エッチ体験談 13,000話 突破!!

銭湯

猫娘。さんから投稿頂いた「銭湯」。

ある日とある街の銭湯で定休日でもないのにお休みの貼り紙がしてあった
私はその内情を知っている。中でAVの撮影をするからだ
私はそのAVのスタッフの1人で真っ昼間から準備を進めていた

AVの内容は素人企画で街で通行人に声をかけ、銭湯でゲームをしてもらい、勝つと賞金、負ければレイプという罰ゲームというありふれた企画
確かに出演の女の子は素人だけど、通行人にというのは方便で、高い報酬で集められた仕込み。中には風俗嬢もいる
ゲームに勝っても負けても報酬は出るので、逆に勝っても賞金は出ないのは内緒
集まる女の子は5人のはずなのだけど、どうしても1人来なかった
急遽監督から私に出演してくれないかと言われた

私はイヤだと言ったがどうしてもなど散々言われ、出演料も倍で色を付けるとしつこく懇願されて渋々了承した
銭湯にはまず、水着に着替えて男湯に突撃、湯船に浸かり、入浴客と談笑。その後ゲーム開始という流れで一人づつの出番
私の順番は最後だったが、1人目の女の子が水着を手にして、「これ、溶けたりしませんよね?」と疑問を投げ掛けてきた
スタッフの1人が洗面器に水入れたのを目の前で見せて、「ほら、溶けたりなんてしませんから」と実演して見せた

私もスタッフの1人だったけど、溶ける水着なんて聞いてないし、その辺は安心してた
出番は一人づつなので出番まで他の女の子は別室で待機、皆、思い思いの時間を過ごしていた
4人目の出番がきて私はいよいよ最後。1人になると急に心細くなってきた
ゲーム自体は公平なもので勝つか負けるかは運次第。レイプされる覚悟もしなきゃいけない
そして私の出番
他の女の子のように水着に着替え、男湯に突撃
エキストラ兼男優のオジサンオジイサンが3人湯船に浸かっていた

私は「お邪魔しまーす」と湯船に入っていった
少しの間、おしゃべりタイム
さて、ゲームをしようかと声をかけられ、私は湯船からあがって、ゲームの説明を受けていたら、ふと自分の体から水着が消えていて驚いた
えぇー!!
と驚きの声を上げて私は慌てて体を手で隠した

水着には私も知らない仕掛けがあって、紐の部分が溶けるようになっていたのだ。気付かない内にお湯の中で水着が外れ、一緒に談笑してたオジサン達に回収されていたらしい
私は全身の恥ずかしい所を漏れなく激写された
私は体を隠しながらなのでゲームも対等でなく、圧倒的に不利。結果負けてしまった

レイプされる覚悟はしたつもりだったけど、イヤな物はイヤで、逃げようとしたけどスタッフやオジサン達に取り押さえられ、オジサン達に順番にハメられた
3人のオジサン達に犯されて撮影はストップしたけど、陵辱は止まならくて今度はスタッフ達に犯された。前から私を狙っていたらしい
この件があって、私はこの仕事から退職した

コメントを残す