エッチ体験談 12,000話 突破!!

女上司の裏の顔

風林火山さんから投稿頂いた「女上司の裏の顔」。

新卒入社した会社で、早3年。
同期入社のメンバーは、この3年で、俺1人となってしまった。

原因は、俺の直上司のさゆり課長のせいと、先輩方は言う。

確かに、自分に厳しく他人にも厳しいを地で行く課長は、他部署へも容赦がない。
この課長、俺の入社時の教育担当でもあって、そのまま課長の下へ編入された。

そして、今日金曜日も残業、
「課長、朝に頼まれた仕事ができたので、確認をお願いします」
「武田君、仕事が早いね。じゃあ、見せて貰おうかな」
簡潔に要点だけを述べ、上司の返答を待つ。
「いいね、点数で90点。ここをもう少し、詰めてみなさい。そうすれば、100
点ね。武田君、君はこの3年、私の下で頑張ってくれてるから、もっと高みを目指し
なさい。でも、今日はここまで。遅くまで、お疲れ様。何処かでお酒でも飲んで、
疲れを癒しましょう。もちろん、私のオゴリだから遠慮なく」
「は、はい、喜んでお供します。ゴチになります」
「さあ、行きましょう」

その日、このお酒の席で、鬼だの鉄の女だの言われる、課長の裏の顔を知る。
「さあ、飲むわよ。武田君、今から課長はナシ。さゆりさんとでも呼びなさい」
「は、はあ、さゆりさん、分かりました」
「ヨシヨシ、いい子ね。ほら、遠慮しないで、君も頼みなさい」
「じゃあ、遠慮なく・・・」
こんな調子で食べて飲んで、気付けば、課長は、結構酔ってる。いつもと違う感じ
にとまどいながら、楽しんで、店を後にした。
「課長、ご馳走様でした。とても楽しかったです」
「いいのよ。たまにはこうしてパーッと行かないとね。まださゆりさんと呼ぶのよ」
「はい、でも大丈夫ですか?僕は一人暮らしをしていますから、時間には余裕が
ありますが、もう結構遅いですよ、家族の方が心配しませんか?」
「家族?言ってなかった?私も一人暮らしで、彼もいないのよ」
「ええ、彼氏いないんですか?嘘だ、それは信じられない、こんなにキレイなのに」
「へえ~、武田君、私をそんな目で見てたなんて、嬉しいじゃない」
「僕も男ですから、さゆりさんを女性として見ますよ」
「じゃあ、これから行くところは、あそこね。ついてらっしゃい」

付いていくと、そこはホテル。
「えっ、え、え、さゆりさん、ヤバいですよ。いくらなんでも上司と部下ですよ」
「私を女として見たんでしょ、酔った上司をホテルまで連れて行ったなんて言えば、いくらでも言い訳も立つじゃない。それに酔って、足がツライのは事実よ。
部屋まで連れて行ってくれるかしら」
「分かりました、部屋の前までで」
部屋の前まで来ると、
「ありがとう。君も入りなさい」
「しかし、約束が・・・」
「恥を欠かせないで、私だって女なのよ。部下の子を好きになってもいいじゃない。
会社の中で悪口を言われてるの、知ってる。私が傷付かないとでも・・・」
えっ、と思ったのは事実。課長も俺を男としてみてた?裏の顔は、何処にでもいる
普通の女性の顔でした。思わず、課長を抱きしめてしまいました。
「落ち着いて、大丈夫、大丈夫。このままで、いて下さい」
30分、泣きっぱなし。こんな、かよわい女性だったなんて知らず、裏の顔を知った
時、ムラムラし始めました。モノにできそうだと。
「どう?落ち着きました?まだ辛いなら、このままでも大丈夫ですよ」
「取り乱して、ごめん。あと少しだけ、いい?久しぶりなの、抱きしめられたの。
武田君、優しいのね、だからつい、その、困らせちゃったわね」
「ご馳走されてますから、それくらい大丈夫ですよ。ただ、さゆりさん、いい
ニオイするんで、大丈夫と言った手前ですが、ムラムラして我慢できずに襲って
しまいそうです」
「いいわ、襲っても好きな様にして後悔なんかしない。君の前なら、自分をさらけ出せそう。私をたっぷり可愛がって」
「今からさゆりは、俺の女ね。会社では上司だけど、2人の時は俺の言いなり女
だよ、絶対服従だよ。分かったね?」
「は、はい、言いなりになります、だから早く・・・」
「早くなんだ、言ってみろ?」
「早く抱いて下さい。お願いします。」
「そうか、じゃあ、まず脱げ。ちなみに生でしかやらないからな。今から
お前を徹底的に蹂躙して、調教開始だ。いいか?」
「な、生ですか?いえ、言う通りにします」
「よし、俺も脱いだ。お前は跪け、その前に何がある?」
「あなたの立派なおちんちんです」
「どうしたい?舐めたいか、触りたいか?」
「はい、私の口でご奉仕します。よろしいですか?」
「自信ありそうだな。満足しなかったら、ノド奥まで突っ込むからな」
「はい、精一杯やらせて頂きます」
「よーし、いいぞ、さゆり。よしよし、これで一旦おあずけ。このあとは、
ベッドでお前の身体を舐めまくってやる。おお、いいね、その反応。くすぐったい
よな、女のその顔を見ると、興奮して、どんどん責めたくなるんだ。ムネも、
乳首の色だってキレイじゃないか、形もいいなあ」
乳首を噛んだり、舌で転がしたりして、最後に捩じる様にひっぱってやりました。

