エッチ体験談 12,000話 突破!!

行き場のない思いを書き込みするヘタレな俺

ヘタレさんから投稿頂いた「行き場のない思いを書き込みするヘタレな俺」。

半年前、元カノに、
「なんだか、気持ちが無くなっちゃったみたい。私からあなたに会いたいと思わなくなったし、あなたにラインもメールしようとも思わなくなった・・・正直に言うけど・・・」
こう言われた時、じゃあ、もういいやって思っちまった。

強がって距離を置いてみたものの、やっぱり辛い。
今は友達に戻った感じ。
俺から元カノにラインやメールをすれば、友達として返してくれるんだろうけど、元カノは俺にとって友達じゃねえんだよな。
友達としてなら、消えてくれた方がマシ・・・
俺は不器用だから、口八丁手八丁で友達から元カノへ戻すようなテクも無いし、他の女を誑し込むほど吹っ切れてもいない。
朝から晩まで、折に触れ元カノを想うばかりなんだ。

先週の金曜日、仕事帰りに駅に向かって歩いていたら、路地裏から元カノと知らない男が出てきたのを目撃したんだ。
その路地裏、入っていくと、右手に元カノとよく行ったラブホがあるんだよね。
頭をハンマーで殴られた思いだったよ。
その夜、やっぱ夢に見ちゃってねぇ・・・

裸の男と裸の元カノが抱き合って唇を重ねてた。
そう、それはあの歩tルのベッドの上で、元カノと男の足が絡み合ってるんだ。
当然、元カノのマンコには男のチンポがズッポリと挿し込まれ、グラインドが始まる。
チンポは根元まで挿し込まれて、元カノのマンコがグラインドに歪むんだ。
元カノの可愛い喘ぎ声が漏れだす。
元カノ、一番奥まで入れられた時に、先っぽが子宮口に触れるくすぐったい感覚が、メッチャ好きなんだよね。
俺ん時は騎乗位が多かったけど、夢の中では元カノと男が正常位でベロチューしながらハメてんのね。
もう、会いに満ち溢れたセックスを見せつけられてる感じ・・・

そのうち男が上半身を起こしてピストンを始める。
元カノのマンコが、カリで引きずり出されるように盛り上がる。
それがGスポットを擦るもんだから、元カノ、あまりの気持ち良さに男の腰に腕を回して男の腰がGスポットに当たるように過度な抜き差しを抑えるようにしがみつくんだ。
すると男は、
「ここが良いのか?ここが感じるのか?」
と言いながら、元カノのマンコを突き立てる。
元カノは正常位で男に組み敷かれ、足をヒクヒクさせながら絶頂へ駆け上がる・・・

半年前まで俺がしていたことだから、全部想像できてしまうし、ラブホから出てきたんだから、絶対やってる。
辛い夢だったし、夢とは言え現実に近い夢・・・
忘れようと努力していた矢先、また元カノに気持ちが戻っちまった。
元カノに気持ちがあるうちは、元カノに気がないのを思い知るから友達としても会わないようにしていたのに・・・
ラブホの前で見ちまったのは、あまりにも温度差が違いすぎて辛いわ。

いつまで忘れられないんだろう。
新しい男ができた以上、元カノへの俺の想いは完全に行き場を失った。
もう、どこへも行き場がない想いは、ここに書き込んで読んでもらうしかない。
あとは、元カノに最後に会う日がやってくるのを静かに待つだけ。
そうしたら素直に「さよなら」を言えるかな・・・

3 COMMENTS

匿名

新しい好きな人なんていないよ嘘の情報に、騙されないでね。急いでお手紙書くね。どんな時も大好きだよ。

返信する

コメントを残す