エッチ体験談 12,000話 突破!!

セーラー服パブで鍛えた嫁さんの手コキ

ドピュン夫さんから投稿頂いた「セーラー服パブで鍛えた嫁さんの手コキ」。

結婚して3年、僕は29歳、嫁さんは26歳、0歳6ヶ月の娘が一人います。
嫁さんが生理の時は、手コキで抜いてもらう男性は少なくないと思いますが、僕の嫁さんも抜いてくれます。

妊娠してセックスが禁じられた時、嫁さんが手でしてくれたのがそのまま続いている感じですが、嫁さんは普通に抜いてくれません。
正確には、普通に扱いてくれないのではなく、なかなか扱いてくれないのです。
サワサワサワ~っとくすぐるように触れてきて、扱かずに擦る感じなんです。
気持ちいいけど射精できるほどの快感じゃないから、生殺しです。

僕の嫁さんは、元々はキャバ嬢みたいなことをしていました。
志田未来さん風のロリ顔で、セーラー服パブという飲み屋さんで接客していました。
短大2年の時に嫁さんの父親がリストラに遭い、本格的な風俗は嫌だったから、性接待の無いセーラー服パブで、ロリ顔を活かして学費を稼いだそうです。
でも、そのバイトが彼氏にバレて、振られたみたいです。
基本的に性接待はないはずのパブでしたが、手コキは黙認されていて、嫁さんも手コキしてチップを貰ったそうです。
何人かを手コキしているうち、焦らして大量射精させた方が、手コキ時間も長いし、チップが多かったそうです。
亀頭だけを擦りあげたら、時々幹を優しく擦り、決して扱かないを繰り返すと、おじさんたちがハアハアして面白いんだそうです。

因みに、セーラー服パブのセーラー服は自前なので、嫁さんは今でもコスプレで着てくれます。
嫁さんは、今でも26歳とは思えない幼顔なので、メッチャ似合います。
それはセックスするときだけでなく、整理期間の手コキの時も来てくれるので、志田未来さん似のセーラー服少女に生殺しの手コキをされるのでたまりません。
ローションを少し手につけて、亀頭に塗りたくり、地獄の亀頭だけの擦りです。
そのバリエーションはいろいろあって、手のひらでクルクル擦ったり、指をタコのようにしてカリから上を擦ったりします。
そして思い出したように幹を擦るんです。
幹は、扱くんじゃなくて擦るだけだから、射精できるほどの刺激じゃありません。
亀頭だけを集中攻撃された後、幹を擦られると腰が動いてしまいます。

今、嫁さんが生理期間だから、昨日もセーラー服で手コキされました。
された事ある人ならわかると思いますが、亀頭だけを刺激されると、もどかしい快感に耐えられなくなってハアハアします。
「あう・・・はあ~・・・ううっ・・・はあはあ・・・イカせてぇ・・・」
もう、反射的に腰が動きます。
その上で優しい幹擦り、もう発狂しそうでした。
「腰が動いてるわよ~~でもまだだよ~~」
セーラー服着た可愛い嫁さんに焦らされて、涙目の僕でした。
これ、30分くらいされるんです。
そして最後、シコシコと扱かれるとドッピューンと勢いよく射精します。
「玉屋~~」
と恥ずかしい手コキ射精を花火に比喩されますが、嫁さんは射精を見るのが大好きでご満悦なんです。
ビクビクしながら溢れだす精液が、可愛いセーラー服姿の嫁さんの手を汚します。
その時、僕は素敵な嫁さんと結婚できたことに感謝します。

1 COMMENT

コメントを残す