エッチ体験談 13,000話 突破!!

ドSな年上美人妻に射精を支配されています

年下夫さんから投稿頂いた「ドSな年上美人妻に射精を支配されています」。

結婚して22年の嫁は5歳年上の50歳、和久井映見に似たメッチャ別嬪さんなんだけどドSです。
学歴も嫁は大卒、私は高専卒と嫁の方が格上、嫁は美人で私フツメン、私が嫁に惚れて付き合ったけど、嫁に彼氏の居ないのは嫁がドSだからとわかりました。

何せ、クン二はイカせるまでさせられます。
そして、新婚の頃から生入れで、中イキするまで射精禁止です。
子作りは結婚1年後と決められていましたから、中で出すわけにもいかず、必死で射精を我慢しながら腰を振りました。
「ヤバイ!」
と言って抜いてドクドク出そうものなら激怒されました。
一度ペニスを洗って、それから髪を縛るゴム紐でキンタマとペニスの根元を縛られて強制勃起させられ、再び腰を振らされました。
二度目は長持ちして、嫁をイカかせることに成功します。

嫁は、中イキすると満足して、勃起させたままの私のキンタマとペニスからゴム紐を外すと、仰向けになって足を拡げてオマンコをめくり上げ、
「ほら、私の裸でオナニーして出しなさい。」
と言われ、嫁のオマンコを見ながらシコシコ、ハァハァしながらシコシコ、腰を前後に動かしながらシコシコ、そしてニヤニヤしながら見上げる嫁に見られながら、惨めなオナニー射精を披露しています。

嫁が40歳から40代半ばが一番きつかったですね。
何せ、毎日したがりましたし、休日は朝と夜のダブルヘッダーでした。。
さすがに私も慣れて、嫁をクリイキさせてからの中イキはお手の物になっていましたが、30代後半で、365日、毎日セックス、休日は2回はきつかったです。
そして安全日は中出しが許されましたが、そうじゃない日は、嫁がイッた後、嫁の裸でオナニー射精を鑑賞されました。
嫁に生理が来ると、ドS嫁の手コキで亀頭責めされました。
絶妙のタイミングで射精を焦らされ、ハァハァと半泣き状態、でも、射精はせてくれず、限界になると、
「ほら、自分で扱いて出しなさい。」
と言われてガマン汁ダラダラのペニスを3擦り、ドッピューッと噴き出す精液をニヤニヤしながら嫁に見られています。

ドS嫁ですから、40代前半は発情しっぱなしでヤリ盛りだったので、休日の朝は、嫁がイッた後、射精を許されませんでした。
夜の部でペニスの硬さが弱くなり、セックスが気持ち良くないからという理由です。
気持ち良すぎる生セックスの後、射精を許されないのは厳しいです。
勃起したままセックスが終わるから、休日はムラムラ状態で、夜はお待ちかね状態になります。「そんなに私を抱きたいの?仕方ないわねえ・・・」
なんて言われていました。

アラフィフになって、やっと嫁は落ち着いてきて、セックスは現在週4回で、休日も夜だけになりました。
まだ45歳の私は、週4回なら勃起力は維持できます。
この後、このペースをいつまで続けられるかわかりませんが、もし、勃起力を維持できなくなったら、エネマグラを使うと宣言されています。
正直、お尻の穴は怖いですが、嫁にマゾ化された私は、ちょっと期待もしているのも事実です。
年上に見られないほど綺麗で若々しい嫁を持つ私は、みんなに羨ましがられますが、夫婦の性生活の実態を知ったら、驚くでしょうね。

3 COMMENTS

匿名

すみません、前に何処かでみたような・・・気がします。

返信する

コメントを残す