エッチ体験談 12,000話 突破!!

倉科カナさんに似た美貌の妻の男性遍歴を聞いて勃起する私

鬱夫さんから投稿頂いた「倉科カナさんに似た美貌の妻の男性遍歴を聞いて勃起する私」。

結婚して4年の妻は3歳年上の33歳、倉科カナさんに似てとても可愛くて綺麗です。
それだけに男性経験が豊富で、女性経験の乏しい私は妻にリードされて性生活を営んでいます。
妻との出会いは私が23歳の時、初めて訪れた取引先で妻は受付嬢をしていました。

当時26歳の妻を見て、なんて綺麗な人だろうと思いました。
週に2~3回、妻と顔を合わせていたら、本当に好きになってしまいました。
でも、あれほどの美貌、彼氏がいないとは考えられませんでした。

妻と出会って1年の頃、浮かない表情の妻を2週間見ていて、会話も弾まじず我慢できなくて、
「先週から何だか沈んだ感じですけど、どうかしましたか?」
と尋ねたら、
「ええ、ちょっと・・・」
と珍しく俯いたので、ちょうど金曜日だったから、
「良かったら、憂さ晴らしに飲みにでも行きませんか?」
と言ったら、
「ホントですか?お酒、付き合ってくれます?」
これが始まりでした。

この日、妻が失恋して落ち込んでいたことを知りました。
「いつも1年くらいで終わっちゃうのに、彼とは2年間も付き合えたんです。今までで最長記録だったから、結婚も考えてたのに・・・」
当時妻は27歳、別れた彼氏は同い年で、23歳の女性に言い寄られて、若い方に乗り換えられてしまったのだそうです。

肩を落とす妻に、
「あの~・・・年下ってアリですか?」
「え?」
「俺、女性経験少ないから、かえって年上の方がいいかなって・・・」
「まあ・・・私、経験豊富に見えたの?」
と言って、元彼の人数を頭で数えていたようで、
「ああ、豊富かな?豊富だわ・・・」
と言って笑いました。
「10人以上ですか?」
「まさか、私27歳よ。両手で数えられるわよ。」

この日から2週間後、3度目のデートで、
「キミのこと、味見したいな。」
と言われて、ラブホへ入りました。
大学卒業以来、約2年ぶりの女性でした。
バスルームからタオルを腰に巻いて出たら、
「ちょっと、隠さなくてもいいでしょ。」
という妻はスッポンポンでベッドに体育座りしていました。
色白でムチッとしたエロそうな体の妻に、バスタオルを剥ぎ取られ、
「あら、美味しそうじゃない。段差あるね。引きずり出されそう。」
と指でカリの段差を確認されました。
もう、それだけでビンビンでした。

体育座りの足を開いて、仰向けに倒れると、薄紫の陰唇がくぱぁと開いて、
「ねえ、舐めて・・・」
とクンニを要求されました。
今まで7~8人の元彼たちが楽しんだ膣であろう、妻のその陰唇は全体的に薄紫で、先端が赤紫、そして膣に蓋をするように若干内側へめくれていました。
クンニの後、妻の卑猥な舌使いのフェラでガチガチにされ、コンドームを被せられました。

「ねえ、私が上になっていい?腰を自由にして、味見したいの。」
倉科カナさんに似た妻が小悪魔の微笑みで言いました。
私が仰向けになると、私の陰茎を掴んで跨ってきました。
ズブズブと妻の膣内に陰茎が呑み込まれていきました。
「ああ・・・いいかも・・・ここ・・・ここがすごくいい・・・」
と腰をカクカクさせて、亀頭をある場所へ当てていました。
「覚えてね。ここよ。正常位の時、ここを突いてね・・・ああ、いい・・・あああっ・・・」
倉科カナ差に似た27歳の美女が、色白のムッチリしたエロい身体を喘がせて、乳房を揺らす姿を見上げて不思議な気持ちでした。

喘ぎ切った妻がバッタリと倒れ込み、
「もうダメ・・・交代・・・」
正常位になって、先ほど妻が気持ちよがっていたあたりを突きました。
「ああ~~そこそこ、そこよ~~あああ~~」
物凄い喘ぎで、私の腰を押さえて股カクカクしだしました。
今度はキュキュット締められて、まるで陰茎を扱くように蠕動されて我慢できず
「ああっ、出ちゃいます!ああ~~」
一気に搾り取られてしまいました。
でも、妻は笑顔で、
「美味しかったわよ。ごちそうさま。合格よ。」
と言ってくれました。

ラブホに行ったのは最初だけで、あとは私のアパートか、妻のアパートでセックスしました。
妻は、シーツを汚すから生理の時は絶対にセックスしない派で、
「ごめん。生理来ちゃった。手でしてあげるから、出して。」
と言って、手でシコシコして射精させてくれます。
気持ちいいことはいいのですが、私だけ下半身を丸出しで、妻は服を着ている状態で、私だけがアヘアヘしているから恥ずかしいです。
それに、一方的に射精を凝視されるのも恥ずかしいです。
たまに、扱いてる途中で、
「ねえ、自分で扱いて出してみて。男の子のオナニー、見たいなあ。」
と言われて、妻の前でシコシコしてティッシュにドピュっと射精した時は、顔が真っ赤でした。

交際1年半の頃、29歳の妻に、
「私、20代のうちに結婚したかったなあ・・・」
と言われて、
「まだ29歳だよね?結婚しませんか?」
と言って、結婚しました。
新婚早々、妻の提案でハメ撮りをしました。
私の目線でビデオカメラを持って、俯瞰で撮影しました。
ハメ撮りは正常位と騎乗位のみで、妻の顔から結合部まで映っています。
そして一昨年の年末、妻が妊娠して禁欲生活に入ると、妻が手コキで抜いてくれました。
そして昨年、出産を控えて手コキもままならなくなった時、妻弾ハメ撮り動画を再生して、
「ねえ、これ見て自分でしてみて。」
と言われ、妻の目の前で妻のハメ撮りを見ながら、腰を振りつつシコシコして、ドピュっと射精するところを妻に鑑賞されました。

今年、結婚して4年が過ぎ、妻が私の気持ちに気づきました。
「もしかして、私の元彼のこと気にしてるでしょ?元彼の話題になると、硬さが増すわよね?だから、わざと口にするんだけど、嫉妬で勃起するタイプ?」
頷いたら、妻は19歳の初体験以降、私の前の7人目の元彼まで、ズラッと打ち明けました。
私は、カチカチに勃起していました。
妻は大学1年で初体験、大学では毎年彼氏が変わり、就職して二股1回を含んで彼氏3人、セフレ1人と関係していました。
特に、妻が23歳の時に約1年間、不倫セフレだった40歳の上司との話は、嫉妬で精液が漏れそうになりました。
「彼氏とではできないSMも経験したし、バイブとか電マとかローターで責められて、初めて潮噴いちゃったのよ。」
もう、我慢できなくてパンツを脱ぎました。
「うわ~~カッチカチで、我慢汁がダラダラ~。凄い嫉妬力ね。入れていいわよ。」
と妻もパンツを脱いで足を開くと、既にヌルヌル、妻も下ネタで似らしていたようでした。
こうして、楽しい夫婦生活を営んでいますが、やっぱり、妻の男性遍歴には嫉妬してしまいますね。

1 COMMENT

コメントを残す