エッチ体験談 12,000話 突破!!

上手な人って違う

ミズキさんから投稿頂いた「上手な人って違う」。

私は42歳のシンママ。

今、奥さんある人と不倫中。
誰にも話せませんが唯一そんな話を出来る12歳上の男性がいて、その奥様とも仲良しなのですが彼も不倫中。

私のここ数年の男性遍歴も彼の不倫遍歴も知ってる仲なのです。
隠し事が無いのは不倫中の彼じゃなくその人だけ。彼もそう。
奥さん公認なので奥さんが飲みに行く日は2人でカラオケに行きます。

二人とも酒を飲まないから。
この間はなんと6時間歌っていました。
その合間に赤裸々な話をします。
私も彼も具体的なエッチの内容を聞かれるがままに話すのです。

「こんな話して私を襲いたくなりませんか?」
「なるよ。でもその気の無い相手としたって気持ち良くないだろ!?」
「私がしたいって言ったら?」
「それなら喜んでする!」
「じゃ、しませんか?」
「マジで!?」
「うん、彼と会えてないから欲求不満だし、話聞いてたらどんな風にするのか興味があるし・・・」
「じゃしてみるか・・・」
そんなノリでホテルへ行きました。
二人でお風呂に入ってまったりします。
「見た目よりおっぱい大きいな・・・痩せてるし・・・」
「でしょ!?いつも脱いだらすごいって言ってたじゃないですか・・」
「すまん、信じてなかった」
彼はお風呂では大きくなっていませんでした。
柔らくて可愛い仮性包茎のチンポ。
お風呂からあがって身体を拭いてくれ、私も拭いてあげてチンポも拭いたところで私は舐め始めます。
あっという間に大きくなったそれは凄い膨張率であの可愛かったモノが三倍くらいに。
今の彼よりちょっと太く長いのです。
フェラ好きな私はうれしくなって夢中になってご奉仕してしまいます。
根はМですから。
ソファに移動して座った彼は一服していいかと聞きます。
イイと答えると吸い始めました。
その彼にまたフェラをします。
タバコを吸われながら見下ろされてるとМ体質が反応してゾクゾクして濡れてきます。
吸い終わった彼が私にキスしてきます。
煙草臭いキスはしばらくぶりで感じちゃうしキスも上手くてうっとりしていました。
それからじっくりと流れるような愛撫をされていました。
今までで間違いなく一番上手な愛撫にそんなにすぐにイカない私が二度イカされてしまいました。
濡れやすいほうでもないのにアソコはグッショリでもう入れて欲しいのに愛撫が続きます。
我慢できずにまた私からフェラをして、そのまま上に乗って生で入れちゃいました。
生入れは別れた夫以来です。
それくらい感じさせられ焦らされていたから・・・
久し振りの生は気持ち良すぎで彼の上でいっぱい動いてしまいます。
騎乗位で初めていっちゃいました。
その後大好きなバック。
長いから奥に当たってキモチいい・・気持ちよ過ぎ!!
やっぱりバックでもイキましたが、意地悪されてイッたからと言っても動きを止めてもらえず、おかしくなる様な気持ち良さでまたいかされました。
横に寝てのバックや片足を高く上げさせられて奥を突かれたりされて、今の彼ならもうとっくに終わってるのに入れられっぱなし。
アソコはぐちょぐちょになっています。
正常位になってからの彼の突き入れ方が絶妙に上手くて正常位なのにこんなに違うんだと初めて感じながらまたイキそうになってきました。
「何処に出す?」
そう聞かれて一瞬考えましたが生理直前のOKな日。
私はこんなに気持ち良くされてうれしかったから
「中がいい・・・」
「マジで!?」
「うん、大丈夫な日だから・・・思いっきり出して・・・」
そう言うと彼はピッチを速めます。
すぐイクかと思ったらそうじゃなく強い突き入れが続いて凄く気持ち良くて私は
イってしまいました。
彼はイってる私を構わず突き続けてくるので凄い大きな声を出してしまっていました。
一番奥で熱い塊を感じました・・しばらくぶりの中出しは気持ち良かった・・・

「どうでしたか、お嬢さん・・・」
「すみません・・・オレは上手いぞって言ってたの信じていませんでした・・・」
そう言ってお礼にお掃除フェラをしてあげました。
二人はまた仲良しのカラオケ仲間に戻りました。
「またしたくなったらお願いします!」
「はい、いつでもどうぞ・・・」
二回目はまだしてません。

コメントを残す