エッチ体験談が11,000話を突破しました。

友達が看護師をする病院に入院したときにオナニーを見られて手伝ってもらった

PR

サッカーして右足骨折して入院しました。
そこの病院に友達のNが看護婦してて、
忙しい合間をぬって、話し相手に来てくれます。

明るくて普段から仲のいい子で、けっこう下ネタとかも乗ってくれるおもしろい子です。
けっこうかわいいので僕のお気に入りの友達でした。

「ナースの服ってけっこうえっちだなあ」とか
「おまえ、ブラとパンツ透けてるぞ」とか言っても
「えっち~ そんなとこばっかりみないでよ~」と笑って言い返してくる子です。

冗談抜きで禁欲生活の病院の中では、もうバリバリ興奮してしまう。
勃起率100%だね。

そんなとき個室の僕は、夜になると貯まったのを出そうと
シコシコしてたら、夜勤のNが入ってきた人影が見えたので
あわてて布団を被した。

「時間あいたから遊びにきたよ~」ぎりぎりセーフ。

Nが布団の端に腰掛けて手をおいたときちょうど股間で
「痛いっ」って言ったら「ごめん。大丈夫?」と布団をめくった。

「あっ!」ギンギンの勃起してるのを見られた。

「なにしてるの~?」かなりビックリしていた。
「いや~、その~・・・」としどろもどろしてたら、
「あはは。どうしておっきくなってるの?オナニーでもしてたの?」と笑われた・・・。

僕は真っ赤になって何もしゃべれなかった。

「貯まってるの?しょうがないよね~男だもんね~」
ますます恥ずかしくなって下を向いてたら、
「出してあげよっか?」と意外な言葉で今度はこっちがビックリした。

返事しないうちに、手でシコシコしはじめた。
冷たい手がかえって刺激になって何とも言えない心地がした。

「うふふ、気持ちいい?」「うん・・・」もうたまらない。
しばらく出してないせいもありまた、なんか友達にされて背徳な気分でいっぱいだった。

シコシコシコシコッものすごく気持ちいい。
「どう?気持ちいい?いっぱいだしていいよ。」
「ああ~」あえいでる自分が情けない・・。

どぴゅ~ 出ちゃったよ・・

「いっぱい出たね~。気持ちよかった?」
「うん。最高によかった」
「あはは。いつもエッチなことばっかり言ってるからおっきくなるんだよ」
「これでT君とただの友達ではなくなっちゃったね!あはは」
なんだかうれしいような恥ずかしいような複雑でした。

「すっきりしたところでそろそろ行くね」と言いドアに向かって歩いていった。

「Nちゃん、よかったらまたしてくれない?」と勇気を出して言ってみた。
すると、手を何か握ってる風にして上下しながら、

「いいよ。またしてあげる。」と言って去っていった。

10+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR