。
私は、後輩の両足を開き、オマンコにむしゃぶりついて、激しいクンニをしました。
顔が愛液だらけになるほどクリを舐め終わると、後輩のクリは真っ赤に充血していました。
すると後輩は、私のペニスをおしゃぶりして、私を押し倒して跨ってきました。
帰郷した元カノは、恥ずかしがって交際1年後にやっとしてくれた騎乗位を、後輩はいきなりしてきました。
クイクイと淫らに腰を振り、オッパイを揺らして感じる後輩を見上げました。

後輩が限界に達して倒れ込んだから、正常位になって、めちゃくちゃ激しくピストンしたら、後輩は痙攣しはじめました。
息もハァ!ハア!ハァ!と乱れて、シーツを握りしめていました。、
そして後輩は大きく仰け反り、
「ヒィーーーーーーーーーーーッ!」
と激しく叫んで白目を剥いてしまいました。
私はペニスを抜いて、今度は後輩のオッパイに射精しました。

この夜、後輩を抱きながらベッドで朝まで寝ました。
そして、朝にシャワーを浴びて、最後のセックスをして後輩のアパートを出ました。
午前中、来なくていいのに母親が来るので、急いで帰ろうとしたら、後輩が見送りについてきてしまい、私の母親と遭遇、
「あら、もしかして彼女さん?見送りに来てくれたの?」
すると後輩がペコリとお辞儀して、完全に彼女気取りでした。
母親は、昨夜布団を使っていないことに気づき、
「もしかして昨夜は、彼女さんのところで最後の夜を?」
と言って後背を見ると、真っ赤になっていました。
あの後運送屋さんに荷物を託した後、後輩に見送られて東京を後にしました。

こうして私の母親は、すっかり後輩を元カノだと勘違いしてしまいました。
帰りの新幹線で、
「あの女の子のあんたを見つめる目、かなり本気よ。ちゃんとお別れできたんでしょうね?」
「一晩中お別れしたから大丈夫だよ。」
「まあ、若いわね。」
もうそれ以上、母親は後輩の話題をしませんでした。
もう、十数年前の出来事ですが、今でも忘れられないワンナイトラブでした。

5 COMMENTS

サイトウシンイチ46歳

いいな♥。そんな先輩が大好きだった後輩と最初で最後の一夜限りのラブラブセックスをしてもらえてね❗️♥。本当にものすごくうらやましいよね❗️♥。なんで、そんな後輩さんを彼氏から奪ってでも、彼女にしなかったのかな❗️♥。ワンナイトラブで終わらせることなんてなかっただろうにね❗️♥❓️。本当にものすごく勿体ないことをしたもんだよね❗️♥。

返信する

コメントを残す