「ああ、イクの我慢できなかったかあ。それは、仕方ないな。ふとももの内側も
くすぐったいだろ、そろそろ、オマンコをじっくり観察するかあ、どれどれ。
おお~、色もキレイだな。もうヌレヌレか、焦らすのもここまでか」
「も、も、もう挿れて、気持ちよくて、ハアハア」
「よし、いいだろう。生ちんちんをハメてやるかあ、いい声で喘げよ~、ほら」
「あっ、あっ、あん、あ、あ~、気持ちいい~。もっと、突いて~、もっと~」
「これで、どうだ、よし、いつでもイッていいぞ、さゆり、イケ~」
「あ、あっ、あん、ああああああああああああ、イク~」
「俺もそろそろ、中出しキメてやるかあ、おお~、イク。ハアハア」

「さゆりさん、どうだった?気持ちよかった?」
「もう~、人が変わったかのようで、すごい怖かった~。」
「でも、俺が、あの様にすれば、気持ちよくなってくれるかなって。抱きしめられ
たの、久しぶりなんて言うから、セックスもしてないんじゃないかってね」
「気持ちよかったよ、久しぶりなんて形容が難しいくらい前なの」
「あと、俺の女は継続だからね。俺の前では、女らしくいて、泣きたい時は
泣けばいいよ?慰めてあげる。仕事中は、いつも通りね」
「意地悪なところもあるけど、優しいのね。お母様の影響とか?」
「ええ、それが一番大きいですね。孝行したくても、もういませんけど。父も姉も
母も、相次いで亡くしました。時々、母の妹つまり叔母が心配して電話くれるだけ」
「あなたもなの。私もそう、家族はもう誰もいない。ごめん、また泣いていい?
同じ境遇の人が、こんなに近くにいたからホッとして、泣けてきちゃった」
「どうぞ、俺が抱きしめて、温めてあげる。中出ししたから、妊娠したら
言うんだよ」
「うん、妊娠したら、責任とってね。シャワー浴びて、一緒に寝て」
「ああ、いいよ。朝はモーニング食べてから、家まで送っていくよ」

「おはよう、よく寝てたね。寝顔、カワイイんだね」
「化粧してないから、ヤメて。恥ずかしい」
「俺の女なんだろ?見せて、ハイ(キス)」
「こんな朝を迎えるなんて、幸せよ。すぐ準備するわ」
「慌てなくても、チェックアウトはまだだよ。ゆっくりしたら、いい。モーニングは
別で食べてもいいから」チェックアウトし、さゆりを送る。

「じゃあ、これで。いい家ですね」
「ねえ、待って、待ってよ。着替えてくるから、アパート行っていい?」
「いいですけど、ボロいよ~、築何十年っていう物件だから」
「うわあ、昭和~って感じね。もう長いの?」
「大学の時からなんで、長いですね。ここトイレ付風呂付で珍しく安いんですよ」
「それに当時、母を亡くしたばかりでしたけど、このアパート、大学の先輩や
同級生、後輩までいたんで、それ程、寂しくなかったですね。あと貧乏で、金が
ないんで、みんなで大鍋して食べて、酒飲んで、毎日、バカ騒ぎ、それを大家さんが
怒鳴るんです、楽しかったですよ。もうここも近々壊す予定らしいので、思い出が
消えてしまうのは、寂しいけど、昨日、かけがえのない人を知りましたから」
「うん、一緒に暮らそう。時が来たら、結婚して。私を武田君の妻にして」
「ありがとう。幸せにするよ」

今は結婚して、子供がもうすぐ生まれて来ます。
会社では、あの鬼、鉄女が口説かれて、結婚するって話が出て、衝撃が走りました。
違う課の先輩達に、そんなヤバい奴、誰だよ?って聞かれたから、私ですが、何か?
と言い、これから妻をバカにするなら、容赦なく潰しに行くんでと付け加えたら、
もう誰も妻の事を悪く言わなくなりました。会社の女性陣から、祝福の言葉を
沢山頂きました。ありがとうございました。

2 COMMENTS

コメントを残す