エッチ体験談 13,000話 突破!!

忘れられないセックスの元妻にさよなら

空蝉元夫さんから投稿頂いた「忘れられないセックスの元妻にさよなら」。

バツイチ44歳、再婚して10年になる妻は37歳でとっても可愛い。
37歳には見えないロリロリな顔と身体をしている。
昨夜、その妻といつものようにセックスをした。

37歳だというのに、セーラー服コスプレが良く似合っていて、上半身はセーラー服を着せたままセックスした。
さすがに女子高生には見えないけど、三十路にも見えないから、かなり興奮してる。
オマンコも浅くて、奥に当たるたびビクビク反応する。
バツイチの俺なんかと結婚してくれて感謝してるし、妻のことは心から愛している。
セックスも普通に満足している。

でも、時々元妻のことを考えることがある。
俺27歳、元妻25歳で結婚して3年後、元妻に海外派遣の話が出て、悩みに悩んだ結果、まだ子供がいないから別れて元妻のキャリアを応援することにした。
「これからは友達でいようね。男女の親友・・・」
「ああ、メールはPCにくれよ。時差があるから、夜中に携帯が鳴ったら敵わんからな。」
「そうね。じゃあ、向こうでPCのネット環境が整ったら、あなたのPCにメールするね。」
「ああ、水が変わるから、身体に気を付けるんだぞ。さよなら。」
「さよなら。あなたも元気でね。」
嫌いで別れたわけじゃないから、元妻を見送った後、成田空港で泣いてしまった。
あれからもう、14年も年月が過ぎ去った。

元妻を愛していたが、それよりも元妻とのセックスが忘れられない。
ややムッチリ系の元嫁のスタイルは、セックスするためにあるような身体だった。
とても魅力的で美形、女の色気が凄かった。
元妻とのセックスは最高で、吸い付くような肌、弾力のある抱き心地、そして何よりオマンコが蕩けるような入れ心地なのだ。
ざらつく部分と絡まる部分、その融合がチンポを蕩けさせた。
別れてからも、元妻や元妻とのセックスを思い出すときがあった。
それまでの元カノたちとのセックスと、やっていることは同じでも、元妻とのセックスは全く別もののようだった。
もう一度、元妻と会いたい、元妻とセックスがしたいと思っていた。

元妻と最後に会話をしたのは10年前、俺が再婚することを伝えた。
元妻はその1年前に帰国してたが、俺に接触してこなかった。
そして、俺の再婚を、良かった、良かったってとても喜んでくれた。
それ以来、連絡は一切取っていない。
友達で、と言って別れたけれど、俺が再婚したからなのか、連絡はそれ以来疎遠になった。

今朝、夢に元妻が出てきた。
街なかで元妻の後ろ姿を見かけ、俺は走って追いかけた。
元妻を追い越して振り返ると、それは今の妻だった。
ハッとして目が覚めて、天井をぼーっと眺めながら、ああ、今の妻で良かったと思った。
そして、もう大丈夫だと思った。
元妻の事は、思い出に出来そうな気がした。
今、元妻はどこで何をしているのか、元気でいるのか気になるけれど、便りが無いのが良い便りだと思って、元妻の幸せを祈ることにした。

いい女だったよ、幸せにな。
さよなら。

6 COMMENTS

匿名

元妻さんとは音信不通になってしまったのですか?
なんか寂しいですね。

返信する

コメントを残す