エッチ体験談 13,000話 突破!!

女教授

優さんから投稿頂いた「女教授」。

俺が受講しているゼミの教授は女だ
髪は後ろで束ねていてメガネをかけ、化粧っ気はほとんど無く、そのくせスタイルはかなりイイ
きっとちゃんとメイクして着飾れば街で皆が振り向く超美人

本人は恋人より自分の研究が第一って感じで特定の男の影は見えなかった
その女教授は人体について研究しているらしく、研究に自分の体をデータに差し出せばセックスさせてもらえると噂があった
最初はまさかそんなことないだろうとと笑ってスルーしていたが、周りでチラホラそれを体験したと言う人が出始めてマジでアノ体を好きにできるのかとドキドキしていた

その日はある日とうとう来た
ゼミが終わり、帰ろうとした時声をかけられた
マジで!?
俺の視線は服の上からでもわかるデカイパイオツに釘付け。向こうの話もろくに聞かず俺は研究に了承した
研究室に連れていかれ、服を脱ぐように言われ、固いベッドの上に寝かされ色々と検査され逐一教授はなにやら紙に書き込んでいた

小一時間検査されたあと、教授が寝たままの俺の上にまたがり、騎上位でハメさせられた
いつの間にか俺のチンポにはゴムが付けられていてその冷たい表情を崩すことなく俺はイカされ、はい終わりと教授は離れ、服を着ていた
え?なんか想像してたのと違う
俺は物足りなさで一杯だった
せめてそのアへ顔が見たかった
教授自身の気持ち良さなんて全く感じなかった

俺は何日かして、周りに相談してあることを企てた
それから俺はゼミの後教授に声をかけ、もう一度研究に協力させてとお願いした
もうこれといって調べることもないのだけれど。まあいいわ、それならもう一度来てくれる?と俺は研究室へと教授と入った
前回と同じように俺は全裸で寝かされ教授がデータを取っていた
データを取り終わり、教授が服を脱いだ瞬間を狙って潜んでいた友人二人が教授を取り押さえた

俺と3人がかりで裸の教授を逆にベッドに寝かせ、両手両足を大の字に固定した
友人Aがそのマンコに極太バイブを突っ込み最大出力で作動させた
さすがの教授も20分くらいで体をビクンと震わせ、イったのがわかった
その後は3人で交代で教授を犯した
休憩している時はバイブを突っ込み、教授を休ませなかった

教授の体はマンコやその周りに精子まみれになっていた3人で10回くらい犯した後、俺と友人二人が予め呼んでいた知り合い、合わせて追加5人が到着次第好き勝手に陵辱し始め、さすがの鉄面女も泣いてもうやめてと懇願していた
それを見た俺は興奮してきて、もう充分楽しんだつもりだったけど、輪姦に加わり教授を犯した
これだけのことをされて次のゼミでは相変わらずの氷の表情で平然としていたのはさすがと思った

1 COMMENT

コメントを残す